2021年04月18日

ライナー/シカゴ響、ハイドン/V字、モーツァルト/ジュピター

新型コロナウィルス感染、変異ウィルスによって、第4波大暴れ!
お家で良い音楽を♪

世界文化社が1970年にRCAのレコードを用いて出版した「世界の名曲」シリーズの1枚。 「SYMPHONY 1」 は、ライナー/シカゴ響によるハイドンのV字、モーツァルトのジュピターがカプリングされています。 ずいぶんと以前、 梅田の駅前ビルの地下にたくさんあった中古レコード屋で拾ってきたものです。

子供の頃、家人の誰もがクラシックなんて聴かなかったので、このような全集物は自宅にはなく、一時期ちょっと集めていたりもしました。 綺麗な図版、著名人によって分かりやすく書かれた解説を眺めながら、音楽を聴く。 命の洗濯ですね。

P4183077
P4183077 posted by (C)fronte360

ハイドン/交響曲第88番 ト長調「V字」
モーツァルト/交響曲第41番 ハ長調「ジュピター」
  フリッツ・ライナー指揮 シカゴ交響楽団
    1960年2月6日録音(V字)、1954年4月26日録音(ジュピター)

聞き逃し配信で聴いているNHKラジオ「カルチャーラジオ 芸術その魅力」。 今は、モーツァルト没後230年として、横浜国立大学教授でヨーロッパ文化史研究家の小宮正安さんによる「モーツァルトと18世紀」が放送されていることより、モーツァルトを聴こうとこのレコード本をピックアップしました。

が、モーツァルトのジュピターも素晴らしい演奏でしたけれど、ハイドンのV字がもっと素晴らしい演奏でした。 機能的なオケによるシャープな演奏なのは予想通りなのですけれど、その織りなす響きの中にハイドンの知性や暖かさをも感じさせるライナーの至芸。 特に第1楽章と終楽章、上質なアンサンブルによる音楽に陶酔しました。

ジュピターもまた颯爽とした演奏ですが、軽く流れることはなく、真摯で中身の詰まったというと変ですが、熱量を感じます。 終楽章のフーガ、たたみ掛けるアンサンブルからモーツァルトの歌心をも感じさせて、ライナーの巧さが光ってます。

ライナーのモーツァルトは、NAXOS MUSIC LIBRARY でも聴くことができます。

posted by fronte360 at 11:10| Comment(2) | 21-LP/CD音楽(Clasical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月11日

バルビローリ/ハレ管、ヴォーン・ウィリアムズ/南極交響曲

新型コロナウィルス感染、変異ウィルスによって、第4波到来!
お家で良い音楽を♪

バルビローリ協会による輸入盤、初演者であるバルビローリによるRVWの南極交響曲。 ジャケット裏面には1953年1月のリハーサル時、両者がスコアを見ながらRVWが何かしゃべっているような写真が載ってますね。

P4113074
P4113074 posted by (C)fronte360

 レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ/南極交響曲(交響曲第7番)
  ジョン・バルビローリ指揮 ハレ管弦楽団・合唱団
   マーガレット・リッチー(S)、ローレンス・コリングウッド(org)
    1953年6月15-16日  Free Trade Hall, Manchester

いつ捕獲したのか記憶にありませんが、モノラル録音ながら録音には遜色なく、けっこうダイナミックです。 An EMI Recodhing と書かれています。

ご存知のとおり、イギリスのスコット南極探検隊を描いた映画「南極のスコット」のための音楽をベースに、最構成してつくった交響曲。
交響曲というより交響組曲のような曲なので、ダイナミックに響かせるのも必要なのでしょう。 オルガンやウィンドマシーン、チェレスタ、ピアノなどなど。

風がビュービュー吹くシーン、大自然に立ち向かう人間の無力さみたいな感じもして、聴いているとちょっと寒くなってきました(奈良の朝は冷え込んでますしね)。

2階の旧ステレオ部屋より持ってきたレコード。 久しぶりに聴きました、というかこのレコードの存在も長く忘れてました。
最近まったく音盤が増えませんが、そろそろ年金生活、自家発掘でしのぎましょう。 たぶん一生かかっても聴き切れない量はあると思うし。

posted by fronte360 at 10:02| Comment(0) | 21-LP/CD音楽(Clasical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月28日

ケンペ/MPO、ブラームス/交響曲第4番

新型コロナウィルス感染、非常事態宣言が解除され、予想通りの第4波か?
とにかく、お家で良い音楽を♪

昨日の我が家のレコード移動により2階旧ステレオ部屋より階下に持ってきた
ケンペ、ミュンヘンフィルによるブラームス交響曲全集より、第4番。

P3283072
P3283072 posted by (C)fronte360

ブラームス/交響曲第4番
 ルドルフ・ケンペ指揮 ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団
   録音:1974年11月14,15,17日

音楽の自然な呼吸、高揚感が素晴らしいですね。 

第1楽章、しみじみと語りかけるような開始なのですけれど、大きなゆったりとしたうねりを持ち、音楽をしだいに大きく波打たせて高みにいざなってくれます。
第3楽章もとても熱い音楽にするのだけれど、煽ったりなどせずあくまでも自然体。 そして終楽章にもその熱さは引き継がれてます。 

この曲については、当方などすでに枯淡の境地が似合う年齢になっております。
ここにはそんな境地はありませんけれど、豪奢や華美な感じも皆無、ほんと繰り返しになるけれど自然な音楽運びに安心して身を委ねられます。

ケンペによるこの一連の交響曲全集の存在を知って素晴らしいなぁ、と思ったのもつかの間、1976年にケンペが亡くなったのでしたね。
CDでは PILZ から出たのに飛びつきましたが、音が冴えなくて音楽にのめり込めないのでした。 やっぱレコードがいいなぁ。

なおこの演奏は、NAXOS MUSIC LIBRARY でも聴けるようです。
1975年録音と書かれてますけど、このあと1番、3番、2番の順で 1975年に録音されているので同じ演奏でしょう。

posted by fronte360 at 11:17| Comment(2) | 21-LP/CD音楽(Clasical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月27日

ムラヴィンスキー、ショスタコーヴィチ/交響曲第5番(1954年録音)

新型コロナウィルス感染、非常事態宣言が解除され、予想通りの第4波か?
とにかく、お家で良い音楽を♪

1973年、エフゲニー・ムラヴィンスキー率いるレニングラードフィル
その来日記念盤としてビクター音産よりリリースされた 1,000円盤。
ジャケットに見覚えある方は同年代ですね。

P3273071
P3273071 posted by (C)fronte360

ショスタコーヴィチ/交響曲第5番
  エフゲニー・ムラヴィンスキー指揮 レニングラード・フィルハーモニー
    録音:1954年

モノラル録音ながら、力強くかつしなやかさも感じられ、素晴らしいですね。
多分(想像ですが)CD化されたのと聴くのと、レコード盤で聴く違いかな、
アナログ的な奥行きも感じられ、モノラル録音なので平板?、そんな危惧はなし、
音楽に没入できました(演奏が素晴らしいからでしょうけれど)。

ネット検索すると、1973年来日時の録音ばかりヒットしますけれど、
こちらの演奏も捨てがたい演奏、そのように思います。

ムラヴィンスキーは飛行機嫌い、シベリア鉄道で遠路やってきたのでした。
その幻の大指揮者の来日記念盤として、13巻(15枚)が発売されましたが、
リアルタイムで買ったのは、スクリアビンの「法悦の詩」だけでした。

これは、今はなき数寄屋橋ハンターで20年以上前に捕獲したものです。
ジャケット右上のシール「\ 100」「キズ有」が懐かしい。
それほど買ってからは聴いてなく、本日我が家のレコード移動で
2階旧ステレオ部屋より階下に持ってきて再発見しました。

これ面白いかな、と思ってかけて正解でした。
奥が深いですね、クラシック音楽。

posted by fronte360 at 20:47| Comment(0) | 21-LP/CD音楽(Clasical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月23日

エンリケ・ホルダ、ファリャ/三角帽子

新型コロナウィルス感染、第3波の非常事態宣言下、お家で良い音楽を♪

コロムビアのダイヤモンド1000シリーズの廉価盤より、エンリケ・ホルダ指揮によるファリャの「三角帽子」。 オーケストラは、ロンドン交響楽団。 このロンドン交響楽団がとっても巧い。 ホルダの緩急自在なテンポ、カロリーの高い指揮ぶりを見事に再現し、エキゾティックかつダイナミックな曲としています。 これが2管編成の曲とは思えないほどの迫力もあります。 うきうきわくわくします。

実は昨夜より聴いていて、昨夜はいつもの赤い Techinics SL-6 で聴いてました。 が、前々よりちょっと気になっていた、回転がちょっと遅いのでは? との疑問をただすべく、今朝ほど底蓋を開け、速度調整用のネジをいじっていたら・・・ 45回転の半固定抵抗が崩壊・・・ 慌てて組み直しましたが、33回転も含めてターンテーブルが回転しなくなりました(壊れた!)。

ということで、久しぶりに TRIO KP-7300 が復活。 カートリッジはとりあえず以前より装着したままになっていた STANTON 500-II。 圧しの強いサウンドが一層ハッキリと届くようになりました。 意外と録音が良いと思ったら、原盤は35mmマグネチックテープによる録音だそうですね。

なおこの演奏も、NAXOS MUSIC LIBRARY でも聴くことができます。 バーバラ・ヒューイット(バルバラ・ホヴィット)のヴォーカルが野趣に富んで洗練とは程遠いものがありますけど、ま、これはこれで土俗っぽいスパイスとなってていいかもしれません。 

P2233061
P2233061 posted by (C)fronte360

ファリャ/バレエ音楽「三角帽子」
  バーバラ・ヒューイット(S)
  エンリケ・ホルダ指揮 ロンドン交響楽団
    録音:1959年11月 Walthamstow Assembly Hall, London

posted by fronte360 at 10:45| Comment(0) | 21-LP/CD音楽(Clasical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月21日

スピヴァコフスキー、シベリウス/ヴァイオリン協奏曲

新型コロナウィルス感染、第3波の非常事態宣言下、お家で良い音楽を♪

三寒四温、昨日、今日も暖かったですね、明後日はまた寒くなるようですね。
暖房装置のない新ステレオ部屋のレコード鑑賞には気温が大きな要素となります。

アンソニー・コリンズのベリウスの交響曲第2番より派生、ヴァイオリン協奏曲が聴きたくなって、これまた古い録音(1959年録音)ですがステレオ録音。 コロムビアのダイヤモンド1000シリーズの廉価盤より、トシー・スピヴァコフスキーのヴァイオリンによる演奏。伴奏は、タウノ・ハンニカイネン指揮によるロンドン交響楽団。

この演奏もまたこの曲を愛でる人には知る人ぞ知るの名録音ではないでしょうか。 透徹したスピヴァコフスキーのヴァイオリンに、「ますらおぶり」なハンニカイネンの棒がマッチしてグィグィと心に迫ってくるものがあります。 余計な言葉は不要でしょう。

これも、NAXOS MUSIC LIBRARY で聴くことができます。 

P2213060
P2213060 posted by (C)fronte360

シベリウス/ヴァイオリン協奏曲
シベリウス/交響詩「タピオラ」
 トッシー・スピヴァコフスキー(vn)
   タウノ・ハンニカイネン指揮 ロンドン交響楽団

posted by fronte360 at 22:45| Comment(0) | 21-LP/CD音楽(Clasical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月20日

アンソニー・コリンズ/ロンドン響、シベリウス/交響曲第2番

新型コロナウィルス感染、第3波の非常事態宣言下、お家で良い音楽を♪

暖かくなったり寒くなったりで、また暖かくなったので暖房装置のない新ステレオ部屋にてレコード鑑賞。 アンソニー・コリンズ指揮によるシベリウスの交響曲第2番。 この曲を愛でる人には知る人ぞ知るの名録音。 モノラル録音ながら、迫力あるサウンドです。シベリウスの交響曲って、マーラーの曲のようにステレオ感に左右されることなく楽しめますね。

全体のトーンは豪胆、でも歌うべきところはしっかりと歌って、メリハリも効かせた濃厚な名演奏です。 近代ロマンティシズムから無調的な現代音楽への橋渡し的な雰囲気も感じさせます。

1953年5月録音とのこと。 パブリック・ドメインに落ちていて、かつてコリンズ/LSOのシベリウスの交響曲全集をダウンロードし、愛用のメモリプレーヤで聴いたこともありましたが、でもやはり音盤。 アナログのレコード盤で聴くほうがいいですね。 中音の音圧(おし)といい、雰囲気が違って聴こえます。

P2203058
P2203058 posted by (C)fronte360

シベリウス/交響曲第2番
 アンソニー・コリンズ指揮 ロンドン交響楽団

このレコードは、1963年にキング・レコードが発売した「ロンドン不朽の名曲・名演奏(第一巻/交響曲篇)」というセットもの(MR5001〜5010 \10,000)の1枚のようです。 どこの中古屋から救出してきたかは記憶にありません。

興味ある方は、NAXOS MUSIC LIBRARY でも第1〜4番の交響曲を聴くことができます。 第1番は、より男性的というとジェンダーで咎められるかな、「ますらおぶり」と言っておきましょう。 これも好きな演奏です。


posted by fronte360 at 22:56| Comment(0) | 21-LP/CD音楽(Clasical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月14日

ヤニグロ/サグレブ合奏団、ヴィヴァルディ/合奏協奏曲「四季」

新型コロナウィルス感染、第3波の非常事態宣言下、お家で良い音楽を♪

暖房のない新ステレオ部屋、昼前の室温が17度なので今日もステレオ装置に火を入れて、レコード鑑賞。 アントニオ・ヤニグロと手兵ザグレブ室内合奏団による「四季」、清澄かつ気持ちの籠った弦楽合奏が真摯に心に響く、隠れた名演奏ですね。

ヴァイオリンのソロは、レコード盤にはクレジットされていませんが、ヤン・トマソウ。 アルゼンチン生まれでヨーゼフ・シゲティとカール・フレッシュに師事し、シカゴ交響楽団やボルティモア交響楽団のコンサートマスターを歴任、と wiki に書かれてあります。 このソロがいいですね。 ピンと張った響きながら艶があって暖かく、ザグレブ合奏団の響きとよく調和しています。

キング・レコードの「世界の名曲1000シリーズ」からの1枚。 ヴァンガード原盤。 1970年10月発売ですが、wiki によるとトマソウが 1961年没ですので、録音は50年代末か60年代初でしょうか。 しかしながら、とても現代的でスマートな名演奏です。

冒頭に収められているモーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」もまた各弦楽器の響きが雄弁でありながらもよく纏まった良い演奏です。 弦の国ザグレブ、そんな言葉を彷彿とさせますが、こちらもスマートな解釈で心地よいですね。 この曲自体、久しぶりに耳にしましたけれど、こんなに良い曲だったかのかとも再認識したしだい。 良い演奏だと、良い曲に思えるという典型でしょう。

P2143057
P2143057 posted by (C)fronte360

モーツァルト/セレナード第13番「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」
ヴィヴァルディ/合奏協奏曲「四季」-*
 ヤン・トマソウ(Vn)-*
 アントニオ・ヤニグロ指揮 サグレブ室内合奏団

posted by fronte360 at 12:06| Comment(0) | 21-LP/CD音楽(Clasical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月13日

イシュトヴァン・ケルテス/ウィーンフィル、モーツァルト/レクイエム

新型コロナウィルス感染、第3波の非常事態宣言下、お家で良い音楽を♪

暖房のない新ステレオ部屋、今朝は室温が13度ほどなので久しぶりにステレオ装置に火を入れて、ケルテスのモツレクを鑑賞。 この演奏も久しぶりです。

冒頭からの勢いと劇的な展開に圧倒されそうになりました。
またセクエンツィアの「不思議なラッパの音」のトロンボーン、ウィーンフィルらしい朗々とした響きが印象的ですね。 しかし、ちょっとやりすぎかなぁ・・・ などとも感じるようにもなっている自分もいて、なんか年齢のせいかもしれませんなぁ。

何度も書いているように、この曲はカール・リヒター/ミュンヘン・バッハ管のが自分の中でのリファレンス。 怖い系で、劇的な表現のモツレクは好みなのですれけど、ちょっとボリューミーで脂肪過多かなとも感じられるようになってきたのでした。

P2133055
P2133055 posted by (C)fronte360

モーツァルト/レクイエム ニ短調 K.626 (ジュスマイヤー版)
 エリー・アメリング(S)
 マリリン・ホーン(MS)
 ウーゴ・ベネルリ(T)
 トゥゴミール・フランク(B)
 ウィーン国立歌劇場合唱団
  イシュトヴァン・ケルテス指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

posted by fronte360 at 10:07| Comment(0) | 21-LP/CD音楽(Clasical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする