2019年07月12日

奈良散歩20190622_奈良大和四寺巡礼シリーズ(3)岡寺:石造物

今年21回目の近鉄ハイキングへの参加記録。
近鉄万歩ハイキング「奈良大和四寺巡礼シリーズ(3)岡寺」
安部文珠院、長谷寺に続いて岡寺。 帰路、橘寺・川原寺を経ていよいよ最後です。

P6222210
P6222210 posted by (C)fronte360

亀石
亀石と呼ばれているが、顔が三角形であることや目が上に飛び出しているなど、むしろカエルの特徴をとらえていると見る人もいる。上部が自然石のままで下部のみが加工されていることから、現在の下面が本来の上面で実は上下逆であったという説も奈良国立文化財研究所の報告書で出されてはいるが、有力視はされていない。
下部には石矢の跡が見られるが、建造当初からあったものなのか、酒船石のように後世になって石を割ろうとした跡なのかは分かっていない。もし当初から残された跡だとすれば亀石は未完成品であるとの証拠にもなり、後世に割られたとしたら本来は現在よりもかなり高さのある石だった可能性がある。
(Wikipedia「亀石」より)

ここはいつも訪れているのでささっと写真を撮って、先を急ぎます。
いつもは国道へ出て飛鳥駅に向かうのですが、国道の地下道を潜って直進。

P6222212
P6222212 posted by (C)fronte360

田園風景を楽しみながら歩き、明日香村立聖徳中学校を過ぎた先に石の階段

P6222218
P6222218 posted by (C)fronte360

ここを登ると・・・

P6222214
P6222214 posted by (C)fronte360

鬼の俎板(まないた)

P6222215
P6222215 posted by (C)fronte360

P6222216
P6222216 posted by (C)fronte360

登ってきた階段を降りた先にあるのは・・・

P6222217
P6222217 posted by (C)fronte360

P6222219
P6222219 posted by (C)fronte360

鬼の雪隠(せっちん)
畑の中を通る遊歩道の脇の高台には「鬼の俎」が、遊歩道を挟んだ高台の麓に「鬼の雪隠」がある。両者は直線距離にして数十メートル離れているが、元は1つの古墳の石槨だったものが、盛土が無くなったうえ、二つに分かれてしまったものとされる。元々は花崗岩を繰り抜いた横口式石槨の蓋石(鬼の雪隠)とその底石(鬼の俎)であった。底石(俎)には横口式石槨の特徴である扉石を据えた痕跡が見られる。底石にはほぞ穴が並んでいるが、後世に割り取って石材として利用しようとしたためとみられる。
大きさは次の通り。
底石(俎):長さ約4.5m、幅約2.7m、厚さ約1m。
蓋石(雪隠):内幅約1.5m、高さ約1.3m。
言い伝えによると、風の森と呼ばれるこの地方に鬼が棲んでおり、通行人を騙してとらえ食べたと云われている。「俎」で調理し、「雪隠」で用を足したという。
なお、この鬼の俎・鬼の雪隠には双墓(ならびばか)説がある。、実は現在の俎の隣接したところにもう一つやや小さ目の底石があったが、明治の頃に小さく割られ民家の庭石に転用されたという。すなわち鬼の俎・雪隠古墳は双墓であり、隣にあったもう一つの石槨墓と対をなしていたというのである[2]。割られた石は民家から運ばれて現在は橿原考古学研究所付属博物館の屋外に展示されている。
(Wikipedia「鬼の俎・鬼の雪隠」より)

P6222221
P6222221 posted by (C)fronte360

P6222220
P6222220 posted by (C)fronte360

これまで何度か飛鳥へ来ていますがここは初めて、こんな所にあったのですね。
こちらの遊歩道のほうがハイキングらしくていいなぁ・・・なんて想いながら
飛鳥駅を目指しました。

P6222222
P6222222 posted by (C)fronte360

この先に欽明天皇陵がありますが、突き当りを左に折れて駅へと急ぎました。
右に折れると欽明天皇陵・吉備姫王墓がありますけれど・・・

P6222224
P6222224 posted by (C)fronte360

この先のガードレールにそって右に折れると駅ですね。 いつものコース。

P6222225
P6222225 posted by (C)fronte360

飛鳥駅到着、出発時には大勢いた人もありません。

P6222227
P6222227 posted by (C)fronte360

電車も30分に1本で、出たあと・・・
駅の改札脇の椅子に座り、リュックより持ってきた缶酎ハイで一人打ち上げ。
疲れが解けてゆくようでした。 おしまい。


posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 19-奈良散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月11日

奈良散歩20190622_奈良大和四寺巡礼シリーズ(3)岡寺:川原寺へ

今年21回目の近鉄ハイキングへの参加記録。
近鉄万歩ハイキング「奈良大和四寺巡礼シリーズ(3)岡寺」
安部文珠院、長谷寺に続いて岡寺です。 岡寺を出て帰路となります。

P6222203
P6222203 posted by (C)fronte360

国道に出てきました。
いつは犬養孝万葉記念館前を通って、左に折れてこの道にですのですが、
直進するほうが距離がやや短いようですね、交通量も少ないし。

P6222204
P6222204 posted by (C)fronte360

P6222205
P6222205 posted by (C)fronte360

左手に橘寺を見ながら歩きますと、右手に川原寺跡が見えてきました。

P6222206
P6222206 posted by (C)fronte360

P6222207
P6222207 posted by (C)fronte360

川原寺(かわらでら)は、飛鳥(奈良県高市郡明日香村)にあった仏教寺院。跡地は国の史跡に指定されている。
飛鳥寺(法興寺)・薬師寺・大官大寺(大安寺)と並び「飛鳥の四大寺」の1つに数えられた大寺院であったが、中世以降衰微し廃寺となった。現在は跡地にある真言宗豊山派の弘福寺(ぐふくじ)が法燈を継承する。
(Wikipedia「川原寺」より)

P6222208
P6222208 posted by (C)fronte360

川原寺跡より橘寺を望みました。

P6222209
P6222209 posted by (C)fronte360

国道沿いにもどって、橘寺への参道より西に進みました。


posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 19-奈良散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月10日

奈良散歩20190622_奈良大和四寺巡礼シリーズ(3)岡寺:岡寺(その3)

今年21回目の近鉄ハイキングへの参加記録。
近鉄万歩ハイキング「奈良大和四寺巡礼シリーズ(3)岡寺」
安部文珠院、長谷寺に続いて岡寺です。 飛鳥駅よりようやく岡寺へ。

P6222194
P6222194 posted by (C)fronte360

境内の散策を続けます。 三重塔より降りてきました。 右側のは大師堂。
ふりかえると鐘楼があります。

P6222190
P6222190 posted by (C)fronte360

自由に鐘をついてよいので、時おりゴーンを鳴り響いておりました。

P6222193
P6222193 posted by (C)fronte360

本堂前にある龍蓋池。 ここには以下のレリーフがありました。

P6222192
P6222192 posted by (C)fronte360

義淵僧正
飛鳥を荒らす悪龍を其の法力により石の蓋をもって 池に封じ込め 改心させる龍は善龍となり今もこの池に眠る
この池を龍蓋池と名付け龍蓋寺(岡寺)のはじまりとなる

P6222195
P6222195 posted by (C)fronte360

さあて、そろそろ帰路としましょう。

P6222196
P6222196 posted by (C)fronte360

仁王門を出て、参道を下ってゆきました。

P6222197
P6222197 posted by (C)fronte360

P6222199
P6222199 posted by (C)fronte360

参道の途中にある岡本寺

P6222200
P6222200 posted by (C)fronte360

参道の入り口には石の鳥居
ここを出て右に行くと犬養孝万葉記念館ですが、今日は直進します。

P6222201
P6222201 posted by (C)fronte360

鳥居を抜けて参道を振り返ります。
そしてまた前を向いてスタートです。

P6222202
P6222202 posted by (C)fronte360



posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 19-奈良散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月09日

奈良散歩20190622_奈良大和四寺巡礼シリーズ(3)岡寺:岡寺(その2)

今年21回目の近鉄ハイキングへの参加記録。
近鉄万歩ハイキング「奈良大和四寺巡礼シリーズ(3)岡寺」
安部文珠院、長谷寺に続いて岡寺です。 飛鳥駅よりようやく岡寺へ。

P6222179
P6222179 posted by (C)fronte360

境内を散策します。 赤い鳥居の向こうは稲荷社があります。

P6222180
P6222180 posted by (C)fronte360

鳥居の右側は瑠璃井、ここに石仏がありました。

P6222181
P6222181 posted by (C)fronte360

P6222182
P6222182 posted by (C)fronte360

仏足石

P6222183
P6222183 posted by (C)fronte360

お大師さんですね。

P6222184
P6222184 posted by (C)fronte360

そして稲荷社に到着です。

P6222185
P6222185 posted by (C)fronte360

ここの右奥に奥之院石屈がありますが、先客がいらして、前回も行ったのでパス。
山側をぐるっと歩いて回ることにしました。

P6222186
P6222186 posted by (C)fronte360

本堂、その脇にあるのが開山堂ですね。

P6222187
P6222187 posted by (C)fronte360

たくさんの方がお参りに来られてます。

P6222189
P6222189 posted by (C)fronte360

三重塔までやってきました。
昭和61年に、514年ぶりに再建された三重宝塔です。

P6222188
P6222188 posted by (C)fronte360

ここからの景色を堪能しました。


posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 19-奈良散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月08日

奈良散歩20190622_奈良大和四寺巡礼シリーズ(3)岡寺:岡寺

今年21回目の近鉄ハイキングへの参加記録。
近鉄万歩ハイキング「奈良大和四寺巡礼シリーズ(3)岡寺」
安部文珠院、長谷寺に続いて岡寺です。 飛鳥駅よりようやく岡寺へ。

P6222170
P6222170 posted by (C)fronte360

石舞台展望台からの道は急な登り坂のあと、階段を降りたりしながら
岡寺への参道の途中へと出たのでした、参道をあと一息登りつめて仁王門前へ。
受付で拝観料400円を払って中に入ります。

P6222171
P6222171 posted by (C)fronte360

岡寺
岡寺は奈良県明日香村の東にある岡山の中腹に位置しています。昔には日本の首都、飛鳥京の中心地 飛鳥板蓋宮(大化の改新が起こった場所)、現在は明日香村行政の中心地 明日香村役場の東に位置します。過去においても現在においても政(まつりごと)・行政の中心地のすぐそばに位置しております。
現在広く知られているこの『岡寺』という名ですが実は地名に因る名であり、古来正式には、別の寺名がありました。その名は
山号は 東光山(とうこうさん)
院号は 真珠院(しんじゅいん)
寺名は 龍蓋寺(りゅうがいじ)
といい、山号・院号・寺名がそれぞれあり『東光山 真珠院 龍蓋寺』となります。しかし古来より土地の名から『飛鳥の岡にある寺』=『岡寺』と親しみをこめて呼ばれており、現在では宗教法人としての名も『龍蓋寺』ではなく『岡寺』となっており、『岡寺』の名で知られております。
(岡寺公式ホームページ「岡寺について」より)

P6222173
P6222173 posted by (C)fronte360

あちらこちらにお花が飾ってあって涼し気でした。

P6222172
P6222172 posted by (C)fronte360

P6222174
P6222174 posted by (C)fronte360

P6222176
P6222176 posted by (C)fronte360

さっそく本堂にお参りです。

P6222175
P6222175 posted by (C)fronte360

P6222177
P6222177 posted by (C)fronte360

塑像では日本最大の仏さま、如意輪観音の座像ですが、腕が2本なのは、
平安時代以降に密教の影響が入るまえの古いタイプであるからです。
また、そもそも金銅で造られた如意輪観音菩薩像がいらして、
それを胎内に収めて奈良時代に造られています。

P6222178
P6222178 posted by (C)fronte360

お堂の中では、特別拝観として横からも見ることが今回も出来ましたが、
像の前に銅製の鏡が置いてあるのに気づきました。
これも古いタイプの配置であるようです。 道成寺で聞いたことがあります。



posted by fronte360 at 05:20| Comment(0) | 19-奈良散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月04日

奈良散歩20190622_奈良大和四寺巡礼シリーズ(3)岡寺:石舞台へ

今年21回目の近鉄ハイキングへの参加記録。
近鉄万歩ハイキング「奈良大和四寺巡礼シリーズ(3)岡寺」
安部文珠院、長谷寺に続いて岡寺です。 飛鳥駅より歩きました。


P6222158
P6222158 posted by (C)fronte360

橘寺を出て、飛鳥川ぞいを歩いて国営飛鳥歴史公園石舞台地区に入りました。

P6222160
P6222160 posted by (C)fronte360

ステージの日陰に座って水分補給。 前日の雨あがりのせいか日差しが強い。

P6222162
P6222162 posted by (C)fronte360

石舞台古墳の入口、ここも昨年の4月と9月に中に入ってますのでパスです。

奈良散歩20180401_岡寺と春爛漫の飛鳥を散策! 石舞台
http://fronte360.seesaa.net/article/459524134.html
奈良散歩20180923_飛鳥の古代ロマン・石舞台
http://fronte360.seesaa.net/article/461826056.html

今回、岡寺へは左側の石舞台古墳を見下ろせる展望台の脇より行くようです。

P6222163
P6222163 posted by (C)fronte360

石舞台展望台、ここより石舞台古墳をタダで見下ろせます。

P6222166
P6222166 posted by (C)fronte360

P6222165
P6222165 posted by (C)fronte360

さて、石舞台も見たので、岡寺めざして山に分け入ることにします。

P6222167
P6222167 posted by (C)fronte360

P6222168
P6222168 posted by (C)fronte360

けっこうきつい上りもありましたよ。

P6222169
P6222169 posted by (C)fronte360


posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 19-奈良散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月02日

奈良散歩20190622_奈良大和四寺巡礼シリーズ(3)岡寺:高松塚

今年21回目の近鉄ハイキングへの参加記録。
近鉄万歩ハイキング「奈良大和四寺巡礼シリーズ(3)岡寺」
安部文珠院、長谷寺に続いて、岡寺へ、飛鳥駅より歩きます。

P6222136
P6222136 posted by (C)fronte360

6月22日 9:30-10:00 飛鳥駅集合、ですがこの時間帯に停る電車は2本で、
うち1本が特急だから、9:30過ぎの飛鳥駅前はすごい人波です。

P6222137
P6222137 posted by (C)fronte360

それでなくても飛鳥のハイキングは人気が高いので人が多めなんですけどね。
マップを頂き、Kip'sカードに100point(100円)付けてもらってスタート!

P6222138
P6222138 posted by (C)fronte360

この日は日差しが強かったので、メガネの上に付けるサングラスを着用。
紫外線対策です。

P6222139
P6222139 posted by (C)fronte360

まずは高松塚古墳めざして歩きますが、
今回のコースはこれまでのコースのショートカット版みたいですね。

P6222140
P6222140 posted by (C)fronte360

なんかあっという間に高松塚古墳の壁画館前に到着。
30年ほど前に中に入ったような記憶ありますが今回もパス、先を急ぎます。

P6222142
P6222142 posted by (C)fronte360

その頃は、ここは単なる丘陵で空き地みたいだったように思いますが、
今はきちんと整備されてます。

P6222143
P6222143 posted by (C)fronte360

高松塚古墳の発掘調査は、1972年3月1日から開始された。発掘の始まったきっかけは、1970年の10月ごろ村人がショウガを貯蔵しようと穴を掘ったところ、穴の奥に古い切石が見つかったことである。地元の人達が明日香村に働きかけ、明日香村が資金を捻出し奈良県立橿原考古学研究所が発掘調査することになった。発掘は明日香村が事業主体となり、橿原考古学研究所が実際の発掘を担当した。当時、明日香村では村の発足15周年を期に村史を編纂するため、未調査の遺跡の発掘を進めており、高松塚の発掘もその一環であった。奈良県立橿原考古学研究所所長の末永雅雄の指揮のもと、現場での発掘は伊達宗泰と関西大学助教授の網干善教を中心とした関西大学と龍谷大学の研究者・学生グループによって行われた。石室が検出され、鮮やかに彩色された壁画が発見されたのは同年3月21日のことである。古墳は1973年4月23日、特別史跡に、また極彩色壁画は、1974年4月17日に国宝に指定されている。
(Wikipedia「高松塚古墳」より)

P6222144
P6222144 posted by (C)fronte360

墳丘のまわりをぐるっと回って先を目指します。


posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 19-奈良散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月28日

奈良散歩20190511_奈良大和四寺巡礼シリーズ(2)長谷寺:長谷寺・本坊

今年19回目の近鉄ハイキングへの参加記録。
近鉄万歩ハイキング「奈良大和四寺巡礼シリーズ(2)長谷寺」
桜井駅より長谷寺目指して国道165号を歩いて約8Km、長谷寺を巡ります。

P5111777
P5111777 posted by (C)fronte360

五重塔より下ってゆくと本坊があったので、ここにも寄ってみました。

P5111778
P5111778 posted by (C)fronte360

本坊(重要文化財)
事相、教相の根本道場である大講堂や書院などがある。
寛文七年(1667)徳川将軍の寄進で建立されたが、明治四十四年(1911)炎上。現在の堂宇は大正十三年(1924)に再建された。
総檜造りの大殿堂で、平成二十四年三月三十日奈良県指定有形文化財に登録された。
(長谷寺パンフレットより)

P5111779
P5111779 posted by (C)fronte360

中には入れませんが、玄関に綺麗な牡丹がおかれていました。

P5111781
P5111781 posted by (C)fronte360

本坊前より本堂を望みます。
けっこう遠くに見えますが、歩いてみるとそんなに距離は感じませんね。

P5111782
P5111782 posted by (C)fronte360

下山、左の建物は「総受付」で奥に秋葉権現が鎮座しているのですが、
往きも帰りも人が多かったので外から眺めて帰路としました。

P5111784
P5111784 posted by (C)fronte360

長谷寺駅前、坂道を登って、仕上げの石段を登って到着です。

P5111785
P5111785 posted by (C)fronte360

P5111786
P5111786 posted by (C)fronte360

運よくすぐに電車がやってきました。 楽しかった!

P5111787
P5111787 posted by (C)fronte360

次回の奈良大和四寺巡礼シリーズは、6月22日に岡寺に伺います。
ここも山の中腹なんですよね。

おしまい。

posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 19-奈良散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

奈良散歩20190511_奈良大和四寺巡礼シリーズ(2)長谷寺:長谷寺・石仏

今年19回目の近鉄ハイキングへの参加記録。
近鉄万歩ハイキング「奈良大和四寺巡礼シリーズ(2)長谷寺」
桜井駅より長谷寺目指して国道165号を歩いて約8Km、長谷寺を巡ります。

P5111766
P5111766 posted by (C)fronte360

五重塔より先に進むと、納骨堂があり、多数の石仏がっ!

P5111769
P5111769 posted by (C)fronte360

東京に単身赴任してからやけに石仏が好きになった当方にとっては嬉しい空間!

P5111770
P5111770 posted by (C)fronte360

味わいありますねっ!

P5111771
P5111771 posted by (C)fronte360

こちらは観音さまでしょう。

P5111772
P5111772 posted by (C)fronte360

地蔵さま。

P5111773
P5111773 posted by (C)fronte360

まんがチック(失礼)で親近感わきます。

P5111774
P5111774 posted by (C)fronte360

五重塔に戻ってきて、ここより帰路とします。

P5111775
P5111775 posted by (C)fronte360

五重塔の前には、三重塔跡となっていました。 この脇より下山しました。

posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 19-奈良散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

奈良散歩20190511_奈良大和四寺巡礼シリーズ(2)長谷寺:長谷寺・五重塔

今年19回目の近鉄ハイキングへの参加記録。
近鉄万歩ハイキング「奈良大和四寺巡礼シリーズ(2)長谷寺」
桜井駅より長谷寺目指して国道165号を歩いて約8Km、長谷寺を巡ります。

P5111753
P5111753 posted by (C)fronte360

舞台から見ると遠くに見えましたが、意外と五重塔は近いのですね。

P5111754
P5111754 posted by (C)fronte360

五重塔
昭和二十九年、戦後日本に初めて建てられた五重塔で、「昭和の名塔」と呼ばれている。純和様式の整った形の塔で、塔身の丹色と相輪の金色、軽快な檜皮葺屋根の褐色は、背景とよく調和し、光彩を放っている。
(長谷寺パンフレットより)

P5111755
P5111755 posted by (C)fronte360

P5111756
P5111756 posted by (C)fronte360

五重塔と開山堂の間にあるのが本長谷寺

P5111757
P5111757 posted by (C)fronte360

本長谷寺(もとはせでら)
天武天皇の勅願により、道明上人がここに精舎を造営したことから、本長谷寺と呼ばれている。朱雀元年(686)、道明上人は天武天皇の御病気平癒のため「銅板法華説相図(千仏多宝仏塔)」を鋳造し、本尊としてお祀りされた。
(長谷寺パンフレットより)

P5111758
P5111758 posted by (C)fronte360

扉の隙間より中を見させていただきました。

P5111759
P5111759 posted by (C)fronte360

本物はさっき宗宝蔵でみましたね。

P5111767
P5111767 posted by (C)fronte360

本長谷寺の後ろの小高い丘の上に一切経堂があるので、登ってみました。

P5111760
P5111760 posted by (C)fronte360

P5111762
P5111762 posted by (C)fronte360

五重塔は木々に隠れてますが・・・

P5111761
P5111761 posted by (C)fronte360

水煙

P5111763
P5111763 posted by (C)fronte360

さあて下りて次に向かいましょう。

P5111765
P5111765 posted by (C)fronte360


posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 19-奈良散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする