2017年06月24日

ウェラー弦楽四重奏団、ベートーヴェン/弦楽四重奏曲第10,11番

長くそして怒涛のようだった1週間を終えてようやく迎えた休日。

色々な会社行事が並行して進行中なのに監査や棚卸も加わっておりました。
監査と棚卸、体力測定なんていう行事を終えた昨日は余裕も出るはずでしたが、
ランサムウェアの緊急対応、関係ないけど本社筋より個人的になんとかせいと
ケツを叩かれて事務所内を走るはめに…、疲れ切った1週間でした。

そんなことより酒量も増えて気怠い朝、本日は昼から大和郡山にヤボ用もあり、
先週行った演奏会感想文を書こうと思いつつも、まずは命の洗濯をせねばと…
2013年の年末に高知で捕獲した「ウィーンの室内楽・名盤1300」より
ベートーヴェンの弦楽四重奏曲

P6246871
P6246871 posted by (C)fronte360

ベートーヴェン/弦楽四重奏曲第10番 変ホ長調 Op.74「ハープ」
ベートーヴェン/弦楽四重奏曲第11番 ヘ短調 Op.95「厳粛」
  ウェラー弦楽四重奏団
    ワルター・ウェラー(vn)、アルフレード・シュタール(vn)
    ヘルムート・ヴァイス(va)、ルートヴィヒ・バインル(va)

第1楽章でのピチカートがハープのアルペジオを連想させる「ハープ」
原譜に「まじめな四重奏団、1810年10月ズメスカルに捧ぐ」と書かれた事より
「厳粛(セリオーソ)」という呼び名を持つ2曲。

16曲あるベートーヴェンの弦楽四重奏曲の中央に位置する2曲であって、
壮年ベートーヴェンの旺盛な創作意欲と情熱が注ぎ込まれています。

このところ通勤時間にモーツァルトの後期弦楽四重奏曲を繰返し聴いていて
弦楽四重奏というフォーマットが最近のお気に入りとなってきました。
といってもまだ古典派止まりですけれど。

CDではズズケ・カルテット(ベルリン弦楽四重奏団)で聴いていますが、
ウェラー・カルテットはウィーンフィルのメンバーであるので、
しっとりとした梅雨時期には似合っているかもしれませんね。


posted by fronte360 at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 17-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

マリナー、J.S.バッハ/ブランデンブルグ協奏曲(サーストン・ダート版)

今朝もまた初夏の日差しですが、清々しい朝の空気はまだひんやりとして、
とても過ごしやすい朝を迎えました。

先週聴いたイ・ムジチ盤によるブランデンブルグ協奏曲
「小難しいことを考えさせる古楽器演奏とは別次元の音楽を聴く愉しさ」
と書きましたが、今回は「小難しい」盤を取り出して、また楽しんでいます。

P5286796
P5286796 posted by (C)fronte360

J.S.バッハ/ブランデンブルグ協奏曲
  ネヴィル・マリナー指揮 アカデミー室内管弦楽団
   第1番:アラン・ラヴディ(vn)、
       フィリップ・レドガー(hpsi)、コーリン・ティルニー(hpsi)
   第2番:イオナ・ブラウン(vn)、デイヴィット・マンロウ(bf)、
       ニール・ブラック(ob)、バリー・タックウェル(hr)、
       サーストン・ダート(第1楽章)、レイモンド・レッパード(hpsi)
   第3番:イオナ・ブラウン(vn)、サーストン・ダート(hpsi)
   第4番:アラン・ラヴディ(vn)、
       デイヴィット・マンロウ(s-bf)、ジョン・ターナー(s-bf)
       サーストン・ダート(第1楽章)、レイモンド・レッパード(hpsi)
   第5番:イオナ・ブラウン(vn)、クロード・モントゥー(fl)、
       ジョージ・マルコム(hpsi)
   第6番:スティーヴン・シングルス(va)、マーガレット・メイジャー(va)、
       ロードリック・スキーピング(gamb)、ケネス・スキーピング(gamb)、
       ケネス・ヒース(vc)、コーリン・ティルニー(hpsi)

「オリジナル版による世界初録音」とジャケットに書かれているように、
音楽学者サーストン・ダートの研究成果をもとに1971年に録音されたものです。
ただし使われている楽器は古楽器ではなくモダン楽器で、今となっては過渡期、
中途半端な感じは拭えませんけれど、演奏と活き活きとして充実しています。

この当時のマリナー指揮アカデミーの演奏は、新譜が出るたびに注目されていて、
この盤も雑誌などで大きな話題に包まれていた記憶があります。
ちょうどクラシック音楽を聴き始めたころでした。
このレコードは後年、社会人になってから捕獲したものです。

御大・吉田秀和さんによる「きりがないほどの驚き、楽しみ、魅惑」や、
ネヴィル・マリナー(三浦淳史訳)「サーストン・ダートへの感謝」、
またエリック・スミス(栗原雪代訳)「ブランデンブルグ協奏曲」には
BBCでの放送のために準備されたサーストン・ダートのノートの抜粋が記され、
とても読み応えもあります。

通常言われているブランデンブルグ辺境伯のために書かれたものではなく、
ケーテンの宮廷で行われた演奏会のために書かれた曲の中から
辺境伯に献呈するために大幅に書き改められた。
それを元あった形での演奏に再現しよう、という試みが記されています。

さまざまな改変がされていますが、たとえば第2番はトランペットではなく
ホルンで演奏され、第5番のチェンバロのソロが極端に短かったりしますが、
演奏自体に活気と自信があるせいでしょうね、そんな違和感もなかったり
(鈍感なだけかもしれませんが)これはこれで考え込むことなく、
楽しめる演奏ですね。




posted by fronte360 at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 17-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

イ・ムジチ、J.S.バッハ/ブランデンブルグ協奏曲

各地で夏を思わせる気温となって、いよいよ夏本番か・・・
いえいえその前に、関西では過酷な「梅雨」が待ち構えておりますね。
いまは気温が上がっても湿度が低く、過ごしやすいのがありがたいな。

さて昨日は休日出勤で疲れて、家に帰ってからは飲み疲れて・・・
指を手術してから2週間以上禁酒していたのものどこ吹く風状態となり、
けだるい朝、良くないないぁ、と思いつつ、気分を高揚させるための音楽鑑賞。

P5216722
P5216722 posted by (C)fronte360

J.S.バッハ/ブランデンブルグ協奏曲
  イ・ムジチ合奏団
   フェリックス・アーヨ(vn)、エリック・ペンツェル(hr)、
   ハインツ・ホリガー(ob)、セヴェリーノ・ガッツェローニ(fl)、
   フランス・ブリュッヘン(bf)、ジャネット・ヴァン・ウィンゲルテン(bf)、
   ゲルト・ハック(hr)、モーリス・ブルグ(ob)、ハンス・クル(ob)、
   カール・ワイス(fg)、モーリス・アンドレ(tp)、マクサンス・ラリュー(fl)、
   マリア・テレサ・ガラッティ(hpsi)、ヤノシュ・ショルツ(gamb)

1965年録音の旧盤、当時のそうそうたるメンバーを従えての録音ですが、
イ・ムジチらしい暖かく伸びやか、何の衒いも感じさせない演奏に和みます。
小難しいことを考えさせる古楽器演奏とは別次元の音楽を聴く愉しさ、
そんな愉しさが自然と湧きあがってくる演奏に時の流れを忘れます。

今日も暑くなりそうですね。
暑さがピークになるまえにちょっと散歩に出てみましょうかね。
外ではウグイスも囀っていますし、静かな休日、ゆったりと過ごしましょう。




posted by fronte360 at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 17-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

ビーチャム、グリーグ/「ペール・ギュント」の音楽

先日の奈良女オケでペールギュント第1組曲の好演を聴いたこともあって、
組曲以外の曲も聴きたくなったので、これを取り出して聴いています。
ノイマン指揮のと迷いましたけど、雰囲気がとてもいいですね。

P5146715
P5146715 posted by (C)fronte360

グリーグ/「ペール・ギュント」
 結婚行進曲、イングリッドの嘆き、山の魔王の殿堂にて、朝、オーゼの死、
 アラビアの踊り、ソルヴェイグの歌(*)、アニトラの踊り、
 ペールギュントの帰郷、子守歌(*)

  サー・トマス・ビーチャム指揮 ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
    ビーチャム合唱協会(合唱指揮:デニス・ヴォーン)
    イルゼ・ホルヴェイグ(S)

ここに選ばれた10曲は、劇の付随音楽として独唱や合唱の入った原曲を
基本的に劇の進行に従って並べられ、ビーチャムの考えによって、
鑑賞の起伏がつくように配慮された一部順序の入れ替えはありますが、
要領を得た配列ではないでしょうか。

ご存知のとおりビーチャムは大富豪、私財投げ打って創立したロイヤルフィルは、
英国内や世界から超一流の演奏者を集め、有名なホルン奏者デニス・ブレインも
首席で在席しておりました。

そんな条件もあるにせよ、ここで聴かせる詩情豊かで憧れを含みつつも壮麗で、
アマチュア音楽家の延長線にあるビーチャムの特質がよく出た演奏でしょう。
そしてイルゼ・ホルヴェイグのヴィブラートのかかった清楚なソルヴェイグの歌、
子守歌もこの盤の大きな魅力でしょう。 とても巧く聴かせてくれます。

しみじみと味わうならノイマン指揮、歌う演奏ならバルビローリ指揮かしら?
ともに組曲ではない10曲構成でしたね。 聴き比べしてみるかな。

posted by fronte360 at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 17-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

ウェルドン、グリーグ/北欧の抒情

GWの大半を病院で過ごし、残り1日となってしまいました。

季節は立夏をこえ、外は夏のようだと連日言われてきましたが、
病室はエアコンが効いて寒いくらいだったし、退院した昨日は曇って時おり雨。
清々しいGWなしに今年は終えるのかしら。

清々しい初夏らしい音楽でも、と取り出したのが、これ。

P5076713
P5076713 posted by (C)fronte360

グリーグ/「ホルベルク」組曲(ホルベアの時代から)op.40
グリーグ/2つの悲しき旋律 op.34
グリーグ/「ノルウェー舞曲」op.35 (*)
グリーグ/「抒情組曲」op.54 (*)

  ジョージ・ウェルドン指揮
      フィルハーモニア管弦楽団
      ロイヤルフィルハーモニー管弦楽団 (*)

カラヤンと同い年ながら60歳になる前に亡くなってしまったこともあるし、
芸風も外面的な効果を狙う指揮者でもなかったので知名度は高くないけれど、
このグリーグの演奏は知る人ぞ知る、といった隠れ名盤。
さわやかさの中に毅然とした美しさのある名演奏です。

「2つの悲しき旋律」は「ホルベルク」組曲同様、弦楽合奏曲ですが、
第2ヴァイオリンとヴィオラが2つに分けた弦楽7部の第1曲「胸のいたで」
更に第1ヴァイオリンとチェロも2つに分け9部とした第2曲「過ぎた春」
しみじみと心に滲み入ります。


posted by fronte360 at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 17-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

クーベリック、モーツァルト/交響曲第38番「プラハ」・第39番

本日は会社を休み、早春らしい清々しい風が吹くなか、病院に行ってきました。
もっと良いところに行くべきだったのでしょうが、手術をした左手の抜糸をし、
保護するための装具を着け、晴れて水仕事も出来る予定でした。
が、装具が間に合わず、左手は添え木代わりの半分に割ったギプスを包帯で巻き、
これでは水仕事はまたお預けです。

少々落胆しての帰宅のあと買い物も済ませました。
部屋に外の風を入れながらのんびりと聴く音楽はまたしてもモーツァルト。

IMGP0006
IMGP0006 posted by (C)fronte360

モーツァルト/交響曲第38番 ニ長調 K.504「プラハ」
モーツァルト/交響曲第39番 変ホ長調 K.543
  ラファエル・クーベリック指揮 バイエルン放送交響楽団

数あるモーツァルトの交響曲の録音の中でもトップクラスの名演奏でしょう。
覇気ある演奏ながら透明感のあるオケの響きには気品も感じさせます。

この後期交響曲集では第40番の交響曲の演奏に最初打ちのめされて、
3枚(6曲)すべてを集めることになりましたが、
第39番も素晴らしい演奏で、明るく元気さが前面に出てしまうところも
陰影に富み、豊穣な弦の響きで気品漂わせる演奏に仕上げていますね。

1980年録音、1982年度のレコードアカデミー賞の受賞も頷けます。
聴いていると幸せな気分になるレコードです。


posted by fronte360 at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 17-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

アルバン・ベルクSQ、モーツァルト/弦楽四重奏曲「不協和音」

昨日の休日出勤のあと、造幣局の桜の通り抜けに行こうかと思ってましたが、
種々のヤボ用を片付けた11時、新大阪のオフィスを出ると小雨模様・・・
そのまま帰宅しましたが、途中の生駒では土砂降りの通り雨に驚きました。

さて今日も休日というのに早朝覚醒で4時起き・・・
入院した当初こそバカほど眠ってましたが、後半はほとんど寝てなかったな。
愛用のメモリプレーヤやスマホに録音した音楽を聴いて時間を過ごしてました。

最近のメモリプレーヤでのお気に入りはモーツァルト後期10大弦楽四重奏曲集。
単身赴任時代、本駒込図書館より借りたアマデウスSQによる演奏です。
中庸で温厚なアンサンブルですね。

手元にあるディスクは、アルバン・ベルクSQのもの。

IMGP0005
IMGP0005 posted by (C)fronte360

モーツァルト/弦楽四重奏第18番 イ長調
モーツァルト/弦楽四重奏第19番 ハ長調「不協和音」
  アルバン・ベルクSQ
    ギュンター・ピヒラー(1.vn)、 クラウス・メッツル(2.vn)
    ハット・バイエルレ(va)、 ヴァレンティン・エルベン(vc)

1977年録音、明快で即物的で精緻なアンサンブルながら、歌心のある演奏。
相反するこれらを見事に融合された演奏、アマデウスSQがぬるく感じます。

「不協和音」第1楽章冒頭22小節、作曲当時の和声法や対位法の常識を破って
あってはならない音の組み合わせを使っているのでこう呼ばれていますが、
現代音楽の「不協和音」に馴染んだ耳には不安定には聴こえても
そんなに奇異には感じないですよね。

でもこの序奏のあとの快活で愛らしい主部、さっきまでの序奏とのギャップ、
お日さまが燦燦と降り注ぐような音楽が駆けて、さっきまでの不安な序奏を
すっかりと忘れ去ってしまう。 面白い音楽ですね。
ハイドン・セット、師と仰ぐハイドンにはこの斬新さが判って貰える、
そんな意気込みがあったのでしょうね。

変化といえば終楽章も面白いですね。
転調しながらの歌いまわし、そして、効果的な休符。
聴くことの楽しさを満喫しました。 これも春らしい曲みたい。

単身赴任より戻ってすぐに行った造幣局の桜の通り抜け。
春の行事のように以来毎年伺ってますが、明日が最終日となります。
今日は良い天気のようなので、やっぱり伺ってみたいですね。


posted by fronte360 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 17-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

ブダペストSQ+トランプラー、モーツァルト/弦楽五重奏曲 K.516

花の盛りは入院中でしたが、花冷えが続いたせいで思いのほか桜も残ってますが、
昨日の奈良は23℃で大阪よりも暑く、今日の午後は雨でもうお仕舞い・・・
残る大阪の造幣局の通り抜け、今日行くか、明日行くか思案中です。

そんな春の名残を惜しむような曲を・・と、最近こればかり聴いているような、
モーツァルトの弦楽五重奏曲(全集)より

P4026473
P4026473 posted by (C)fronte360

モーツァルト/弦楽五重奏曲 ト短調 K.516
  ブダペスト弦楽四重奏団、ワルター・トランプラー(va)

先のハ長調の K.515 と対をなすト短調 K.516 の弦楽五重奏曲ですが、
交響曲第41番「ジュピター」と第40番との関係性やら、
小林秀雄の著書「モオツアルト」で「疾走する悲しみ」と表現したことなど、
老後の楽しみの室内楽、今更ながらに勉強しながら聴いていたりします。

深い憂いをたたえた曲とのことですが、このブダペストの演奏を聴くかぎり、
そこはかとない憂い、といった装いのような感じがしますね。
もっと深い部分を聴けていないせいかもしれませんが・・・

さて今日は久しぶりの休日出勤、とはいえ1時間ほどの立会いですけれど。
では行ってきます。


posted by fronte360 at 06:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 17-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

ブダペストSQ+トランプラー、モーツァルト/弦楽五重奏曲 K.515

ようやく桜も咲き始めましたが、花冷えの奈良は気温2℃まで下がってます。

昨日は最寄駅前大学の入学式だったらしく、黒スーツ姿の女子学生多数に
男子学生も混じって少々華やいだ雰囲気が漂っていました。

そんな春らしい曲を・・と、最近のお気に入りが先日梅田で捕獲したこれ。
モーツァルトの弦楽五重奏曲(全集)より

P4026473
P4026473 posted by (C)fronte360

モーツァルト/弦楽五重奏曲 ハ長調 K.515
  ブダペスト弦楽四重奏団、ワルター・トランプラー(va)

ヴァイオリンが愛らしい旋律を歌いまわしてゆく終楽章、見事な構成で、
ジュピター交響曲の終楽章にも比肩されるのもうなずけます。
この明るさが春らしく感じられるのですね。

最近この全集をとっかえひっかえ聴いて勉強中。
老後の楽しみの室内楽ですから・・・

おっと今日はこれから外出ですので、手短ですけれど、このへんで。




posted by fronte360 at 06:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 17-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

コンヴィチュニー、シューマン/交響曲第1番「春」、第2番

春分の日。
明日は雨らしいですが、春らしいお天気が2日続いています。
我が家のサクランボのサクラも開花寸前、「春」の曲を聴きたくなりました。
高校生の時に初めて買ったシューマンの交響曲第1番「春」

IMGP0003
IMGP0003 posted by (C)fronte360

シューマン/交響曲第1番「春」、第2番
 フランツ・コンヴィチュニー指揮 ライプティヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団

レコードジャケットにコピー文字が書かれたフォンタナの 1,300円盤。
当時も今もダサイ体裁だと思いますが、演奏はオーソドックス。
堅牢なゴシック様式のようなシューマンの「春」です。

このレコードを買う前、テレビの「N響アワー」でこの曲を演ってたのを聴き、
指揮者はサヴァリッシュさんかスィトナーさんか忘れましたけど、
初めて聴いたとたん「面白い」って好きになったのでした。
この曲に青春の息吹のようなものを感じたように思って
わくわくしながらTVの前で聴いてた記憶があります。

このレコードもそんな思いで「春」を繰り返して聴いたものですが、
今では裏面の第2番に強く惹かれます。

今となっては「春」の演奏は少々重たく感じられてしまいますけど、
第2番のほうに堅牢なゴシック様式の演奏がより似合っているようです。
土台となる低弦、その上を中音弦、さらにその上の高音弦、
コンビチュニーらしく正攻法で重層的に響かせた素晴らしい演奏ですね。

この当時、シューマンはピアニスト出身なので管弦楽法に秀でておらず、
ユニゾンで音を重ねすぎて混濁した響きになる管弦楽法の失敗作・・・
そんな風に評論家の人によく言われていたものです。

これを買った当時、第2番もそんな感じにも思え、よく判りませんでしたが、
手持ちステレオ装置の進化、CD時代になって細部をより聴き込むようになり、
この音の重なりこそが悩める文学青年シューマンの響きだと思い至った次第。
今では第2番がシューマンの交響曲の中では1番好きな曲になりました。

「春」を聴きたかったのに、第2番にやっぱり興奮してしまいましたね。


posted by fronte360 at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 17-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする