2020年01月17日

龍野遊歩20200105_寅さん

青春18きっぷが1回分残っていたので、たつの市に行ってきました。
三木露風の「赤とんぼ」より「赤とんぼの里」とか「童謡の里」ですね。
今回、ここの赤とんぼ文化ホールで、西播磨交響楽団の演奏会もあります。
その前、龍野の散策ですが、そろそろ開場時間、ホールへと向かいます。

P1051473
P1051473 posted by (C)fronte360

中央公民館、この中央公民館前の道路、
フーテンの寅さんたちがタクシーで市役所に乗りつける場面で出たそうです。

P1051475
P1051475 posted by (C)fronte360

ここより龍野大橋へと向かいましたが、手前で右折して新龍野大橋を目指し
下川原商店街から続く道を急ぎました。

P1051476
P1051476 posted by (C)fronte360

コンクリートの側溝のフタにも赤トンボのマークがついてますよ。

P1051478
P1051478 posted by (C)fronte360

いったん、揖保川沿いの国道179号に出てみました。
ここは「畳堤(たたみてい)」と呼ばれるところだそうです。

P1051480
P1051480 posted by (C)fronte360

畳堤(たたみてい)
既存の堤防の上に近隣住民の住居の畳をならべて堤防の嵩上げを行うものである。設置訓練など、日頃から地域住民間の協力や意思疎通が不可欠なため、適用できる場所は限られている。
構造
畳堤の差込口を上から見たところ
堤防の上部は欄干状になっており畳を立てかけるられる構造となっている。川の増水時には畳をはめ込み洪水を抑える。
たつの市の畳堤
当初は、コンクリートの堤防を嵩上げする計画があったが、地域住民より景観上の問題提起があり、調整を行った結果、畳堤の採用を行った経緯がある。関西自然に親しむ風景100選にも選ばれている。
(Wikipedia「畳堤」より)

P1051482
P1051482 posted by (C)fronte360

ここよりまた元の裏道に戻りますと・・・崩れそうな工場が・・・

P1051485
P1051485 posted by (C)fronte360

ヒガシマル第2工場だそうです。
フーテンの寅さんでは、ここで志乃(岡田嘉子)が青観(宇野重吉)に
別れを告げるシーンに使われたそうです。

P1051486
P1051486 posted by (C)fronte360

P1051488
P1051488 posted by (C)fronte360


posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 18〜20-散歩(全般) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

龍野遊歩20200105_うすくち龍野醤油資料館

青春18きっぷが1回分残っていたので、たつの市に行ってきました。
三木露風の「赤とんぼ」より「赤とんぼの里」とか「童謡の里」ですね。
今回、ここの赤とんぼ文化ホールで、西播磨交響楽団の演奏会もあります。
その前、龍野の散策をすることにしました。 野見宿禰神社より降り・・・

P1051458
P1051458 posted by (C)fronte360

赤とんぼホールを目指します。 と、足元のマンホールも赤とんぼ!

P1051459
P1051459 posted by (C)fronte360

ヒガシマルが出てきました。

P1051460
P1051460 posted by (C)fronte360

これを見ると、薄い黄色のラベルが浮かぶほど馴染んでますね。

P1051462
P1051462 posted by (C)fronte360

うすくち龍野醤油資料館

P1051464
P1051464 posted by (C)fronte360

残念ながら、1月5日はまだお休みだったので、見学できません。

P1051465
P1051465 posted by (C)fronte360

うすくち龍野醤油資料館(うすくちたつのしょうゆしりょうかん)
兵庫県たつの市にある博物館。世界初の醤油の博物館として1979年に開館した。
本館は江戸時代から戦前までの、醤油作りに使われた道具類を展示して、当時の醤油造りの作業工程を紹介する。別館は、安土桃山時代に醤油造りが始まり、江戸時代初期に創案されたうすくち醤油によって栄えた龍野醤油の歴史を紹介する。別館の2階はギャラリーになっており、日本画家・山下摩起の作品を常設展示している。
博物館の建物は、本館が菊一醤油本社社屋として建てられた後ヒガシマル醤油の先代本社として使用され、徒歩2分の場所にある別館は先々代ヒガシマル醤油本社として使用された後に龍野醤油協同組合本館として使用されていたという歴史を持つ近代建築である。
(Wikipedia「うすくち龍野醤油資料館」より)

P1051466
P1051466 posted by (C)fronte360

P1051467
P1051467 posted by (C)fronte360

P1051470
P1051470 posted by (C)fronte360

煉瓦の煙突が魅力的ですね。

P1051471
P1051471 posted by (C)fronte360




posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 18〜20-散歩(全般) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月15日

龍野遊歩20200105_野見宿禰神社(その2)

青春18きっぷが1回分残っていたので、たつの市に行ってきました。
三木露風の「赤とんぼ」より「赤とんぼの里」とか「童謡の里」ですね。
今回、ここの赤とんぼ文化ホールで、西播磨交響楽団の演奏会もあります。
その前、龍野の散策をすることにしました。 野見宿禰神社。

P1051446
P1051446 posted by (C)fronte360

明治大正時代の力士84名および行司が寄進した玉垣で囲まれています。

P1051447
P1051447 posted by (C)fronte360

さっき行ってきた龍野城も眼下に見下ろせ・・・ということは・・・

P1051448
P1051448 posted by (C)fronte360

ヒガシマル醤油の工場も見えます。

P1051449
P1051449 posted by (C)fronte360

名残惜しいですが、演奏会の時間がありますので、降りることにします。

P1051451
P1051451 posted by (C)fronte360

ずいぶん降りたところに、芸妓の玉垣もありました。

P1051452
P1051452 posted by (C)fronte360

解り難いですが、横山さんの隣は、大和屋で、登代、友、〇鶴、富〇 ・・・

P1051453
P1051453 posted by (C)fronte360

反対側は、壽み、種吉、君〇〇

P1051454
P1051454 posted by (C)fronte360

友鶴、富菊、菊〇、登代香 ですね

P1051455
P1051455 posted by (C)fronte360

この先は広場になっていて、国旗が掲げられ、眺望も楽しめるようですが

P1051456
P1051456 posted by (C)fronte360

さっそく下山。 砂防ダムもこうして見るといい感じに見えますね。

P1051457
P1051457 posted by (C)fronte360



posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 18〜20-散歩(全般) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月14日

龍野遊歩20200105_野見宿禰神社

青春18きっぷが1回分残っていたので、たつの市に行ってきました。
三木露風の「赤とんぼ」より「赤とんぼの里」とか「童謡の里」ですね。
今回、ここの赤とんぼ文化ホールで、西播磨交響楽団の演奏会もあります。
その前、龍野の散策をすることにしました。 龍野神社を出て戻りました。

P1051434
P1051434 posted by (C)fronte360

文学の小径を引き返し、三木露風の像の手前、市民グランドの脇

P1051435
P1051435 posted by (C)fronte360

落葉を踏み締めて登ってゆきますと、コンクリートの階段になって

P1051436
P1051436 posted by (C)fronte360

砂防ダムがありましたが、これをかわすように更に登ります。

P1051437
P1051437 posted by (C)fronte360

会社では14階まで階段を上り下りしているので、なんのこれしき・・・

P1051438
P1051438 posted by (C)fronte360

ようやっと、この上が開けているようです。 到着かな・・・

P1051439
P1051439 posted by (C)fronte360

と思ったら、さらに石段!! 頑張って上りますよ! なんのこれしき!

P1051441
P1051441 posted by (C)fronte360

到着! ここが角力の元祖といわれる野見宿禰が亡くなった所と比定された
野見宿禰神社です。

P1051445
P1051445 posted by (C)fronte360

野見宿禰神社
相撲の元祖であり、殉死の代わりに埴輪を考案したことで有名な野見宿禰は、大和の国から故郷の出雲へ帰る途中この地で病死しました。宿禰の死を悲しみ、出雲から多くの人が来て川からリレー式に石を運び墓を建てました。野に人が立ち並んだことから、「野に立つ人」「立野」と言い、いつしか「龍野」になったそうです。
(「たつの市ホームページ」より)

P1051444
P1051444 posted by (C)fronte360

そしてここから眺めは最高! 瀬戸内海の播磨灘が見えます!!
丘の上の建物は、国民宿舎の赤とんぼ荘

P1051443
P1051443 posted by (C)fronte360

こちらの川の向こうにはヒガシマル醤油の工場ですね。

P1051442
P1051442 posted by (C)fronte360

ここまで登ってきた甲斐ありました。


posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 18〜20-散歩(全般) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月10日

龍野遊歩20200105_聚遠亭、龍野神社

青春18きっぷが1回分残っていたので、たつの市に行ってきました。
三木露風の「赤とんぼ」より「赤とんぼの里」とか「童謡の里」ですね。
今回、ここの赤とんぼ文化ホールで、西播磨交響楽団の演奏会もあります。
その前、龍野の散策をすることにしました。 龍野城を出て散策を続けます。

P1051402
P1051402 posted by (C)fronte360

武家屋敷資料館がありました。 無料なので、ここを覗いてから、
市民グランドにむかって歩いてゆくと「赤とんぼの碑」

P1051403
P1051403 posted by (C)fronte360

P1051404
P1051404 posted by (C)fronte360

P1051405
P1051405 posted by (C)fronte360

この先には、三木露風の銅像がありました。 なんか寂しそう・・・

P1051406
P1051406 posted by (C)fronte360

P1051407
P1051407 posted by (C)fronte360

ここより「文学の小径」だそうで、歩いてゆきます。

P1051409
P1051409 posted by (C)fronte360

P1051410
P1051410 posted by (C)fronte360

俳句ですね、句碑。 もっとあるのかと思いましたが意外と少なかった。

P1051412
P1051412 posted by (C)fronte360

左に折れて、聚遠亭、龍野神社へと向かいます。

P1051415
P1051415 posted by (C)fronte360

P1051416
P1051416 posted by (C)fronte360

聚遠亭(しゅうえんてい)
聚遠亭は、前庭からの展望絶景をたたえて「聚遠亭」という名が付きました。
「茶室」は、安政年間(1854〜1859)龍野藩主脇坂安宅公が京都所司代の職にあって御所が炎上した際、その復興に功績があったので、孝明天皇から茶室を賜り、心字池上に浮堂として移築したものといい伝えられ、庭園、池、杉垣などと調和し、桃山時代の書院造を模した風雅な数寄屋風の建築物です。
(「たつの市ホームページ」より)

P1051413
P1051413 posted by (C)fronte360

P1051421
P1051421 posted by (C)fronte360

P1051428
P1051428 posted by (C)fronte360

P1051429
P1051429 posted by (C)fronte360

龍野神社(たつのじんじゃ)
兵庫県たつの市の鶏籠山南西麓にある神社。旧社格は、郷社。江戸時代後期から明治時代初期に流行した藩祖を祀った神社のひとつ。
文久2年(1862年)に龍野藩第9代藩主脇坂安宅が、江戸汐留藩邸より賤ヶ岳の七本槍に数えられる龍野藩脇坂家初代の脇坂安治を祭神とする脇坂家の廟として脇坂家上屋敷(現・聚遠亭)の東隣に移転建立した祖霊社である。1875年(明治8年)9月、郷社に列格した。
(Wikipedia「龍野神社」より)


posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 18〜20-散歩(全般) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月09日

龍野遊歩20200105_龍野城

青春18きっぷが1回分残っていたので、たつの市に行ってきました。
三木露風の「赤とんぼ」より「赤とんぼの里」とか「童謡の里」ですね。
今回、ここの赤とんぼ文化ホールで、西播磨交響楽団の演奏会もあります。
その前、龍野の散策をすることにしました。 龍野城へとやってきました。

P1051391
P1051391 posted by (C)fronte360

ここのお城、天守閣ではなく、本丸御殿なのですね。

P1051392
P1051392 posted by (C)fronte360

江戸時代、信州飯田より転封された脇坂安政が築城しましたが、
外様であったため幕府に遠慮して天守閣は築かなかったそうですね。

P1051396
P1051396 posted by (C)fronte360

龍野城からの眺め

P1051394
P1051394 posted by (C)fronte360

ちゃんとヒガシマルの工場が見えますよ。

P1051395
P1051395 posted by (C)fronte360

龍野城については、以下の写真をクリックすると大きくして
読むことができますよ。

P1051393
P1051393 posted by (C)fronte360

昭和54年の再建だそうです。

P1051397
P1051397 posted by (C)fronte360

城内にある「龍野歴史文化資料館」入館料200円払って入ってお勉強。

P1051399
P1051399 posted by (C)fronte360

浅野匠頭のいわゆる赤穂騒動の時、脇坂淡路守が赤穂城明け渡しに行き、
しばらく赤穂城の藩主も兼ねていたことを、思い出しました。

P1051401
P1051401 posted by (C)fronte360


posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 18〜20-散歩(全般) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月08日

龍野遊歩20200105_龍野城へ

青春18きっぷが1回分残っていたので、たつの市に行ってきました。
三木露風の「赤とんぼ」より「赤とんぼの里」とか「童謡の里」ですね。
今回、ここの赤とんぼ文化ホールで、西播磨交響楽団の演奏会もあります。
その前、龍野の散策をすることにしました。 揖保川を渡って市街地へ。

P1051379
P1051379 posted by (C)fronte360

橋を渡り切った先、こんな建物が角に立ってました。 「庫金用信路姫」。
レトロな風情のあるこの角より、下川原商店街を歩きました。

P1051380
P1051380 posted by (C)fronte360

正月明け早々のせいかお店はほとんど閉まってました。 残念。

P1051381
P1051381 posted by (C)fronte360

播磨の小京都ですか・・・

P1051382
P1051382 posted by (C)fronte360

ここは消防団のようです。

P1051383
P1051383 posted by (C)fronte360

レトロ・モダンな建物ですね。
「うすくち龍野醤油資料館・別館」

P1051385
P1051385 posted by (C)fronte360

ここより坂を登ってゆき、龍野城を目指しました。

P1051387
P1051387 posted by (C)fronte360

三木露風の生家、ここも見学できるようですが、まずはお城へ。

P1051388
P1051388 posted by (C)fronte360

P1051390
P1051390 posted by (C)fronte360

門をくぐります。

P1051391
P1051391 posted by (C)fronte360


posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 18〜20-散歩(全般) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月07日

龍野遊歩20200105_揖保川を渡る

青春18きっぷが1回分残っていたので、たつの市に行ってきました。
三木露風の「赤とんぼ」より「赤とんぼの里」とか「童謡の里」ですね。
今回、ここの赤とんぼ文化ホールで、西播磨交響楽団の演奏会もあります。
その前、龍野の散策をすることにしました。 本竜野駅よりスタート。

P1051371
P1051371 posted by (C)fronte360

駅前にも「童謡赤とんぼのふる里」の銅像がありました。

P1051370
P1051370 posted by (C)fronte360

駅前の道を直進し、揖保川を渡って市街地を目指します。

P1051372
P1051372 posted by (C)fronte360

広い通り、旧国鉄の駅は街はずれにありますものね。 直進です。

P1051373
P1051373 posted by (C)fronte360

揖保乃糸、揖保川、そうめんも特産でしたね。

P1051374
P1051374 posted by (C)fronte360

P1051375
P1051375 posted by (C)fronte360

その揖保川、龍野橋東詰より鶏籠山を望みます。
「寅さん」では、桜井センリ扮する市の観光課長が
「ここからの鶏籠山が一番美しい」と言っていました。

P1051376
P1051376 posted by (C)fronte360

龍野橋を渡って市街地に向かいますが、ふりかえるとヒガシマルの工場。

P1051378
P1051378 posted by (C)fronte360

龍野といえば、醤油、醤油といえば関西ではヒガシマルの淡口しょうゆ。
淡口と書いて「うすくち」です。


posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 18〜20-散歩(全般) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月06日

龍野遊歩20200105_スタート

青春18きっぷが1回分残っていたので、たつの市に行ってきました。
三木露風の「赤とんぼ」より「赤とんぼの里」とか「童謡の里」ですね。
今回、ここの赤とんぼ文化ホールで、西播磨交響楽団の演奏会もあります。
その前、龍野の散策をすることにしました。

P1051361
P1051361 posted by (C)fronte360

P1051362
P1051362 posted by (C)fronte360

新快速で姫路、姫路城をホームより見て、姫新線に乗り換えます。

P1051363
P1051363 posted by (C)fronte360

ひえぇ〜、こんな新型の列車が走っているのですね。
手前には、100系の播但線。

P1051360
P1051360 posted by (C)fronte360

姫新線は非電化なので新型なのでしょうね。 こんなマークも付いてました。

P1051364
P1051364 posted by (C)fronte360

赤とんぼと、うねる線は、揖保川でしょうね。 きっと・・・

P1051365
P1051365 posted by (C)fronte360

本竜野駅に到着! 赤とんぼの銅像がお迎えです。

P1051367
P1051367 posted by (C)fronte360

単線、行き違い列車とともに去ってゆきます。

P1051368
P1051368 posted by (C)fronte360

駅にはこんな幕もありました。 太地喜和子がマドンナでしたね。
宇野重吉が日本画の偉い先生で、龍野市の観光課に桜井センリ、寺尾聰。

P1051369
P1051369 posted by (C)fronte360

さぁ、出発です。



posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 18〜20-散歩(全般) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

和歌山散歩20180908_岡公園のSLと路面電車

青春18きっぷの残りが1つあったので和歌山に行ってきました。
道成寺を拝観したあと、和歌山駅に戻って和歌山城を通り抜けて
和歌山県立近代美術館と博物館を鑑賞。 満足しました。 これより帰路。

P9082144
P9082144 posted by (C)fronte360

岡口門と和歌山城天守閣を望む位置に「旧大村家住宅長屋門」

P9082146
P9082146 posted by (C)fronte360

ですが、この脇の岡公園にSLが静態保存されているのを発見。

P9082148
P9082148 posted by (C)fronte360

C57−119
紀勢線独特の右側につけた準急「くまの」ヘッドマークが付いてます。

P9082151
P9082151 posted by (C)fronte360

P9082152
P9082152 posted by (C)fronte360

そしてもう一つ、南海電鉄和歌山軌道線 モハ321

P9082156
P9082156 posted by (C)fronte360

P9082153
P9082153 posted by (C)fronte360

和歌山軌道線車両の特徴、オデコの2つ目ヘッドライト

P9082155
P9082155 posted by (C)fronte360

昭和38年(1963年)製造で昭和46年(1971年)廃止、
わずか9年間しか走らなかった電車というのも寂しいな。

P9082157
P9082157 posted by (C)fronte360

P9082158
P9082158 posted by (C)fronte360

P9082161
P9082161 posted by (C)fronte360

色も塗りなおされて、状態良いのが救いですね。


posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 18〜20-散歩(全般) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする