2006年12月24日

甲南大学文化会交響楽団 第46回定期演奏会にて


緩急をつけたマーラー巨人、オーケストラの力を存分に引き出して熱い演奏でした。

kohnan_46th.jpg若手イケメン指揮者の高谷光信さん、醜男からするとちょっとカッコつけすぎなんて思えなくもありませんが、若者のオケを振ってカッコ良い演奏としていました。

終楽章では、ステージ左に配したホルン軍団と、右に配したトランペット・トロンボーン・チューバ軍団の応酬に、中央のティムパニほかパーカッション軍団も加わって素晴らしい盛り上がり。 ホルンの起立に対抗して、トランペット・トロンボーン・チューバ軍団も起立して驚きました。

しかし派手さだけではなく、しっかりとしたインパクトを与えてくれるティムパニを始めとするパーカッション軍団、きりっと引き締まった表情で演奏の要となっていたのが好ましかったですね。
切れ味の良いティムパニ、輝かしいシンバル、力強い銅鑼、リズミカルな大太鼓にシンバルの打音などなど、いずれもスパっと切れ込んでくるのですけれどね、抑制もうまく効かせて突出しません。 良かったですね。

これに先立って演奏された、学生指揮者松寺悠さんによるスメタナの「高い城」、エネルギッシュながらもうまく抑揚つけた演奏でした。
冒頭こそ慎重すぎたかもしれませんが、よく統率のとれた音楽。 時にはちょっとオーバーアクションかな、なんて思ったりもする盛り上げ方ですが、タメをしっかりととって節度をもった音楽として見事でした。

演奏終了後、涙ぐむ演奏者も多くいて、思いっきり頑張った演奏は一生の記念になると思います。 熱い演奏会でした。

posted by fronte360 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 06-演奏会にて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

第13回 天理の第九演奏会にて


気持の乗った素晴らしい合唱、タイトでよく締まった声。 壁のようにそびえ立った合唱団の席からビンビン響き渡ってきて、一昨年と同様の感動がまた甦ってきました。 熱い感動を覚えました。

tenri_#9_2006.jpg曖昧さの全くない合唱ですね。 各声部がきちんと聴こえ響きあっていましたし、津田雄二郎さんの指揮にも巧く応えていました。 一昨年、第九は「合唱付き」と呼ばれるけれどこの演奏は「合唱」そのもの、と書いた記憶がありますが、今年もまた同じ感想を持ちました。

演奏としては、前3楽章まではどことなく即物的で淡々と進めているような感じだったと思います。 個人的には、もうちょっと歌わせて欲しいような気もしていたのですが、第4楽章でそんなことはどうでも良くなったような感じでした。 しっかりとした中低弦の響きを芯に男性合唱が乗り、しゃきっとした女声合唱もまたアルトとソプラノがしっかり分離したステレオ効果。 金管も上質な響きで華やぎを加えたクラマックス、コントラバスの弓使いも物凄い速度でした。 熱い音楽に心が満たされました。

なお今年は中学1年の長男も同行しての鑑賞。 その長男もまた、凄かった、と漏らしていましたので、勘違いではないと思います。

またこれに先立って演奏された安野英之さんの指揮によるモーツァルトの歌劇「ドン・ジョバンニ序曲ヨハン・シュトラウス2世による喜歌劇「こうもり序曲。 どちらも落着いてよく纏まった演奏でした。 弾力に富んだドン・ジョバンニ、しなやかなに歌ったこうもり、いずれも上品に纏まっていました。 ここでも響きの柔らかなコントラバスが印象に残りました。

今年もあと少し。 1年を締めくくるのに相応しい演奏会で、長男と二人で温かな気持ちを持って帰路につけました。 皆さん、おつかれさまでした。

posted by fronte360 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 06-演奏会にて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

宝塚市交響楽団 第41回定期演奏会にて


力の入ったショスタコーヴィッチ交響曲第10番はオーケストラの勝利でした。

zukakyo_41th.jpgショスタコーヴィッチの代表曲とも言われる交響曲第10番ですが、パンフレットにも書いてあるように理想と現実、スターリンの死による呪縛からの解放とその混乱による戸惑い、難曲です。 しかし、このとても難しい曲を、一丸となって見事に演奏したオーケストラが最後には勝ったのだと確信した演奏でした。

弦楽器も管楽器も打楽器も皆さんとても上手かったですね。 多い味わいを感じさせたソロの数々、ここには書ききれません。
というのも、実はあまりこの曲のこと好きではなかったし、よく覚えてもいなかったのです。 だけど、なんだかこの演奏を聴かせてもらって、この曲のことをより近くに感じさせてもらったように思います。 復習してみるかな・・・なんて思ってみたりもしています。
とにかく、素晴らしい演奏でした。

これに先立って演奏された、チャイコフスキーピアノ協奏曲第1番もまた上手かったと思います。
でもね、ちょっと意味不明なのですが、この曲のことあまり好きではないことも再認識したように感じた演奏でした。
でもでも、とてもきっちりとした演奏だったと思いますし、一般的にはとても上手い演奏だと思うのですよ・・・だけど、う〜ん、すみません。

でもでもでも、元に戻ってメインのショスタコーヴィッチ交響曲第10番。 逆に好きではなかったのに、復習してみたくなるような演奏に出会えたことが幸せでした。 皆さん、おつかれさまでした。

posted by fronte360 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 06-演奏会にて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

大阪市立大学交響楽団 第52回定期演奏会にて


気合の入ったショスタコーヴィッチ交響曲第5番に圧倒されました。

osaka-city-univ-52th.jpgぐいぐいとオケを引っ張ってゆく井村誠貴さんにオケもよく応えた終楽章、かなり速い速度で駆けだしそして終結部での打楽器の迫力に圧倒されました。 つねに暗い影が付きまとう曲ですが、深刻ではあっても、絶望の淵から落とされるようなおどろおどろしさを感じないのは若々しい情熱のある学生オケだからでしょうね。 井村さんはそんなオケに大きなドラマを与えていたようです。 キリっと引き締まった素晴らしい演奏に会場も沸きかえりました。
演奏終了後もあちらこちらで凄かったとの声が聞こえてきていました。

これに先立って演奏されたドビュッシーの「小組曲」。 こちらは暖かな感じのするとにかく気持ちが明るくなるような演奏でした。 とくに「行進」や「バレエ」など、きちんとインパクトを持たせ、聴かせどころを巧く聴かせてくれるので楽しませてもらえるのですね。 オケもまたとても巧かったなぁ。

冒頭は学生指揮者の粂順悟さんによるウェーバーの「魔弾の射手序曲、しっかりとした構成感をもった演奏を楽しみました。 覇気を感じさせるクライマックも締まった響きが特徴的でした。 演奏後に袖に下がるとき、背筋をピンと伸ばした姿勢も演奏を表していたようです。

なおアンコールはルロイ・アンダーソンの「舞踏会の美女」。 井村さんらしい遊び心たっぷりの楽しい演奏で、最後はコントラバスとチェロが楽器を一回転させて喝采を浴びていました。 厳しい曲のあとの口直しですね。

でもはやりショスタコーヴィッチ交響曲第5番にすべての印象を持っていかれたような熱い演奏会。 コンマスの方、4回生なのですね、何度もお辞儀をし感無量といった感じ。 4回生には素晴らしい思い出になったことでしょう。
とにかく見事な演奏に帰路の足取りが軽くなりました。 皆さんおつかれさまでした。

posted by fronte360 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 06-演奏会にて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

関西大学交響楽団 第58回定期演奏会にて


チャイコフスキー交響曲第5番、しなやかで熱い素晴らしい演奏でした。

kandaioche_58th.jpg竹本泰蔵さんの指揮のもと、響きの角を綺麗に落として艶のある弦楽器、抑制の効いた管楽器、弾力ある打楽器が一体となった音楽は若々しく、ロマンの香りが漂っていましたね。
第2楽章のホルンのソロ、女性奏者による耳当たりの柔らかな響きがきりっと引き締まってました。 またこれに絡むクラリネットの女性奏者も柔らかな音色がしっとりとしていて、この演奏をよく象徴していたと思います。
でも全体の主役は弦ですね。 深く弾力のある中低弦、艶っぽくて伸びのある高音弦、クライマックスの行進曲をしなやかで艶っぽい響きが熱く響いて全曲を纏めました。 会場からも熱い拍手が沸き起り、ほんと素晴らしい演奏でしたね。

これに先立って演奏された学生副指揮者松本裕太さんによる同じくチャイコフスキーの「ロメオとジュリエット」。 この演奏もまたしなやかさと強靭さを併せ持って見事な演奏でした。 クラリネットとファゴットによる深い響きによる開始から、芯のあるしなやかなフィナーレまで、学生指揮者とは思えないほどの余裕も感じさせる堂々とした演奏。 見事でした。

冒頭の正指揮者大塚佑馬さんによるブラームスの「大学祝典序曲」、スマートに響きが引き締まっていて意思のよく通った演奏。 膝を使って軽快に進め、軽くジャンプしながら力を込めてゆき、熱く雄大なフィナーレ。 熱く響く和音が素晴らしいエンディングでした。

会場は2階席でも立ち見も出るほどの超満員。 学生オケらしい熱気溢れる演奏会でした。
卒業される4回生の方にとっては良い思い出になったのではないでしょうか。
お疲れさまでした。

posted by fronte360 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 06-演奏会にて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

奈良女子大学管弦楽団 第37回定期演奏会にて


nara_wu_oche_37th.jpgしなやかで美感漂う演奏の数々
個人的にはシューベルト未完成交響曲にいたく感動しました。 失礼ながらこのような素晴らしい未完成交響曲が聴けるなんて・・・思ってもみませんでした。

指揮者は常任の牧村邦彦さん
指揮する腕を肩よりほとんど挙げず、刺激的な響きを極力抑えているよう。 力を込めながらも、柔らかな響きを繋いでゆく上品さ、しなやかさ、奥行きの深さ、そして何より美しい歌がありました。
メンバーを絞り込んだオケから繰り出されてくる旋律が繰り返えされ、そしてまた主題の再現部と、何度も何度も訪れてくる美しい旋律に感激しっぱなし。 ほんと素晴らしい演奏でした。 参りました。

そしてメインは、ブラームス交響曲第4番。 こちらもまたシューベルトと同じくしなやかで熱く美しい演奏でしたね。
ただし牧村さん、第1楽章ではシューベルトのときと違って、大きなアクションで盛り立てようとしていましたけど、ちょっとオケの反応鈍かったかな。 でもそれ以外ではオケも奮闘していましたよ。 
とにかく各楽章の終結部、いずれも熱くタイトに決めたカッコ良い終わり方。 ティムパニの切れも良かったしね。 楽章毎に拍手が沸き起こったのも頷けました。

これに先立って演奏されたフンパーディンクの「ヘンゼルとグレーテル前奏曲、丁寧で柔らかな開始だったのに、会場内がちょっと騒がしく、またカメラのフラッシュも光って残念でした。 でも演奏は落ち着きながらも次第に熱くなってゆき、でも常に円やかな響きを基調にした上品な演奏でした。

奈良女オケ、前回は伺えず残念でしたが、好調を持続していて嬉しかったし、また未完成交響曲という思わぬ素晴らしい演奏に巡り会えました。
こういった意外性もこのオケの魅力なんですね。 とてもいい演奏会でした。

posted by fronte360 at 17:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 06-演奏会にて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

グリーン交響楽団 第18回定期演奏会にて


高谷光信さんの指揮によるチャイコフスキーの交響曲第1番、
颯爽としてカッコ良いのはいつもどおりですが、息づいた音楽に心踊らされました。

green-sym_18th.jpg今日もまた休日出勤、11月もまだドタバタやっていて、いいかげん疲れているし風邪気味なのですが、昼に職場を抜け出して吹田のメイシアターに足を運びました。

いつも聴かせてもらっていますが、統率のとれた巧いオケといった感じを今回も受けました。

ブラームスのハイドン・ヴァリエーション、
柔らかな響きを基調にしていて、ホルンの斉奏も素晴らしかったですよ。
高谷さん、丁寧に振り分け、テキパキと曲を進めてしっかりと纏めあげました。

シベリウスの交響曲第5番、
すっきりと美しく纏めたような演奏ではなかったかしら。
個人的にはもうちょっと粘り気も欲しい感じがしましたけれども。

いずれも、落着いて緻密に纏めた演奏といった感じかな。
曲の後半になると、ちょっと単調に進んでいくような感じも受けたのですけれど、
メインのチャイコフスキーは一味も二味も違っていたようです。

さっそうと進めた第1楽章、美しい第2楽章、伸びやかでカッコ良い演奏とした第3楽章、そしてメリハリを利かせて熱く歌いあげた終楽章。

どこをとっても見事な演奏、さすがロシアで勉強された高谷さん。 
自信に漲ったその指揮に、オケも巧くのせられたのでしょうね。

若々しくて美しいチャイコフスキー、素晴らしい演奏でした。 ただただ感激しながら聴いていました。
実はこの曲、好きなんですね。 だから、嬉しかったこともありますが、とてもカッコよく纏められていました。

疲れも吹っ飛びました。

posted by fronte360 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 06-演奏会にて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

枚方フィルハーモニー管弦楽団 第64回定期演奏会にて


柔らかな木の音色がする枚方フィルの演奏会、今回も和みました。

このところ休日出勤・残業が続き、0時を廻って帰宅することも多く、昨日に続き今日もまた出勤しましたが、昼に職場を抜け出して枚方市民会館に向かいました。

hirakata-phil_64th.jpgいつもながらこのオケの演奏は奇をてらうことがなく、オーソドックスながらも常に自分たちの音楽を精一杯演奏されています。 みんなで力を合わせ、ひとつの曲を仕上げているからでしょうね、聴いていたら暖かな気持ちになってくるのが分かりました。

多少のミスや、アンサンブルが緩んだり、無防備な全奏などもありましたけれど、いずれの曲においても演奏後には爽やかな気持ちになって、少々ささくれだった気持ちをどんどんと和ませてくれました。 秋らしい味わいのある演奏会でもあったように思いました。

ロザムンデ序曲、冒頭は慎重に音を重ねているけれど丁寧なのに緩やかなアンサンブルだったのですが、主部に入ると明るく優しい小春日和のようなアンサンブルに変身。 これこれ、これですね。 ここの旋律の裏で支えるチェロとコントラバスによるピチカートが最高でした。 オケ全体の響きが柔らかブレンドされた演奏に気持ちが明るくなりました。

続くモーツァルトのハフナー交響曲。 オーソドックスで丁寧な演奏なんですが、普通はこんな風なモーツァルトは退屈になってしまうところなのに、ところがどっこい気持ちの和む演奏です。 ここまで指揮された寺坂さん、右手でしっかりリズムをとって、左手を時に手刀のようにして音を切るのですが、それもまた柔らかく流線型のように切れて肌触りがいい。 演奏している皆さんも音楽を楽しんでいるのかしら(必死で演ってらっしゃるとは思いますけれど、目くじらたててタテ線合わせようとピリピリしてないみたい)。 もちろん流れが滞ることなどなく、とても気持ちがほっこりとした演奏でした。

メインのドヴォルザークの交響曲第6番。
指揮者の生島さんは、これまでの演奏会で一番知名度が低い曲目だとおっしゃってましたが、今日は実はこの曲がお目当て。 好きなんですね、この曲。 昨年、奈良交響楽団の演奏会でも堪能しました、というか、この演奏会のための予習でとても好きになったのですね。 知名度は低いけれどいい曲だし、そしてなにより枚方フィルのイメージがこの曲のイメージにもダブってみたりもします(知名度低いって言ってないですが、そう思われたらゴメンなさい)。

今回は特に第1楽章が素晴らしかったですね。 冒頭の軽やかなホルン、そして弦の分奏も見事に決め、管楽器・打楽器ともに突出することなく、全員一丸となっての演奏。 ヴァイオリン奏者の方が譜面をバサッとめくる音にも気合を感じました。
このあとの楽章ではホルン軍団でしょう、ソロも見事でしたけど軽くバリバリっと吹き鳴らした斉奏、全体の響きにもよくマッチしてましたね。 ホルンに限らず、ほんと全員で一つの音楽を創りあげているところがとても魅力的な演奏で、期待通りの枚方フィルらしい演奏を堪能しました。

繰り返しになりますが、多少のミスがあっても、アンサンブルが緩んだり、無防備で芯を感じない全奏などもありましたけれど、部分ではなく全体としてとても健やかな気持ちになる演奏の数々。 アンコールのスラヴ舞曲第10番までも、さらに暖かな気持ちにさせていただきました。

そんな気持ちでホールを出ようとしたら、ロビーにはホールに到着したときにも立っておられた指揮者の生島さんが・・・ お出迎えとお見送り、その暖かなお人柄をうかがえる団内指揮者に頭が下がる思いで、ホールをあとにしました。

元気を頂きました。 みなさんお疲れさまでした。
posted by fronte360 at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 06-演奏会にて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

芦屋交響楽団 第66回定期演奏会にて


いつもながら、ぐうの音も出ない演奏会でした。

ashikyo_66th.jpgバルトークのオケコン、管弦楽のための協奏曲が見事な出来なのは予想の範疇でしたけれど、メンデルスゾーンの交響曲第5番「宗教改革」、見事なまでに緻密かつ自在に変化させた演奏は予測を遥かに超えていました。 この曲のこと、もっと好きになってしまいました。 ナマで聴けて素晴らしい経験になりました。

もちろんオケコンも見事な演奏でした。 スピード感もあってキレの良い音楽、各プレーヤの巧さも特筆すべきなのですが、誰一人として刺激的な響きになることなく、オーケストラ全体の響きとして綺麗に角を落とした音楽はまさしく極上品。

指揮者の山下一史さん、これまでにも何度か聴かせて頂ける機会はあったものの、何故か仕事やその他の事情で聴けなく今回が初めてでしたが、縦振りを基本にしながらも響きの隙間を作らない音楽作りですね。 オケコンのドライヴも見事でしたが、宗教改革の演奏などまるでカラヤンとベルリンフィルの演奏じゃないかと錯覚するほどでした。

なお前プロのブラームスの悲劇的序曲。 速いテンポ設定であれよあれよといった感じで始まり、アレっと思いましたが、筋肉質の音楽でした。 しかし、落ち着いた色彩できちんと統一されていて、やはりただただ巧いなぁ・・といった印象しかありません。

いずれの演奏も、16型の通常配置ながらなんとコントラバスが10本。 ヴィオラにいたってはオケコンでは15本もいるのですが、見事なまでに統率されていますした。 管楽器そして打楽器までも同じ音色で統一されたオーケストラ。 いつもながら、これがアマオケかと思わずにいられません。

繰り返しになりますが、宗教改革。 いずれの箇所も見事でしたけど、強いて言うなら第3楽章。 まるで抒情詩のよう。 第4楽章への橋渡しも繊細かつ自然な移行に参りました。 密かに期待はしていたものの、遥かにそれを超越した演奏にぐうの音も出ませんでした。

posted by fronte360 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 06-演奏会にて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

セント・マーティン・オーケストラ 第3回定期演奏会にて


覇気のある演奏会でした、集中力も高く、ソリッドに響くベートーヴェンを堪能しました。

StMartin_3th.jpg3回目の定期演奏会でやっと伺うことができました。
創立したときからご招待いただいていて、気にはなっていたのですが、ブッキングしたりヤボ用があって伺えませんでした。 今回も危なかったけれど、奥さんに救われ、途中抜け出して会場に走りました。

雨なのにギャラリーを除くと7割くらい入っていたでしょうか。
東灘区民ホール(うはらホール)も初めてなのですが、駅から直結なんですね、案内板に従って進んでゆくと傘をささずにホールにたどり着けたし、綺麗なホールに少々驚きました。

さて演奏は、河崎聡さんの指揮のもと、覇気のある引き締まった演奏に圧倒されたような感じです。 河崎さんの指揮は、指揮棒を下から上に挙げる動作にキレがあり、必然的にオケもキレの良い響きで反応して覇気を感じます。

いきなり脱線しますが、河崎さんというと、2002年5月の奈良女子大学管弦楽団スプリングコンサートでのシューベルトのグレート交響曲が忘れられません。 冒頭に事故があってどうなることかと思っていたけれど、終始速いテンポ設定、決して好きなテンポではないしミスも散見されましたが、そんなこととは関係なく気持ちの良くなる堂々とした演奏に感動し、アマチュアオーケストラによる音楽の醍醐味を味わったことを思い出します。

それから4年、河崎さんのお名前を目にすることがなかったのは、ロシアの留学されていたからなのですね。 パンフレットで知りました。 そして見た目にも以前よりも恰幅の良さを感じます。

今回の演奏会では、やはりメインの英雄交響曲が一番素晴らしかった。

流麗に曲を運び、要所をソリッドに決めつつ、ぐぃぐぃと推進力を持った演奏でした。 少人数のオケとは思えない、音量と雄大さと引き締まった音楽を堪能。 いや、逆にこの人数だからこそ、ここまで纏まった演奏が出来るのかもしれませんね。 とにかく若々しくスカッとする気持ちのいい演奏でした。

最初から最後までノリノリっていう感じでしょうか。 起伏や緩急をつけつつも、決して流れが滞らないのがいいんですね。 そしてまたオケの巧さもあって、対抗配置にした弦楽器の分奏や、木管、金管、打楽器がそれぞれ持ち場をしっかりと決めているのが手に取るように分かり、英雄交響曲を皆で支えている風通しの良い演奏でもありました。 もちろんパワーも十二分にあるから見事なんですね。

中プロの安田伸子さんのピアノによる協奏曲第3番。
安田さんのピアノは輝かしいタッチ、粒立ちの良い響きがとても印象的でした。 オケも覇気を持ってサポートとあいまって、凛としたベートーヴェン。 軽やかなんですけど芯の強さもあり、ときにキラキラっと輝くのが素適でした。
ただしやや一本調子というかインテンポで突き進んだみたいでした。 個人的にはもうちょっと歌って欲しかったですけどね。
今回は3にちなんだ演奏会で第3番でしたけど、第1番の協奏曲ほうが似合っていたかもしれないなぁ〜 なって思って聴いていました。

そして冒頭のエグモント序曲は、元気いっぱいでソリッドに響く演奏が全開。
音痴な僕が言うのでアテになりませんが、なんとかく管楽器(特に金管楽器)のピッチがやや高かったのでは? よく言えば、煌びやか、なんでしょうが、全体よりちょっと浮いて聴こえてきてました。
もっとも打楽器も強烈な打音で盛り上げていて、ぎゅっと纏まってはいるのですけれど、やや騒々しさを抑えきれないような感じだったかな。
でもオケとしてはとてもよく纏まっていて、やる気とポテンシャルの高さは十分に感じた演奏でした。

とにかく若々しくて気持ちのいいベートーヴェンの演奏会でした。
posted by fronte360 at 20:58| Comment(2) | TrackBack(1) | 06-演奏会にて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする