2020年02月14日

奈良散歩20200203_酒蔵みてある記・初霞:久保本家酒造へ

近鉄ハイキングの大人気企画「酒蔵みてある記」、本年第2回目は2月2日
榛原駅よりスタート、宇陀の松山地区にある久保本家酒造を目指しました。
久保本家酒造は昨年2月3日に続いての2回目の訪問となります。
宇陀川沿いをひたすら歩き、うだアニマルパーク経由で松山地区を歩きます。

P2021915
P2021915 posted by (C)fronte360

歴史的な建造物の多く残る松山地区ですが、こんなのも昭和チックですね。
メイ・ウシヤマのハリウッド化粧品

P2021914
P2021914 posted by (C)fronte360

久保本家酒造を目指して歩きます。

P2021916
P2021916 posted by (C)fronte360

田中日進堂さんは、お店を閉めてしまわれたそうです。

P2021917
P2021917 posted by (C)fronte360

左側に黒川醤油店が見えてきました。

P2021918
P2021918 posted by (C)fronte360

P2021919
P2021919 posted by (C)fronte360

ここの本醸造こいくち醤油は、2年間じっくり熟成させたものですね。
お土産に1本買って帰りましたよ。

P2021920
P2021920 posted by (C)fronte360

道路の向こう、人だかりがあるのが久保本家酒造です。

P2021924
P2021924 posted by (C)fronte360

蔵の正面玄関

P2021925
P2021925 posted by (C)fronte360

試飲は、このお向かいでやってます。

P2021926
P2021926 posted by (C)fronte360

2種の試飲をさせて頂いてから蔵見学をして、道の駅方面へ。

P2021929
P2021929 posted by (C)fronte360

この宇陀川ぞいの久保本家酒造、この風景がいいんですね。




posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 20-奈良散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月13日

奈良散歩20200203_酒蔵みてある記・初霞:宇陀恵毘須神社

近鉄ハイキングの大人気企画「酒蔵みてある記」、本年第2回目は2月2日
榛原駅よりスタート、宇陀の松山地区にある久保本家酒造を目指しました。
久保本家酒造は昨年2月3日に続いての2回目の訪問となります。
宇陀川沿いをひたすら歩き、うだアニマルパーク経由で松山地区を散策。

P2021901
P2021901 posted by (C)fronte360

宇陀恵毘須神社に戻ってきました。 ハイカー達は次を目指したようですね。
さっそく中に入ってみます。

P2021902
P2021902 posted by (C)fronte360

宇陀恵毘須神社(うだえびすじんじゃ)
神仏混合で、愛宕神社、恵毘須神社、愛宕寺が同一。
このうち愛宕神社は織田長頼(三代藩主)が勧請した。また恵毘須神社は町内の茶町から移された。愛宕寺は愛染明王が本尊で、その姿が火災鎮圧を連想させる。
(奥大和総合情報サイトまほなび「宇陀恵毘須神社」より)

P2021906
P2021906 posted by (C)fronte360

境内にあった祠

P2021907
P2021907 posted by (C)fronte360

よ〜く見てみると、庚申さんなんですねっ! ちょっと興奮!
P2021911
P2021911 posted by (C)fronte360

P2021910
P2021910 posted by (C)fronte360

見ざる

P2021909
P2021909 posted by (C)fronte360

聞かざる

P2021908
P2021908 posted by (C)fronte360

言わざる

P2021904
P2021904 posted by (C)fronte360

祠の隣には、仏塔もありました。

P2021905
P2021905 posted by (C)fronte360

そして入り口には狛犬さん、神仏習合!!

P2021912
P2021912 posted by (C)fronte360

P2021913
P2021913 posted by (C)fronte360

皆さん、いい具合に風化してますねっ。 落ち着きます。


posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 20-奈良散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月12日

奈良散歩20200203_酒蔵みてある記・初霞:松山西口関門

近鉄ハイキングの大人気企画「酒蔵みてある記」、本年第2回目は2月2日
榛原駅よりスタート、宇陀の松山地区にある久保本家酒造を目指しました。
久保本家酒造は昨年2月3日に続いての2回目の訪問となります。
宇陀川沿いをひたすら歩き、うだアニマルパーク経由で松山地区に入ります。

P2021896
P2021896 posted by (C)fronte360

P2021895
P2021895 posted by (C)fronte360

ここより、まずは宇陀恵毘須神社の方向に曲がって進みます。

P2021897
P2021897 posted by (C)fronte360

神社にはハイカーが多くいるので、神社前を素通りして・・・
松山西口関門にやってきました。

P2021898
P2021898 posted by (C)fronte360

松山西口関門
松山西口関門は、宇陀松山城の城下町の要をなす出入口であり、ここから春日門へと至る街路は、城下町の大手筋にあたります。門口の橋詰めで道路を直角に曲げ、西口開門を通ってからも道路が直角に右折れします。門が黒塗りであることから「黒門」とも呼ばれています。
門の造営は、門周辺部の発掘調査の結果から16世紀末〜17世紀初頭と推定されています。関ヶ原の戦い後、福島高晴が当地に封じられ、宇陀松山城の改修と城下町の整備も進んだと考えられており、門はこの頃の造営と思われます。
門の構造等は、角柱を2本を立て、その止に冠木、腕木、桁をおいて本瓦葺の切妻屋根をのせます。また、後方に控柱を立て、同様に切妻屋根をのせます。扉は石の軸受けによって両開きとし、鉄金具を打った格子戸につくります。正面の柱間は4.1m、軒高3.7mを測ります。
当門は、当時のまま原位置にある城下町の門としては希少であり、往時の数少ない建造物でもあることから、道路敷地を含む224uが昭和6年に国の史跡に指定されています。
(奈良県公式HP「いかすなら」より)

P2021900
P2021900 posted by (C)fronte360

いったん外に出ます。 そこには、琴平神社・愛宕神社があるんですね。

P2021899
P2021899 posted by (C)fronte360




posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 20-奈良散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月07日

奈良散歩20200203_酒蔵みてある記・初霞:うだアニマルパーク2

近鉄ハイキングの大人気企画「酒蔵みてある記」、本年第2回目は2月2日
榛原駅よりスタート、宇陀の松山地区にある久保本家酒造を目指しました。
久保本家酒造は昨年2月3日に続いての2回目の訪問となります。
宇陀川沿いをひたすら歩いて、うだアニマルパークを散策。

P2021882
P2021882 posted by (C)fronte360

いつもならそそくさと出るのですが、今回はちょっと散策することに・・

P2021884
P2021884 posted by (C)fronte360

こっちの奥に行ってみたら、おおっ、ウシさんがいましたね。
ホルスタインが2頭!

P2021885
P2021885 posted by (C)fronte360

って、学生時代は学生よりもウシのほうが多いような学校に行ってたので、
ウシって珍しくもないんですけどね。 でも、久しぶりやなぁ。

P2021886
P2021886 posted by (C)fronte360

こっちではヒツジさんがおとなしく触られてますね。
ヤギさんも。

P2021887
P2021887 posted by (C)fronte360

斜面にはヒツジさんの群れ。

P2021888
P2021888 posted by (C)fronte360

P2021889
P2021889 posted by (C)fronte360

このあと、一斉に畜舎に駆け出して、なかなか壮観でした。

P2021890
P2021890 posted by (C)fronte360

そろそろ松山地区目指して移動しましょう。

P2021891
P2021891 posted by (C)fronte360

P2021892
P2021892 posted by (C)fronte360

自然生態園の池を回って、第2駐車場・松山地区を目指します。

P2021894
P2021894 posted by (C)fronte360

P2021893
P2021893 posted by (C)fronte360

posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 20-奈良散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月06日

奈良散歩20200203_酒蔵みてある記・初霞:うだアニマルパーク

近鉄ハイキングの大人気企画「酒蔵みてある記」、本年第2回目は2月2日
榛原駅よりスタート、宇陀の松山地区にある久保本家酒造を目指しました。
久保本家酒造は昨年2月3日に続いての2回目の訪問となります。
宇陀川沿いをひたすら歩きます。

P2021868
P2021868 posted by (C)fronte360

ようやく「うだ・アニマルパーク」が見えてきました。

P2021869
P2021869 posted by (C)fronte360

小高い丘の上へと登ります。

P2021872
P2021872 posted by (C)fronte360

コースはこの下の建物(トイレ)をぐるっと回るのですが、

P2021876
P2021876 posted by (C)fronte360

さらに頂上にあるあずま屋へと登って、休憩です。
持ってきたおにぎり食べて、お茶のんで、ひと息つきました。

P2021873
P2021873 posted by (C)fronte360

うだ・アニマルパーク
前身は奈良県畜産技術センターで牛・豚・鶏などの試験研究を行っていたが、2001年4月に宇陀郡御杖村に「みつえ高原牧場」がオープンし大家畜(牛)部門が移転したことにより、空いた敷地を活用して、動物との触れ合いを通じて命の大切さを啓発することなどを目的に、2008年4月に「うだ・アニマルパーク」が開園した。2011年10月に畜産技術センターと分離し、地域振興部うだ・アニマルパーク振興室となった。
施設では、遠足や校外学習の児童生徒たちにペットや家畜、野生動物それぞれの立場になって物事を考える教育プログラムや出前授業も実施している。また動物愛護センターを併設し、捨てられた野犬や野良猫を収容、その譲渡も行っている。評判で来園者も増え、2016年度は22万8170人でオープン初年度の3倍以上となった。
(Wikipedia「うだ・アニマルパーク」より)

P2021875
P2021875 posted by (C)fronte360

動物学習館、寄り道ついでにこの中に入ってみると・・・

P2021877
P2021877 posted by (C)fronte360

ミニ・ライブやってますね。
和洋アンサンブル「ウルル」ハートフルコンサート、だそうです。

P2021880
P2021880 posted by (C)fronte360

キーボード弾いている方がMCやってました。

P2021879
P2021879 posted by (C)fronte360

ソプラノサックスかしら、いい音色でしたよ。
ちょっと古い記事ですが、こんなの見つけました ⇒ ココ
毎年されているようですね。

posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 20-奈良散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月05日

奈良散歩20200203_酒蔵みてある記・初霞:宇陀川

近鉄ハイキングの大人気企画「酒蔵みてある記」、本年第2回目は2月2日
榛原駅よりスタート、宇陀の松山地区にある久保本家酒造を目指しました。
久保本家酒造は昨年2月3日に続いての2回目の訪問となります。
宇陀川沿いをひたすら歩きます。

P2021856
P2021856 posted by (C)fronte360

アメダスによると大宇陀の2月2日最低気温は−3.6℃だったそうです。

P2021857
P2021857 posted by (C)fronte360

でも風もなくおだやかな天気ですね。
昨年は日陰に雪が残ってましたけど、暖冬なので雪もありません。

P2021858
P2021858 posted by (C)fronte360

猟路(かりじ)の桜、又兵衛桜を見に来たときは満開でしたね。

P2021859
P2021859 posted by (C)fronte360

猟路(かりじ)の桜
明日香藤原京の古(いにしえ)、宮廷遊猟の地は主に宇陀の山野であった。殊(こと)に宇陀川 芳野川合流点一帯の湿原は猟路の池(つづみ)と呼ばれ格好の狩場であった。 今に浦の付く小字七箇所、水に関わる地名を多数伝えているのはその証左である。
猟路の池の所在については諸説あるが、柿本人麻呂や詠み人知らずの歌の景況はこの地が最も相応(ふさわ)しいと近時万葉学説の定説となって来ている。
この、古典的に由緒のある地を後世に伝えんと区民相諮(はか)り記念の桜を植樹、猟路の桜と名付ける所以(ゆえん)である。
篠楽区
(現地案内板より)

P2021860
P2021860 posted by (C)fronte360

P4071239
P4071239 posted by (C)fronte360

P2021861
P2021861 posted by (C)fronte360

P4071238
P4071238 posted by (C)fronte360

満開の桜を思いながら、先へと進みます。

P2021862
P2021862 posted by (C)fronte360

P2021864
P2021864 posted by (C)fronte360

遠くに、水分神社の鳥居が見えてきました。

P2021865
P2021865 posted by (C)fronte360

ここでコース約半分。

P2021866
P2021866 posted by (C)fronte360

水分神社は今回も見送って先を急ぎます。


posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 20-奈良散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月04日

奈良散歩20200203_酒蔵みてある記・初霞:スタート

近鉄ハイキングの大人気企画「酒蔵みてある記」、本年第2回目は2月2日
榛原駅よりスタート、宇陀の松山地区にある久保本家酒造を目指しました。
久保本家酒造は昨年2月3日に続いての2回目の訪問となります。

P2021846
P2021846 posted by (C)fronte360

1年前、榛原駅に降りたのは初めてでしたが、又兵衛桜ハイキングほか、
この1年に4・5回降りたんじゃないかなぁ。

P2021847
P2021847 posted by (C)fronte360

さっそく宇陀川目指して歩きます。

P2021848
P2021848 posted by (C)fronte360

宇陀市役所

P2021849
P2021849 posted by (C)fronte360

宇陀市(うだし)は、奈良県北東部に位置する市。
奈良県北東部、大和高原の南端に位置し、四方を山に囲まれた高原都市。市内を近鉄大阪線や国道165号、 国道166号、 国道369号、 国道370号などが通る。
宇陀川・芳野川沿いの平地を山が取り囲む地形。その大半が森林。旧菟田野町域・旧大宇陀町域・旧榛原町域の旧市街地は平地に位置するがその他は山地、狭隘地に集落が点在する。旧榛原町域の北側、旧室生村域の北側・南側、旧菟田野町域の南側は標高も高い山岳部につながっている。
(Wikipedia「宇陀市」より)

P2021850
P2021850 posted by (C)fronte360

宇陀川が見えてきましたね。

P2021851
P2021851 posted by (C)fronte360

ここから川に沿ったサイクリングコースを7Km歩くってことになります。

P2021853
P2021853 posted by (C)fronte360

このハイキング、うだ・アニマルパークまで約6Km、何もありません。

P2021854
P2021854 posted by (C)fronte360

ひたすら歩く歩く歩く・・・ハイキングらしいハイキング、スタート!


posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 20-奈良散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月03日

奈良散歩20200119_酒蔵みてある記・御代菊:ゴール(喜多酒造)

近鉄ハイキングの大人気企画「酒蔵みてある記」、本年第1回目は1月19日
橿原神宮前駅よりスタート、畝傍御陵前駅近くの喜多酒造を目指しました。
なんと、この日は 2,000名を超える参加があったそうで、ぞろぞろ歩いて、
橿原神宮より神武天皇陵を経て今井町、おふさ観音を経てゴールしましたが、
長蛇の列で順番を待って、ようやく振る舞い酒に到着。 すごい人です。

P1191829
P1191829 posted by (C)fronte360

まず小さな紙コップで甘酒を1杯いただいてから、振る舞い酒に移ります。

P1191828
P1191828 posted by (C)fronte360

甘酒のよりももう一回り小さな紙コップが置いてあり、自分で注いで飲む!
フリードリンクな振る舞い酒がいただけるハイキングは、ここだけ♪

P1191832
P1191832 posted by (C)fronte360

この人混みをかいくぐってお酒の入ったボールを目指します。
しかも、樽酒(本醸造)、生酒、純米、にごり酒 4種類が飲み放題!

P1191830
P1191830 posted by (C)fronte360

お酒を注いでは、外に出て和気あいあいなハイカー達。
昨年は時折小雨がちらついてましたけど、今年はいい天気に恵まれました。

P1191831
P1191831 posted by (C)fronte360

酒販も好調のようです。
にごり酒、ちょっと炭酸発酵しているみたい、舌の上でピリッとした感触♪
買おうと思ったけど、重いのでまた今度にして蔵を出ました。

P1191833
P1191833 posted by (C)fronte360

左に行くと、畝傍御陵駅が近いのですが、右に回り込んでお店の前を通り、
橿原神宮前駅より帰ることにしました(急行電車に乗れますし)。

P1191834
P1191834 posted by (C)fronte360

お店の前には、遅れて来たハイカー達の行列が続いてました。

P1191835
P1191835 posted by (C)fronte360

2,000名を超す参加者、超人気ハイキングでした。 おしまい。

posted by fronte360 at 01:00| Comment(2) | 20-奈良散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月30日

奈良散歩20200119_酒蔵みてある記・御代菊:ゴールへ

近鉄ハイキングの大人気企画「酒蔵みてある記」、本年第1回目は1月19日
橿原神宮前駅よりスタート、畝傍御陵前駅近くの喜多酒造を目指しました。
なんと、この日は 2,000名を超える参加があったそうで、ぞろぞろ歩いて、
まずは橿原神宮より神武天皇陵を経て今井町、おふさ観音の初ゑびすを見て、

P1191818
P1191818 posted by (C)fronte360

おふさ観音を出てゴールの喜多酒造を目指します。

P1191819
P1191819 posted by (C)fronte360

かしはら万葉ホールの前を通って、畝傍御陵へと戻ります。

P1191820
P1191820 posted by (C)fronte360

線路脇を歩いて、畝傍御陵前駅の手前で線路を渡って反対側へ。

P1191821
P1191821 posted by (C)fronte360

畝傍御陵前駅を過ぎてちょっと行くとあります。 喜多酒造。

P1191822
P1191822 posted by (C)fronte360

いつもながら喜多酒造へのハイキングは蔵に入る前に長蛇の列が・・・

P1191823
P1191823 posted by (C)fronte360

喜多酒造
喜多酒造は享保三年(1718年)、大和三山に囲まれた奈良橿原の地に創業いたしました。 初代・喜多利兵衞(きたりへい)は生来のこだわり者で、水と米を選りすぐり、自身が納得いくまで酒屋として旗揚げしなかったと伝え聞いています。
そんな創業者の意思を受け継ぎ、私たちは300年におよび「美味しいお酒」にこだわり続けています。
私たちが思う美味しいお酒とは、造り手の思いが飲む人の心に伝わるお酒です。 喜多酒造は創業の心を大切にし、日本酒「みよきく」が歴史と喜びを伝える大和の美酒として愛されることを誇りにしています。
喜多酒造ホームページより)

P1191824
P1191824 posted by (C)fronte360

P1191825
P1191825 posted by (C)fronte360

玄関を抜けて、蔵の敷地に入りましたが、なかなかたどり着けない。

P1191827
P1191827 posted by (C)fronte360

それだけ人気なんですね。



posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 20-奈良散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月29日

奈良散歩20200119_酒蔵みてある記・御代菊:おふさ観音2

近鉄ハイキングの大人気企画「酒蔵みてある記」、本年第1回目は1月19日
橿原神宮前駅よりスタート、畝傍御陵前駅近くの喜多酒造を目指しました。
なんと、この日は 2,000名を超える参加があったそうで、ぞろぞろ歩いて、
まずは橿原神宮より神武天皇陵を経て今井町、そしておふさ観音のつづき。

P1191803
P1191803 posted by (C)fronte360

「初ゑびす」で何かパフォーマンスをやってますね。

P1191808
P1191808 posted by (C)fronte360

若いお姉さん。昔若かったお姉さんも交えてパワフルな踊りでした。

P1191809
P1191809 posted by (C)fronte360

P1191810
P1191810 posted by (C)fronte360

本堂脇、これは宝恵駕でしょうねぇ。

P1191812
P1191812 posted by (C)fronte360

境内では福笹などが売られてます。

P1191816
P1191816 posted by (C)fronte360

花のお寺らしく、バラが咲いてますね。

P1191815
P1191815 posted by (C)fronte360

P1191813
P1191813 posted by (C)fronte360

そろそろゴールへと向かいましょう。

P1191817
P1191817 posted by (C)fronte360


posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 20-奈良散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする