最近の記事

2018年08月15日

高知散歩20180722_あかおか絵金まつり・勢州阿漕浦 平次住家

今年も「絵金まつり」に行ってきました。
4年連続ですが、いつ見ても惹き込まれるものがあります。

勢州阿漕浦 平次住家(せいしゅうあこぎがうら へいじすみか)

P7221848
P7221848 posted by (C)fronte360

 父の死後、平次は母と春姫(坂上田村麿の娘)を伴い、阿漕浦(現、三重県津市)に隠
れ住み、漁師として暮らしている。
 ある時庄屋の彦作が禁漁の浜で漁をした者の詮議に訪れる。「平治」と記した笠が現場に落ちていたため平次に疑いがかけられるが、彼は知らぬふりをして追い返す。しかしその様子を不審に思った春姫に問いただされ、母の難病を救いたい一心から、病に効くという戴帽魚(やがら)を捕りに禁漁の浜に網をかけたことを話す。
 そこへ平瓦治郎蔵と名乗る者が現れ、昨夜平次の網にかかった宝剣を奪おうとする。争いの末、平次は自分の正体とこれまでのいきさつを治郎蔵に告げる。治郎蔵は驚き、自分が実は平次の父の側近中川宇内であること、また養子に遣わされた神祇の太夫久方のもとより三種の神宝が奪われ、その神宝のうち海に沈んだ宝剣を取り戻して養父の難儀を救おうとしていたことを話す。この会話を聞いた平次の母はこれ以上生き長らえては息子たちに迷惑がかかると自刃する。
 やがて、平次を捕えに代官たちがやってくるが、平瓦治郎蔵が証拠の笠に書かれた「平治」とは自分のことと言い、その身代わりとなって捕えられ、平次は救われる。

絵金蔵「蔵通信」より https://www.ekingura.com/upimage/13457049240.pdf
posted by fronte360 at 08:45| Comment(0) | 18-高知散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月10日

高知散歩20180722_あかおか絵金まつり・絵金歌舞伎

赤岡町の「絵金まつり」のために高知に行きましたが、
伊尾木洞や夜須のヤシィパークに寄り道して17時にあかおか駅に到着。
しばし街中を散策し、食物と飲み物を調達して弁天座に戻ってきました。

P7221816
P7221816 posted by (C)fronte360

ここで町民が演じる「土佐絵金歌舞伎」を初めて観ました。
演目は「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ) 御殿(ごてん)の場」

P7221830
P7221830 posted by (C)fronte360

以前、見ようとしたら満員で入れなかったけど、日曜だからでしょうか、
ちょっと余裕ありますね・・・花道の一番前、かぶりつきの席を確保。

P7221831
P7221831 posted by (C)fronte360

板張りの上に座布団が置いてあるんですね。
桟敷席は板張りの上に座椅子が置いてあります。 座席後方はイス席でした。

P7221832
P7221832 posted by (C)fronte360

さてお芝居は、太夫が太棹の三味線でもって語る浄瑠璃。
写真に映ってない手前の舞台袖で太鼓や鐘などの下座音楽も入って本格的。

P7221833
P7221833 posted by (C)fronte360

お芝居と下座は町民が担っています。

P7221835
P7221835 posted by (C)fronte360

P7221836
P7221836 posted by (C)fronte360

ストーリーは伊達家のお家騒動で、絵金屏風にも描かれた場面、
だから絵金歌舞伎なのですね。

P7221840
P7221840 posted by (C)fronte360

P7221842
P7221842 posted by (C)fronte360

女形がたくさん出て華やかな舞台ですが、物語はちょっと陰惨・・・

P7221845
P7221845 posted by (C)fronte360

でもたっぷりと楽しませていただきました。
次の演目「義経千本桜 道行の段」も見たかったけれど、
これを見ていたら帰れなくなりそうなので、絵金屏風を見に外に出ました。



posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 18-高知散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月09日

高知散歩20180722_あかおか到着

赤岡町の「絵金まつり」のために高知に行きましたが、
伊尾木洞や夜須のヤシィパークに寄り道して17時にあかおか駅に到着。

P7221815
P7221815 posted by (C)fronte360

冬の夏祭り、どろめ祭り、と半年間に3回もあかおかにやってきました。
さっそく街中に入って散策開始

P7221820
P7221820 posted by (C)fronte360

昭和レトロな町にも国際化が浸食してきているようです。

P7221819
P7221819 posted by (C)fronte360

「おっこう屋」いつもながら雰囲気出してますけれど、今年は・・・

P7221823
P7221823 posted by (C)fronte360

スニーカーを履いた坂本龍馬も登場です!!
子ども相手に大人気でした。

P7221821
P7221821 posted by (C)fronte360

いつもどおり(これが楽しみ)絵金藏前での地元・豊能梅のふるまい酒。
普通は小さな紙コップのお酒が無料でふるまわれますけれど、
300円払って升を購入すると、升になみなみと注いでいただけたうえに、
空の升を出すと何杯でもお代わり自由(飲み放題)、このシステムにも乾杯っ!

P7221817
P7221817 posted by (C)fronte360

絵金藏の向かい側に弁天座。
昨年は絵金屏風を保存している絵金藏に入りましたが、今年は弁天座に挑戦。
・・・ですが、もうちょっと街中を探索してから2回目の公演を目指します。

P7221825
P7221825 posted by (C)fronte360

P7221828
P7221828 posted by (C)fronte360

昭和レトロな町並みを抜けました。

P7221829
P7221829 posted by (C)fronte360

人がいっぱいですが、日曜日の方が人がまだ少ないかな、土曜日よりは。
それに何より落ち着いた雰囲気があるようです。


posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 18-高知散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月08日

高知散歩20180722_夜須・ヤシィパーク

赤岡町の「絵金まつり」のために高知に行きましたが、
その前に安芸駅より更に一つ先、伊尾木駅まで行って伊尾木洞に入りましたが、
戻りはあかおか駅の2つ手前に夜須(やす)駅でまたまた途中下車。

P7221802
P7221802 posted by (C)fronte360

夜須の駅前、ヤシの木を植えて雰囲気を盛り上げてます。
この駅のキャラクターは「やすにんぎょちゃん」

P7221803
P7221803 posted by (C)fronte360

高知では意外と数少ない海水浴場「ヤシィパーク」があります。
芝生が植えられた海岸の建物は脱衣場の施設みたい。

P7221808
P7221808 posted by (C)fronte360

左側のは津波避難タワー。 高知の海岸線ではおなじみの施設ですが、
ここのはちょっとおしゃれに塗られてます。

P7221809
P7221809 posted by (C)fronte360

さっき、伊尾木の海岸で見たような高い波はここにはありません。
だから海水浴場なんでしょうけど。

P7221806
P7221806 posted by (C)fronte360

初めて来ましたけど、なかなか良さそうな所。

P7221810
P7221810 posted by (C)fronte360

泳ぐのは今度にして、17時、そろそろ店じまいの時間なのでショップ巡り。

P7221805
P7221805 posted by (C)fronte360

ここはお土産物やさんみたい。 この奥、左となりに「道の駅やす」

P7221811
P7221811 posted by (C)fronte360

池澤本店がプロデュースした魚屋&レストラン「助八」とか
カフェレストラン『mana*mana』などもあるようですが・・・

P7221812
P7221812 posted by (C)fronte360

時間が遅く物販コーナーを探査して退散しました。
こんどゆっくり来ましょう。 よさげな所なので・・・

posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 18-高知散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月07日

知散歩20180722_伊尾木の海岸

赤岡町の「絵金まつり」のために高知に行きましたが、
その前に安芸駅より更に一つ先、伊尾木駅まで行き、伊尾木洞に入りましたが、
駅に戻ってみると、すでに列車は出たあと・・・

P7221787
P7221787 posted by (C)fronte360

駅でぼぉーと待つのもナニなんで、海岸へ出てみました。 徒歩5分かな。

P7221788
P7221788 posted by (C)fronte360

防波堤に上がって周囲を見渡すと・・・ 気分爽快ですね。

P7221789
P7221789 posted by (C)fronte360

心地よい風も渡ってゆきます。

P7221790
P7221790 posted by (C)fronte360

防波堤の内側はこんな感じの落ち着いた町です。

P7221792
P7221792 posted by (C)fronte360

風は心地よいけど、海はちょっと波が高いかな。

P7221800
P7221800 posted by (C)fronte360

ときおり、どヴァ〜んんと波消しブロックにぶち当たるの見てました。
こんなにのんびりと海を眺めたのは久しぶり。

P7221795
P7221795 posted by (C)fronte360

反対側の列車が通りすぎていったので、駅に戻りました。

P7221801
P7221801 posted by (C)fronte360

伊尾木って、伊尾木洞と寅さん地蔵しかない町っていう印象ですが、
確かにそうなんですけど、落ち着いたいい町でしたね。




posted by fronte360 at 05:04| Comment(0) | 18-高知散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月06日

高知散歩20180722_伊尾木洞を出ると

赤岡町の「絵金まつり」のために高知に行きましたが、
その前に安芸駅より更に一つ先、伊尾木駅まで行き、伊尾木洞に入りました。
そこで止せばいいのに、公園広場に向かって歩きましたが、疲れただけ・・・
用水路のところまで引き返して、駅に戻ることにしました。

P7221770
P7221770 posted by (C)fronte360

すると、そこには豊かな田園風景。
きっとあの用水路の水がこの村を潤しているのでしょうね。

P7221775
P7221775 posted by (C)fronte360

日本の原風景みたいな村なのに、何故か欧米調ですね。

P7221776
P7221776 posted by (C)fronte360

こおいうのが、いたるところにあったりします。

P7221777
P7221777 posted by (C)fronte360

P7221778
P7221778 posted by (C)fronte360

そして遠くには太平洋を見ろしていたりもして・・・

P7221779
P7221779 posted by (C)fronte360

P7221780
P7221780 posted by (C)fronte360

豊かな田園風景が、疲れた身体をいやしてくれましたっ!

P7221781
P7221781 posted by (C)fronte360

豊かな田園風景をあとにして

P7221782
P7221782 posted by (C)fronte360

公民館への坂を下りると(この田園は地殻変動で隆起した台地の上にあります)

P7221783
P7221783 posted by (C)fronte360

寅さん地蔵。 公民館の裏にあるのですね。

P7221784
P7221784 posted by (C)fronte360

P7221785
P7221785 posted by (C)fronte360

説明板によると、平成8年建立だそうですね。

P7221786
P7221786 posted by (C)fronte360


posted by fronte360 at 05:16| Comment(0) | 18-高知散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月03日

高知散歩20180722_伊尾木洞を更に歩く

赤岡町の「絵金まつり」のために高知に行きましたが、
その前に安芸駅より更に一つ先、伊尾木駅まで行き、伊尾木洞に入りました。

P7221765
P7221765 posted by (C)fronte360

滝につきました。 普通はここで引き返すの良いと思いますが・・・
この時はもう「川口浩探検隊」気分ですから「⇒」のマークのある滝横の崖、
ここをせっせと上りだしています。 汗だくだくで・・・

P7221766
P7221766 posted by (C)fronte360

時おり滝を側面から眺めては、上へ、上へと登ります。

P7221768
P7221768 posted by (C)fronte360

かなり上にやってきました。

P7221769
P7221769 posted by (C)fronte360

そして上り詰めると・・・用水路。

P7221770
P7221770 posted by (C)fronte360

ここの水が落ちて、滝となっていたのですね。 な〜んだ、状態。

P7221771
P7221771 posted by (C)fronte360

ここから左に行くと公民館(帰路)ですが、右に行くと公園広場。
「川口浩探検隊」ですから右に行ったのですが、1,100m ですって・・・

P7221772
P7221772 posted by (C)fronte360

分岐点では草にかくれて距離が見えなかった!!
半分ほど行きましたが、工事現場が出てきたので、さすがに探検隊はお終い!

P7221774
P7221774 posted by (C)fronte360

P7221773
P7221773 posted by (C)fronte360

とっとと引き返しました。 疲れたぁ・・・


posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 18-高知散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月02日

高知散歩20180722_伊尾木洞を歩く

赤岡町の「絵金まつり」のために高知に行きましたが、
その前に安芸駅より更に一つ先、伊尾木駅まで行き、伊尾木洞に入りました。

P7221755
P7221755 posted by (C)fronte360

足元で跳ねたのでよく見たらカエルでした。
ヘアピンカーブのようなところを曲がって更にすすむと橋がありました。

P7221758
P7221758 posted by (C)fronte360

P7221759
P7221759 posted by (C)fronte360

ここが滝までの中間地点みたい。 橋の上から見ると怖くないけど
橋を渡り、向こう岸し、数m歩くと急斜面を降りることになります。

P7221760
P7221760 posted by (C)fronte360

高さはしれてるけど、念のためロープを持って降りました。
そしてしばらく歩くと、倒木の向こう

P7221761
P7221761 posted by (C)fronte360

滝ですね、小さ目の滝ですけれど。

P7221762
P7221762 posted by (C)fronte360

アンドレイ・タルコフスキーの世界みたい。

P7221763
P7221763 posted by (C)fronte360

P7221764
P7221764 posted by (C)fronte360

posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 18-高知散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月31日

高知散歩20180722_伊尾木洞

赤岡町の「絵金まつり」のために高知に行きましたが、
その前に安芸駅より更に一つ先、伊尾木駅まで行き、伊尾木洞に入りました。

P7221744
P7221744 posted by (C)fronte360

入口の説明板には以下のように書かれています。

伊尾木洞
シダの生い茂るこの天然の洞窟は、水成岩が渓谷から流れ出た水の浸食によってできたもの。
高さは約5m、幅約3mの広さ。延長は100mにも及びます。
足元を浸すほどの谷水が流れる薄暗い洞内を進むと、急に空が開け、見えるのは木漏れ日の山の緑。
年間を通して20度ほどのひんやりとした空気がたちこめ、幻想的な世界に引き込まれる。

P7221745
P7221745 posted by (C)fronte360

中に入ると天井が高くなってます。
洞内の足元は整備されているので、危険な感じはしません。

P7221746
P7221746 posted by (C)fronte360

100mほど進むと光が射してきて、外に出ました。
安物カメラなので白っぽく映ってますけど、まさに別世界。

P7221747
P7221747 posted by (C)fronte360

P7221749
P7221749 posted by (C)fronte360

先へと歩みを進めます。
足元には小川が流れているので、公民館で借りた長靴が大活躍。

P7221750
P7221750 posted by (C)fronte360

P7221751
P7221751 posted by (C)fronte360

多数のシダが群生していて、国の天然記念物に指定されています。

P7221752
P7221752 posted by (C)fronte360

こんな所に来ると、ゆっくりとヒーリングすれば良いのでしょうが、
小学生の頃に見ていた「川口浩探検隊」、せっせと歩いて奥地を目指して歩き、
いつのまにやら汗まみれですわ (>_<)



posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 18-高知散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月30日

高知散歩20180722_伊尾木洞へ

赤岡町の「絵金まつり」のために高知に行きましたが、
その前に安芸駅より更に一つ先、伊尾木駅まで行き、伊尾木洞に入りました。

P7221731
P7221731 posted by (C)fronte360

伊尾木まではタイガース列車、昼の2時すぎ、降り立ったのは当方のみ。

P7221732
P7221732 posted by (C)fronte360

いおきトラ男がお出迎え

P7221733
P7221733 posted by (C)fronte360

駅前には伊尾木洞への行き方と、
途中の公民館で無料の長靴レンタルがある旨が書かれてあるので迷いません。

P7221736
P7221736 posted by (C)fronte360

ほんの数分で国道に出て、左側の建物が公民館。

P7221737
P7221737 posted by (C)fronte360

車で来られた方は、ここで駐車すると良いようです。
道路の向かい側にあった何かのショップの駐車場も使えるようでした。

P7221738
P7221738 posted by (C)fronte360

長靴無料レンタル。 ちゃんと消毒済のプレートも付いてますね。
使用後は右下にあるコンテナに入れるように、とのこと。
自分の靴は置けないので(皆さん車で来るのでしょうね)スーパーの袋に入れ、
リュックの中にしまいました。

P7221740
P7221740 posted by (C)fronte360

国道沿いをちょっと歩いて駐在所の角、用水路ぞいに50mほど歩きます。

P7221741
P7221741 posted by (C)fronte360

伊尾木洞がいきなり現れます。
こんな国道に近いところに洞窟があるなんて・・・とった感じ。

P7221742
P7221742 posted by (C)fronte360

イケダハヤトさんが行かれた時とは違って、案内板も整備されました。

P7221743
P7221743 posted by (C)fronte360

中に入ってみましょう。

P7221744
P7221744 posted by (C)fronte360

posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 18-高知散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする