2021年05月05日

ラクロワ、J.S.バッハ/クラウンザン協奏曲

新型コロナウィルス感染、変異ウィルスによって第4波、3度目の緊急事態宣言!
おとなしくお家で良い音楽を♪

小雨模様、今は雨音が聞こえますけれど、雨粒がまだそんなに落ちてこず、そぼ濡れながらも傘をさすほどでもなかった朝6時過ぎより今日もご近所散歩に出かけました。 今朝も約2時間 12,000歩強を歩き、一昨日 33,123歩、昨日 20,411歩、足は疲れ気味ですけれど、歩けば天気は悪いものの気分は晴れます。

シャワーを浴び、さっぱりとしてからのレコード鑑賞。 昨日はクルト・レーデル師匠でしたので、今日はフランソワ・パイヤール師匠を色々と聴いています。 モーツァルトのフルートとハープのための協奏曲も彼らしい華やかな演奏ですね。

さてパイヤール師匠を聴いていると、その伴奏者としてよく目(耳)にするのが、クラウザン奏者のロベール・ヴェイロン=ラクロワさん。 フランス語ではクラウザン、英語だとハープシコード、ドイツ語だとチェンバロですね。

P5053086
P5053086 posted by (C)fronte360

エラート1000シリーズ バロックの大作曲家たち5

Side A.
 J.S.バッハ/クラウザン協奏曲第5番 へ短調 BWV1056
 J.S.バッハ/2台のクラウザンのための協奏曲 ハ短調 BWV1060 *

Side B.
 J.S.バッハ/イタリア協奏曲 へ長調 BWV971
 J.S.バッハ/半音階的幻想曲とフーガ ニ短調 BWV903

 ロベール・ヴェイロン=ラクロワ(clavecin)
 アンヌ=マリー・ベッケンシュタイナー(clavecin)*
  ジャン=フランソワ・パイヤール指揮 パイヤール室内管弦楽団

峻厳な大バッハ、カール・リヒターの演奏に刷り込まれているせいか、そんなイメージを持ってしまいますので、ラクロワさんの演奏はしっかりとしていながらも線の細さを感じます。 逆にいうと繊細でかつ知的な演奏なのですね。 クラウザン協奏曲でのパイヤール師匠との息のあった演奏がいいですねぇ。

半音階的幻想曲とフーガは、熱っぽさ奔放さとは真逆。 刺激的なフレーズの浮きあげなど皆無、オーソドックスというのかなぁ、落ち着いて真摯に曲と向き合うような演奏ですね。

ジャケットの写真、小さくで分かりにくいかと思いますが、フェルメールのヴァージナルを弾いている婦人ですね。 ヴァージナルもクラウザンと同様な発音機構を持った楽器ですね。 箱型であることが多く、弦が鍵盤と並行(長辺)に張ってあったりします。
posted by fronte360 at 11:07| Comment(0) | 21-LP/CD音楽(Clasical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月04日

おもちゃの交響曲 レーデル/モーツァルト父子の音楽

新型コロナウィルス感染、変異ウィルスによって第4波、3度目の緊急事態宣言!
おとなしくお家で良い音楽を♪

大阪の感染者が高止まりなのは、これ以上検査もできないためだそうですね。 昨日も所要のため昼過ぎより大阪鶴橋より玉造まで歩きましたが、変わらず連れ立った若者が多いですねぇ。 じっとしていられないし、学校も休みなので友達にも会いたい気持ちも分からないではないけれど、困ったものです。

気を取り直し、5月4日「みどりの日」も爽やかな早朝。 今朝も朝6時過ぎよりご近所散歩に出かけて約2時間 12,000歩ほど歩きました。 昨日は 30,000歩ちょっと歩いたので、少々足も疲れ気味ですけれど、新緑を愛でながらの散歩は気持ちよいものです。

シャワーを浴び、さっぱりとしたので、何を聴こうかな・・・ バロック音楽を漁っていましたが、クルト・レーデル師匠のレコードより、こいつをピックアップ。 これも爽やかな朝によく似合う音楽です。

P5043085
P5043085 posted by (C)fronte360

おもちゃの交響曲 レーデル/モーツァルト父子の音楽

Side A.
 L.モーツァルト/おもちゃの交響曲
 W.A.モーツァルト/行進曲 ニ長調 kv.335a
 W.A.モーツァルト/5つのコントゥルダンス kv.609/kv.610

Side B.
 L.モーツァルト/そりすべり
 W.A.モーツァルト/3つのドイツ舞曲

  クルト・レーデル指揮 ミュンヘン・プロ・アルテ管弦楽団

クラシック音楽を聴き始めた1970年代初め頃、1,000円盤と呼ばれたクラシックの廉価盤でのバロック音楽の一翼を担っていたがクルト・レーデル師匠でしたね。
どんな曲も聴きやすくいざなってくれた師匠の手慣れた棒、ここでも安易に落ちることなく、しっかりと曲想を伝えてくれて、いいですねぇ。 安心して聴くことができます。

なおジャケット裏面の7割方、おもちゃの交響曲の作曲者についての考察となっています。 ヨーゼフ・ハイドン、ミヒャエル・ハイドン、レオポルド・モーツァルト、エドムント・アゲラー。

Wikipedia では、エドムント・アンゲラーを作曲者としていますが、このジャケット解説(大宮真琴)では、W.A.モーツァルトが1770年に旅先より書いた、早く家に帰って玩具楽器を吹いてベルヒテスガーデンの音楽をやりたい、という手紙を引き、ザルツブルグが玩具楽器の産地であるベルヒテスガーデンに近いなど、L.モーツァルト説となってます。

そんなことはともかく楽しい音楽、レーデル師匠の技が光ってます。

posted by fronte360 at 10:55| Comment(0) | 21-LP/CD音楽(Clasical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月03日

パリ・バロック・アンサンブル/ヴィヴァルディ名曲選

新型コロナウィルス感染、変異ウィルスによって第4波、3度目の緊急事態宣言!
おとなしくお家で良い音楽を♪

高知より自宅の奈良に戻りましたが、戻ってみると5月1日より奈良市の図書館が臨時休刊となってました。 奈良は、緊急事態宣言やまん延防止対策の適用を申請してませんが、しようとしなくとも、感染者が多いことには変わりなく、この対策も致し方なし、ですね。 予約していた図書か来ているとの通知も4月27日に貰ってましたが、高知に行っていたので受け取れないのが残念ですけれど。

気を取り直し、爽やかな憲法記念日の早朝。 朝6時過ぎよりご近所散歩に出かけて約2時間 12,000歩ほど歩きました。 シャワーを浴びて、さっぱりとして、何を聴こうかな・・・ やはり朝は、バロック音楽でしょう。

P5033083
P5033083 posted by (C)fronte360

パリ・バロック・アンサンブル/ヴィヴァルディ名曲選

Side A.
 ヴィヴァルディ/協奏曲 ハ長調
  フルート、オーボエ、ヴァイオリン、ファゴットと通奏低音のための
 ヴィヴァルディ/ソナタ第1番 変ロ長調
  ファゴットと通奏低音のための
 ヴィヴァルディ/協奏曲 ニ長調
  ヴァイオリン、フルートと通奏低音のための

Side B.
 ヴィヴァルディ/協奏曲 ニ短調
  フルート、ヴァイオリン、ファゴットと通奏低音のための
 ヴィヴァルディ/ソナタ
  オーボエと通奏低音のための
 ヴィヴァルディ/協奏曲 ト短調
  フルート、オーボエ、ヴァイオリン、ファゴットと通奏低音のための

 パリ・バロック・アンサンブル
  J.P.ランパル(fl)、P.ピエルロ(ob)、R.ジャンドル(vn)、
  P.オンニュ(fg)、R.V.ラクロワ(hpsi)

東京単身赴任時代、2009年12月23日に世田谷美術館に行った帰り、JRに乗り換える渋谷で寄り道をし、先日無くなったレコファン渋谷BEAM店の店頭ダンボール箱(通称「餌箱」)より救出したものです。

1975年、エラートの1300円盤「フィオーリ・ムジカーリ 音楽の花束/エラート1300」と書かれてますが、今の花の季節によく似合うレコードですね。

何より、パリ・バロック・アンサンブルの演奏、管楽器の国フランスの柔らかくそれでいて高貴さ気高さを匂わせる素敵な演奏の数々に心和みます。 中でもポール・オンニュのファゴット、A面2曲目など存分にオンニュの肌合いの柔らかな響きを楽しむことができて幸せです。

ヴィヴァルディ、というとご存知のとおりイタリアの作曲家で、溌剌とした快活さが心地よいときもあれば、ちょっと元気すぎかな、と感じて敬遠することも多々あるのですが、パリ・バロック・アンサンブルの演奏はそんな刺激的な要素は皆無です。

心地よくなったので、カートリッジをより繊細な響きが出るかな、とオーディオ・テクニカの AT150Ea/G に換装して聴きおなしてます。

P5033084
P5033084 posted by (C)fronte360


posted by fronte360 at 10:12| Comment(0) | 21-LP/CD音楽(Clasical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GWの楽しみ

高知から戻って来ました。
自宅でのGWの楽しみは、収穫八分音符
今年もさくらんぼが実りました。GW最後まで高知にいると間に合わず、みんな鳥さんのご飯になるところです。
分け前をいただきます?
1619988888404.jpg
posted by fronte360 at 06:26| Comment(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月01日

高知の三点セット2

どろめ、うつぼのたたき、司牡丹
今宵も廃人ですよ。
1619859032831.jpg1619859043317.jpg
posted by fronte360 at 18:31| Comment(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝倉神社

土佐國二宮・朝倉神社に久しぶりにやって来ました。
雨上がり、神々しい威厳を感じました。
1619854341215.jpg1619854351708.jpg
posted by fronte360 at 16:33| Comment(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(辛丑4月の雑感)卯月は去った

新型コロナウイルス感染症、予想以上の感染力で猛威をふるう変異ウイルスによって第4波。 3度目の緊急事態宣言も発出されました。 昨年の記事を見ていたら、外出自粛、人の接触80%削減、休業要請などあって、いきなり会社より 27-28日に休暇指示が出てGWが12連休となってました。 そして人の意識も違いました。 未知なるものへの恐怖が先だっていたことは否めませんけれど・・・ 今はどうでしょう。 今年は昨年以上の感染者数なのに何もなし。 立ち飲み屋も盛況だったし、ウイルスがまん延して不思議ではありませんね。 とにかく最大の防御は自衛あるのみ。 危なそうな人、場所には近寄りません。

とはいうものの今月も月末に高知に来ております(2日に戻る予定)。 いつもどおり、高知大学北口、旭町三丁目と大阪の湊町バスターミナル間のバス往復。 今回も部屋の整理整頓、洗濯、資源ゴミ出しなどなど敗戦処理みたいな感じ。 高知の方が感染者が少ない(連日一桁)けれど、どこ行くでもなく、ご近所マーケットで仕入れたどろめなどで夜な夜なアルコールで疲れを癒す日々であります。 そういえば今年も赤岡のどろめ祭り(毎年4月の最終日曜日に開催)は2年連続で中止になりました。 一度だけ見に行ったことありますが、ある意味「よさこい」よりも土佐らしいお祭りだけに残念です。

4月より新年度となりましたが、自分にとっては会社生活最後の年度。 思うところあり、歴史(日本史)の勉強を始めています。 まずは図書館より借りてきた奈良大ブックレットを集中的に読破。 以下、読んだ順に・・・
奈良大ブックレット03「飛鳥と斑鳩 道で結ばれた宮と寺」(酒井龍一、荒木浩司、相原嘉之、東野治之)、
奈良大ブックレット01「平城京の謎」(東野治之、寺崎保広、山川均、坂井秀弥)、
奈良大ブックレット02「縄文人の祈りと願い」(瀬口眞司、永野仁、岡田憲一、狭川真一)、
奈良大ブックレット04「邪馬台国からヤマト王権へ」(橋本輝彦、白石太一郎、坂井秀弥)。
これらブックレットは、オープンキャンパスなどで催されたシンポジウムなどの記録ですが、発掘調査など奈良大の得意技がいかんなく発揮された内容でした。
続いて、単身赴任時代に路傍や寺社仏閣の片隅で見かけた庚申塔について(大阪の四天王寺の庚申堂が発祥の地とされていますが、青面金剛の庚申塔をほとんど見かけませんけれど)これを知りたく「庚申信仰の伝播と縁起」(五十嵐文蔵)。 後半の資料はパラっと眺めた程度ですが、この研究の奥深さを知りました。
あとはすきま時間に読み進めていた「万葉集の心を読む」(上野誠)。 切り口が面白かったですね。 この方も奈良大の教授でした。 思い返すと4月はほぼ奈良大一色みたい。

音楽は、今月もいくつかブログに記事を入れましたが(やはり表現力なくアリバイ的なポストになってるな)、愛用のメモリプレーヤも、NHKラジオの聞き逃し配信より録音したものばかり聴いています。 録音のネタ切れで、久しぶりにマーラーの交響曲第9番(アバド/BPO)を第1・2楽章を聴いて感動したりもしましたけどね、長続きしませんねぇ。 もちろん演奏会もすべてパス。
そして会員になった大和文華館、国宝の松浦屏風を含む新たな展覧会が催されていますが、こちらもまだ行けていません。 GW中か明けには、松柏美術館ともども行かなくては。
とにかく芸術鑑賞は低調でした。

来年の会社員卒業に向け、卒業後の新しいへのステップのために今年度を使えたらいいな、と思います。 しかし夜な夜なのアルコール漬け、卒業間近になって仕事へのモチベーション維持のための燃料ですが、卒業するころは廃人かも・・・ いえいえ人生100年時代、
コロナになどかかってられるか、免疫力も高めてなんとか乗り切りましょう。

posted by fronte360 at 11:26| Comment(0) | 21-全般(その他諸々) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月30日

高知の三点セット?

どろめ、生カツオ刺身、司牡丹
1619773346678.jpg1619773356940.jpg
posted by fronte360 at 18:03| Comment(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月25日

アンネローゼ・シュミット、モーツァルト/ピアノ協奏曲第26・19番

新型コロナウィルス感染、変異ウィルスによって第4波、3度目の緊急事態宣言!
おとなしくお家で良い音楽を♪

昨日も実家詣のため鶴橋駅より玉造まで歩きましたが、土曜の午後4時というのに立ち飲みは超満員。 暖かくなったのでビニール・カーテンは外し、店外にもはみ出した客がまさに路上飲酒状態となってました。 もちろんマスクなどせず、ジョッキ片手に口角泡を飛ばさんばかりのおしゃべりは迷惑この上もなく、あんたらがコロナに罹かって救急車にも乗れなくなるのは勝手だけれど・・・ 足早に通りすぎました。

気分を切り替えて、モーツァルト。
聞き逃し配信で聴いているNHKラジオ「カルチャーラジオ 芸術その魅力」は、モーツァルト没後230年として横浜国立大学教授でヨーロッパ文化史研究家の小宮正安さんによる「モーツァルトと18世紀」。 時代を切り口として、聴き馴染んだモーツァルトの曲にまた別の一面に光をあてて、なるほどねなどと興味深く聴いています。

P4253082
P4253082 posted by (C)fronte360

モーツァルト/ピアノ協奏曲第26番「戴冠式」kv537
モーツァルト/ピアノ協奏曲第19番 kv459
 アンネローゼ・シュミット(p)
  クルト・マズア指揮 ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団
    1972年2月27日/3月1日(kv537)、1973年8月27日/28日(kv459)

敬愛するアンネローゼ・シュミットさまによるモーツァルトとの出会いは、中学2年生だったでしょうか、大阪フィルの演奏会だったと記憶しています。 クラシック音楽を聴き始めて間もないころから、シュミットさまはお気に入りですね。

とはいうものの、何度か来日していることは週刊FMなどの音楽雑誌で目にはしていたものの、貧乏学生ゆえレコードなど買えるはずもありませんでした。 このレコードは、帯広ですごしていた学生時代、たまたま大阪に帰省していたとき、千日前にあったワルツ堂で捕獲した中古レコードだったはず。 1982年ころだったかしら。 それからでも40年ほどの年月が経ってしまいましたね。

後年、Berlin Classics でCD化されて、愛用のメモリプレーヤの定番メニューになってもしましたが、かわらず時々このレコードを出して聴いています。
硬質なシュミットさまのタッチによるモーツァルト、初期ベートーヴェンを想起させるちょっと生真面目モーツァルトですね。 レコードで聴くと低音の厚みも増して奥行きを感じるのは気のせいか。

伴奏のクルト・マズア、ここでは色をつけずに折り目正しい好サポートをしています。 そして何よりドレスデン・フィルのしっとりと落ち着いた音色、これがいいですね。 ピアノを引き立てているように感じます。 第19番の第2楽章など心に滲みます。

第19番は NAXOS MUSIC LIBRARY で、第26番も NAXOS MUSIC LIBRARY で聴くことができます。

posted by fronte360 at 11:02| Comment(2) | 21-LP/CD音楽(Clasical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月20日

ライナー/シカゴ響、ベートーヴェン/田園交響曲

新型コロナウィルス感染、変異ウィルスによって、第4波大暴れ!
お家で良い音楽を♪

世界文化社が1970年にRCAのレコードを用いて出版した「世界の名曲」シリーズの1枚。
「SYMPHONY 3」 は、ライナー/シカゴ響によるベートーヴェンの田園交響楽。 これも随分と以前、 梅田の駅前ビルの地下にたくさんあった中古レコード屋で拾ってきたものです。

P4203079
P4203079 posted by (C)fronte360

ベートーヴェン/交響曲第6番 ヘ長調「田園」
  フリッツ・ライナー指揮 シカゴ交響楽団
     1961年4月8日&10日 シカゴ、オーケストラ・ホール 録音

各楽章のテンポ感が非常によいことと、各パートが実に明快に、かつあるべき姿で鳴っていて、しかも全体の響きのバランスが見事であること、そして一見淡々と音楽が流れているようでいて、やるべきことはすべて行われているという点で《田園交響曲》の演奏の一つの模範を示しているといってもよい演奏である。(中略)この演奏が日本ではCD化されていないのは少々残念に思う(渡邊學而)。
<クラシック名盤大全 交響曲編> 音楽之友社 ONTOMO MOOK ,1998.5.1

P4203080
P4203080 posted by (C)fronte360

P4203081
P4203081 posted by (C)fronte360

久しぶりに田園交響曲を堪能しました。
端正ながらも熱量を感じさせる演奏、スタンダードな名演奏です。
アメリカのオーケストラによる演奏だと、若い頃は見向きもしなかったのですけれど・・・ 愚かでした。

個人的には、ウィリアム・スタインバーク指揮ピッツッバーク交響楽団による田園交響曲が忘れがたく、こちらは Naxos Music Library にもあるようですね。

偏見のない世のなかを!!

posted by fronte360 at 22:20| Comment(0) | 21-LP/CD音楽(Clasical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする