2016年04月23日

大阪散歩20160411_造幣局の通り抜け(おしまい)

4月11日(月)、会社を休んで造幣局の桜の通り抜けに行ってきました。
単身赴任より戻って早や5年。 毎年ここにやってくるようになりました。

入口付近は大勢の人でごったがえしてますが、頑張って写真を撮ってました。
「塩竈桜(しおがまざくら)」
仙台塩竈神社にあった八重桜で、大輪の花が密生して咲く。花は淡紅色で、花弁数は35〜50枚で縦しわがあり、先端は切れ込みが多く、雌しべが緑色葉化している。

P4113378
P4113378 posted by (C)fronte360

今年は天候にも恵まれ、大勢の人で賑わう造幣局の桜の通り抜けを堪能しました。

P4113380
P4113380 posted by (C)fronte360

P4113382
P4113382 posted by (C)fronte360

このあと大阪天満宮まで歩き、更に中之島を抜けて淀屋橋より帰宅。
そのときの写真もありますが、それはまたいずれ・・・

P4113398
P4113398 posted by (C)fronte360


 
posted by fronte360 at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 16-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

大阪散歩20160411_造幣局の通り抜け(その5)

4月11日(月)、会社を休んで造幣局の桜の通り抜けに行ってきました。
単身赴任より戻って早や5年。 毎年ここにやってくるようになりました。

入口付近は大勢の人でごったがえしてますが、頑張って写真を撮ってました。
「紅華(こうか)」
北海道松前町の浅利政俊氏が実生の中から選出育成した桜で、濃紅色の花が密生して咲き、咲き方が華やかであるとことから、この名が付けられた。花弁数は30〜40枚ある。

P4113366
P4113366 posted by (C)fronte360

P4113365
P4113365 posted by (C)fronte360

「天の川(あまのがわ)」
東京荒川堤にあった里桜で、樹姿がほうき状となり、淡紅色の花が上向きに咲く珍しい品種である。花弁数は10〜20枚ある。

P4113368
P4113368 posted by (C)fronte360

P4113369
P4113369 posted by (C)fronte360

P4113371
P4113371 posted by (C)fronte360

ほんと、お花も上向きに咲いてますね。
立ち止まると迷惑なんで、先に進みましょう。

P4113372
P4113372 posted by (C)fronte360



posted by fronte360 at 04:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 16-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

大阪散歩20160411_造幣局の通り抜け(その4)

4月11日(月)、会社を休んで造幣局の桜の通り抜けに行ってきました。
単身赴任より戻って早や5年。 毎年ここにやってくるようになりました。

入口付近は大勢の人でごったがえしてますが、頑張って写真を撮ってました。
「御衣黄(ぎょいこう)」
花は黄緑色で、開花が進むにつれて花弁の中心に紅色の縦線が現われる大変珍しい品種で、花弁数は15枚程である。

P4113357
P4113357 posted by (C)fronte360

P4113355
P4113355 posted by (C)fronte360

「妹背(いもせ)」
花は濃淡になった紅色で、時に一つの花に実が二つ、対になってつくことから、この名が付けられた。花弁数は30枚程あり、二段咲きが見られる。

P4113359
P4113359 posted by (C)fronte360

P4113360
P4113360 posted by (C)fronte360

「平野撫子(ひらのなでしこ)」
京都平野神社境内にあり、花弁に撫子の花のように切り込みがある。花は大輪の淡紅色で、花弁数は40枚程ある。

P4113361
P4113361 posted by (C)fronte360

P4113362
P4113362 posted by (C)fronte360

P4113364
P4113364 posted by (C)fronte360

いい天気に恵まれて、ほんと美しいですね。

posted by fronte360 at 04:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 16-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月15日

大阪散歩20160411_造幣局の通り抜け(その3)

大地震、いつ何時起きても不思議ではない・・・とよく口にしますが、
実際に起きてしまうと戸惑うことばかりで、今回の熊本での大地震、
被害が大きくならないことを祈ります。 では・・・


4月11日(月)、会社を休んで造幣局の桜の通り抜けに行ってきました。
単身赴任より戻って早や5年。 毎年ここにやってくるようになりました。

入口付近は大勢の人でごったがえしてますが、頑張って写真を撮ってました。
「林一号(はやしいちごう)」
仙台の植木屋林氏が初めて育成した新しい八重桜で、花弁数は25〜30枚ある。花は淡桃色で楊貴妃に似ている。

P4113347
P4113347 posted by (C)fronte360

「紅手毬(べにてまり)」
小手毬と同様であるが、花が赤い手毬の状態となるところから、この名が付けられた。

P4113349
P4113349 posted by (C)fronte360

P4113350
P4113350 posted by (C)fronte360

「関山(かんざん)」
明治初年東京荒川堤の桜として有名になった桜で、花は濃紅大輪で、花弁数は30枚程である。

P4113351
P4113351 posted by (C)fronte360

P4113354
P4113354 posted by (C)fronte360

青空にサクラのピンク色がよく映えますね。
曇り空だと灰色に溶けてしまうのですけれど、よい天気に恵まれました。


 
posted by fronte360 at 05:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 16-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

大阪散歩20160411_造幣局の通り抜け(その2)


4月11日(月)、会社を休んで造幣局の桜の通り抜けに行ってきました。
単身赴任より戻って早や5年。 毎年ここにやってくるようになりました。

入口付近は大勢の人でごったがえしているので写真を撮るのも大変で・・・
今年は途中から撮影するのを辞め、もっぱら鑑賞に打ち込むことにしましたが、
入口付近ではまだ頑張っていて、千里香の隣にあったのは・・・

P4113342
P4113342 posted by (C)fronte360

「水晶(すいしょう)」
花は、白色で小輪ではあるが気品が高い。花の外側はわずかに淡紅色を帯び、散る間際になると中心が紅色を帯びる。花弁数は20〜50枚で、先端に切込みが多く変化に富んでいる。

P4113343
P4113343 posted by (C)fronte360

さらにこの隣には緑色の花が咲いていますよ。

P4113344
P4113344 posted by (C)fronte360

「鬱金(うこん)」
古くから知られた桜で、江戸時代に京都知恩院に植えられていたといわれ、樹姿は直立高木で、花は淡黄緑色のショウガ科のうこんの根の色に似ていることから、この名が付けられた。花弁数は10〜15枚ある。

P4113346
P4113346 posted by (C)fronte360

うこんの根の色に似ている、と言われても・・・
そうですか、としか言えないですねぇ。

 
posted by fronte360 at 05:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 16-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

大阪散歩20160411_造幣局の通り抜けにスタート

高知の話題の途中ですが・・・
4月11日(月)、会社を休んで造幣局の桜の通り抜けに行ってきました。
単身赴任より戻って早や5年目となった春。 
思い起こすと、戻ってすぐに職場の仲間に誘われて行ったのをきっかけに、
例年、造幣局の桜の通り抜けに出向くようになりました。 5年目かぁ、早いなぁ。

P4113336
P4113336 posted by (C)fronte360

昨年も会社を休んで行きましたが、生憎の小雨が降ったり止んだりの天候。
今年は晴れていましたが、やけに気温の低いまさに花冷えの一日でした。
そのせいか大川の川沿いの桜もまだ少し残ってますね。

P4113337
P4113337 posted by (C)fronte360

平日なのにすごい人出ですよ。
5年目なので要領よく露店をわき目で見ながら正門へと進みます。

P4113338
P4113338 posted by (C)fronte360

門の中でひときわ白く咲き誇る桜が目を引きますね。

P4113339
P4113339 posted by (C)fronte360

「千里香(せんりこう)」
東京荒川堤にあった桜で、芳香があるためこの名が付けられた。花は大輪白色で、花弁数は5〜7枚ある。

P4113340
P4113340 posted by (C)fronte360

だそうです。
解説は、今年も造幣局のホームページより引用させていただきました。


 
posted by fronte360 at 05:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 16-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月09日

大阪散歩20160403_なにわ人形芝居フェスティバル

この前の日曜、4月3日に大阪・天王寺の一心寺周辺にて開催された
なにわ人形芝居フェスティバルに行ってきました。

P4033322
P4033322 posted by (C)fronte360

今年が20回目だそうです。
昨年、阿倍野図書館に歩いて往復した時、堀越神社でポスターを見つけました。
昨年に続き2度目の参戦ですが、昨年同様に時折り小雨模様の生憎の天候でしたが、
一心寺のサクラは満開で、沢山の人出でありました。

P4033320
P4033320 posted by (C)fronte360

休憩所の前ではこのフェスと連動して実施されている似顔絵やら

P4033321
P4033321 posted by (C)fronte360

こちらは紙芝居などなど
模擬店やら体験やらもあって盛りだくさん。

P4033323
P4033323 posted by (C)fronte360

当方は、北海道から沖縄まで全国より集まった人形劇団25団体の中から
これって思うものを選んで4つの団体を鑑賞するので精一杯でした。

P4033327
P4033327 posted by (C)fronte360

ちなみに鑑賞したのは以下の4つ
[兵庫県]淡路人形座「人形解説・えびす舞」
[大阪府]人形芝居・桜座一座「静御前」
[沖縄県]人形劇団かじまやぁ・おきなわ人形芝居「チョンダラー」
[大阪府]人形劇団クラルテ「ソーニャと森の魔女」

P4033329
P4033329 posted by (C)fronte360

ぜったいに全団体を鑑賞することは無理ですね。 もったいないなぁ・・・
最後のクラルテなど、一番北にある会場だったので最後は小走りになって
会場のパドマ幼稚園に駆け込みました。

P4033330
P4033330 posted by (C)fronte360

そのパドマ幼稚園に移動途中で見つけた安居神社
真田幸村が戦死したところですね。 写真だけ撮って先を急ぎました。

P4033332
P4033332 posted by (C)fronte360

ここは逃げないので、ゆっくりと改めてここに来たいですね。

 
posted by fronte360 at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 16-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月04日

大阪散歩20160327_司馬遼太郎記念館

新年度、会社では実質今日から新体制となりました。
ボスは代わり本社の同僚は別部署へ・・・これからどんな影響が出るか未知数。
ですが、いつも放置プレイの新大阪。 いつもどおりマイペースでやりましょう。

さて、高知の話題の途中ですけれど・・・
先週の日曜日、3月27日(日)、司馬遼太郎記念館に行ってきました。

この辺り中小阪地区はよく散歩しているけど記念館に入ったのは始めてです。
この日も彌榮神社(いやさかじんじゃ)、「床寅」さん、中小阪北向延命地蔵尊、
中小阪愛宕社などへ寄り道したあと記念館に到着。

P3273319
P3273319 posted by (C)fronte360

この記念館、安藤忠雄さんの設計によるものなのですね。
中の撮影は出来ないのですが、スタッフの数が多いのと高齢の方ばかりなので、
スタッフは司馬さんのことが大好きなボランティアの方、とお見受けしました。

P3273306
P3273306 posted by (C)fronte360

この記念館、「見る」というより「感じる」「考える」記念館という位置づけで、
高さ11メートルの吹き抜け空間の大書架の2万冊の書籍にまず圧倒されます。
まだ読んでいない多数の司馬さんの書物を読みたくなって退館しました。

P3273307
P3273307 posted by (C)fronte360

今にも雨が降り出しそうな天気でしたが、ついにパラパラとやってきました。
あわてて書斎などを撮影。

P3273314
P3273314 posted by (C)fronte360

ここは亡くなられた当時のまま保存されているとのこと。

P3273315
P3273315 posted by (C)fronte360

お庭も拝見。 花供養碑。 もうちょっと早いと菜の花忌でしたね。

P3273308
P3273308 posted by (C)fronte360

この近辺の学校や町内会では菜の花を栽培していて、
この時期、道路や校庭に菜の花をたくさん飾ってありますね。

P3273312
P3273312 posted by (C)fronte360

これはお庭で咲いていたイナダモモ

P3273310
P3273310 posted by (C)fronte360

そしてミツバツツジ

P3273318
P3273318 posted by (C)fronte360

天気がよければもっとゆっくりしたのですけれども。 
雨も降ってきたので、そそくさと帰路としました。

 
posted by fronte360 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 16-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月18日

枚岡梅林20160306_春日野・八重揚羽

3月6日(日)、陽気に誘われて久しぶりに石切から枚岡まで歩きました。
そして枚岡神社にお参りしたあと、枚岡梅林を見てきました。

この木は「春日野(かすがの)」

P3062972
P3062972 posted by (C)fronte360

良く見ると、白とピンクの花が同じ木に咲いてますね。

P3062974
P3062974 posted by (C)fronte360

P3062975
P3062975 posted by (C)fronte360

この木は「八重揚羽(やえあげは)」

P3062977
P3062977 posted by (C)fronte360

ピンクの色が濃い八重の花びら、強い主張を感じますね。

P3062979
P3062979 posted by (C)fronte360

P3062978
P3062978 posted by (C)fronte360

もっと色々とありましたが、この坂を下って帰路としました。

P3062981
P3062981 posted by (C)fronte360

P3062982
P3062982 posted by (C)fronte360


 
posted by fronte360 at 04:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 16-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

枚岡梅林20160306_芳流閣・淋子梅

3月6日(日)、陽気に誘われて久しぶりに石切から枚岡まで歩きました。
そして枚岡神社にお参りしたあと、枚岡梅林を見てきました。

この木は「芳流閣(ほうりゅうかく)」

P3062961
P3062961 posted by (C)fronte360

白い一重咲きの大輪ですね。

P3062962
P3062962 posted by (C)fronte360

P3062965
P3062965 posted by (C)fronte360

この木は「淋子梅(りんしばい)」

P3062967
P3062967 posted by (C)fronte360

八重咲きの紅梅、縁起が良い木だそうです。

P3062968
P3062968 posted by (C)fronte360

ぽかぽか陽気で気分も明るくなりますね。

P3062971
P3062971 posted by (C)fronte360

 
posted by fronte360 at 05:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 16-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする