7月の関西アマオケコンサート情報(追加)

7月に、京阪神奈滋で開催されるアマオケ関連の演奏会について追加投稿します。

※追加(6/11)
 7/1:アンサンブル・アルモニ・プリュス 2ndコンサート イン ベガ
 7/2:神戸学院大学管弦楽団 ダイヤモンドフェスティバル
 7/30:クレセント室内アンサンブル 第21回定期演奏会

我太呂さんより情報いただきました。
あと見落としていた情報も加えておきました。 7月も演奏会が多いですね。 

posted by fronte360 at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 17-関西アマオケ演奏会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

亀泉

思いがけず頂きました。
大阪でよく手に入ったものです!
高知県土佐市の亀泉
しかも純米吟醸原酒の生酒。
ありがとうございます!
1497094811899.jpg1497094823925.jpg
posted by fronte360 at 20:41| Comment(2) | TrackBack(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月の関西アマオケコンサート情報

7月に、京阪神奈滋で開催されるアマオケ関連の演奏会について投稿します。

まだまだあると思いますけど、気付いたところで、個人的に興味あるところをピックアップしています。

この他にもありましたら、本家サイトの掲示板やコメントにて投稿をお願いします。こちらにも転載したいと思います(が、なかなか意気込みに反して動けないのが実情ですが)。


7/1:阪神フィルハーモニック管弦楽団 2017障がい児支援チャリティー定期演奏会
7/1:龍谷大学交響楽団 サマーコンサート2017
7/2:天理シティオーケストラ 第17回定期演奏会
7/2:京都新祝祭管弦楽団 第4回東日本大震災復興支援特別演奏会
7/2:南大阪管弦楽団 第30回記念定期演奏会
7/16:神戸市民交響楽団 第76回定期演奏会
7/9:神戸アンサンブルソロイスツ 第31回演奏会
7/16:近畿フィルハーモニー管弦楽団 第32回定期演奏会
7/16:大阪大学交響楽団 第109回定期演奏会
7/17:関西グスタフ・マーラー交響楽団 第7回演奏会
7/23:堺フィルハーモニー交響楽団 第43回定期演奏会
7/23:アンサンブル・コスモリバティ 第27回定期演奏会



posted by fronte360 at 07:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 17-関西アマオケ演奏会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

大阪散歩20170603_土佐稲荷神社へ

6月3日(土)午後、大阪ガスの方と器具交換の相談などで半日潰れたので、
買い物に出るついでに大阪市立中央図書館まで足を延ばしてみました。
図書館脇より公文書館の前を通り過ぎると大阪市立西高校ですが、
その北側の公園に入ります。

P6036803
P6036803 posted by (C)fronte360

公園に入って中央の道を歩いてゆくと、稲荷神社の石柱。

P6036804
P6036804 posted by (C)fronte360

土佐稲荷神社です。
土佐藩蔵屋敷の鎮守社であり、維新後に岩崎弥太郎に譲り渡されたので、
ここは三菱の守護神、三菱発祥の地でもあります。

P6036805
P6036805 posted by (C)fronte360

指の手術で長く土佐(高知)に行けていないので、せめてもののお参りです。

P6036806
P6036806 posted by (C)fronte360

P6036807
P6036807 posted by (C)fronte360

大阪大空襲で社殿がほぼ全焼したそうですが風格と落着きが感じられます。

P6036808
P6036808 posted by (C)fronte360




posted by fronte360 at 04:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 17-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

大阪散歩20170603_中央図書館へ

6月3日(土)午後、大阪ガスの方と器具交換の相談などで半日潰れたので、
買い物に出るついでに大阪市立中央図書館まで足を延ばしてみました。
近鉄難波駅から図書館まで ORENGE STREET を通って歩くと良い運動になります。

P6036798
P6036798 posted by (C)fronte360

図書館の角には「木村蒹葭堂邸跡」の石碑

P6036799
P6036799 posted by (C)fronte360

江戸時代中期の日本の文人、文人画家、本草学者、蔵書家、コレクター。
「蒹葭堂」とはもともとは彼の書斎のことだと wiki に記載されています。
大阪市立中央図書館にふさわしい場所なんですね。

P6036800
P6036800 posted by (C)fronte360

図書館には入らず、この角を曲がって進むと、図書館に隣接した大阪市公文書館

P6036801
P6036801 posted by (C)fronte360

P6036802
P6036802 posted by (C)fronte360

東京・竹橋の国立公文書館には仕事で入ったことありますが、ここはまだ・・・
といってももうそんな仕事してないので入る事もないでしょう。
日本経営協会による公文書管理検定・実務編の資格もペーパードライバーですわ。





posted by fronte360 at 04:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 17-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

大阪散歩20170527_繁昌亭・大阪天満宮

天気は下り坂の予報
しかし今日はちょっとした会社行事で繁昌亭昼席を観たあと流れで懇親会。
これもお仕事のいっかんなんで何が起きるか要注意、気を使います。

P5276794
P5276794 posted by (C)fronte360

前売チケット購入はいつも早めに会社を退けて購入してそのまま帰宅しますが、
今年は何やかやと忙しく、土曜日の通院のあとに繁昌亭まで行ってきました。
客席が改装されたそうなので、今年はそれもちょっと楽しみです。

P5276773
P5276773 posted by (C)fronte360

この日は良い天気でよかったのですけどね。。。
天気が良ければ懇親会まで大阪天満宮の散策で時間つぶしできるのですが、
ちょっと早めに懇親会場へ乗り込みやろな・・・無事終わりますように。

P5276778
P5276778 posted by (C)fronte360

P5276779
P5276779 posted by (C)fronte360

P5276777
P5276777 posted by (C)fronte360

 

 
posted by fronte360 at 04:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 17-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

奈良散歩20170521_大渕池公園より

5月21日早朝、良い天気に誘われて久しぶりにご近所散歩を出かけました。
ウグイスの鳴き声を聴きながら建て替えが進んでいるご近所団地より秋篠川へ。
秋篠川の散歩より大渕池公園に寄り道しましたが、そろそろ退散しましょ。

P5216759
P5216759 posted by (C)fronte360

秋篠川に戻ってきました。

P5216761
P5216761 posted by (C)fronte360

田んぼ・・・高知ではカエルもうるさく鳴いていることでしょうが・・・

P5216762
P5216762 posted by (C)fronte360

そろそろ秋篠川と別れて帰路とします。 源流より歩き始めてここは600m

P5216765
P5216765 posted by (C)fronte360

そこにある看板。
カワセミなんて見たことないけど、いるんでしょうね。 見たいもんです。

P5216763
P5216763 posted by (C)fronte360

ヘイケボタル、頑張って増やしておられます。 これも見たことないな。
だいたい夜には歩かないし・・・

P5216764
P5216764 posted by (C)fronte360

桜のシーズンはほんと綺麗な並木なんですよね。

P5216767
P5216767 posted by (C)fronte360

おしまい。


posted by fronte360 at 04:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 17-奈良散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

奈良散歩20170521_大渕池公園

5月21日早朝、良い天気に誘われて久しぶりにご近所散歩を出かけました。
ウグイスの鳴き声を聴きながら建て替えが進んでいるご近所団地より秋篠川へ。
秋篠川の散歩より大渕池公園に寄り道です。

こちらの公園(東地区)には体育館があります。

P5216754
P5216754 posted by (C)fronte360

ここに来ると、この横の小高い丘に登るんですね。
〇〇とケムリは高いところに上る・・・です、はい。

P5216755
P5216755 posted by (C)fronte360

東屋目指して登りましたけど、先約もおられましたんで・・・

P5216756
P5216756 posted by (C)fronte360

その脇を抜けて、さっそく下山ざんす。

P5216757
P5216757 posted by (C)fronte360

綺麗に整備された公園は気持ちいいですね。

P5216758
P5216758 posted by (C)fronte360


 
posted by fronte360 at 04:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 17-奈良散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ 第21回定期演奏会

日時:2017年5月28日(土) 14:00開演(13:30開場)
場所:八尾市文化会館・プリズムホール・大ホール

曲目:ヴォーン=ウィリアムズ/ノーフォーク狂詩曲 第1番 ホ短調 (*1)
   アッテルベリ/交響曲第4番 ト短調 op.14 (*2)
   シベリウス/交響曲第1番 ホ短調 op.39
   (アンコール)シベリウス/「カレリア」組曲より第3番「行進曲風に」

指揮:菊 正憲、周藤 英(*1)、大塚洋平(*2)

P6036797
P6036797 posted by (C)fronte360

「北欧の自然と人々」をテーマにしたちょっと珍しいプログラムを団内指揮者でやってしまう意欲的な演奏会でした。 プログラムノートには、ヴォーン=ウィリアムズ→アッテルベリ→シベリウスとプログラムが進むごとに響きが充実してゆく構成、と書かれていたとおり、シベリウスの交響曲第1番の腰の据わった充実したサウンド。 今年聴いた演奏会の中で一番じゃないか、と感じました。 素晴らしい演奏でしたね。 またこの前のプログラムもまた指揮者とオケが一体となった演奏で、指揮者がオケをリードするのではなく、オケ全体が団内指揮者とともに意を一つにして自分たちの音楽を届けようという意欲に溢れた清々しい演奏を堪能しました。 またアンコールも良かったですね。 お馴染みの曲ですが足取り軽やかに明るい気分で会場を後にすることが出来ました。 月並みな表現ですが、いい演奏会でした。

シベリウスの交響曲第1番、ソリッドに打って更に追い込みもかけるティムパニ。 勇壮に吹く金管楽器とともに、これらが全然邪魔にならないのは、高音弦から低音弦に至る弦楽器群の充実したサウンドで下支えられているからですね。 ワーグナーやチャイコフスキー、ベートーヴェンを目標としたシンフォニストたらんシベリウスの第1番らしさが満載。 そしてまた管楽器や弦楽器のソロも巧かった。 これらをあげればキリがないほどですが、指揮者・奏者全員が持ち場をしっかりと固めてすべてを混然一体とし、ここにコクやタメもある腰の据わったサウンドですから、もうのめり込むように聴いていました。 惚れ惚れとしました。

これに先立つアッテルベリの交響曲第4番も、指揮者・奏者全員が一丸となって自分たちの音楽を届けようという意欲を感じました。 第6番のドル交響曲は単身赴任時代に図書館で借りてよく聴きましたが、こちらは初見参(のはず)。 ちょっと手探りで聴き始めましたが、冒頭より充実した弦楽器群に支えられ、また金管もよくブレンドされた響きでしたね。 第2楽章では木管楽器のソロがやわらかくフュチャーされてのどかな雰囲気もよく出てました。 そして終楽章フィナーレ、機動力を持ってリズミカルに進めたあと大きくタメを作っての着地。 曲の面白さは十分に使わってきました。

冒頭のノーフォーク狂詩曲、こちらは曲本来の持つ判りやすさというのかな馴染みやすさをそのままうまく引き出していました。 指揮者の周藤さん、指揮姿がぐいぐい引っ張っていく感じには見えず、喧騒の場面でも派手さを抑えてオケと指揮者が一体となって快活な盛り上がり、といった感じ。 全体的に伸びやかで透明感ある高音弦を主体とした弦楽アンサンブルが素敵でした。

いずれも素敵な演奏でしたけど、でも演奏会全体の印象はシベリウスの交響曲第1番の腰の据わったサウンドと明るく快活に進めたアンコール曲の印象に大きく染まってしまったみたい。 とにかく充実したいい演奏会でした。 次回は11月のオータムコンサート、「ピーターと狼」とストラヴィンスキーの交響曲ハ長調。 こちらも期待しますが、ひとまず皆さんお疲れさまでした。

posted by fronte360 at 06:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 17-演奏会にて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする