2008年12月28日

年内最後の散歩

昨夕、長女が東京に遊びにやってきました。
たぶん家でじっとして居たくないだけなんでしょうけどね・・・

今日は昼前より長女を連れての散歩となりました。
まず谷中よみせ通り延命地蔵尊にお線香と蝋燭を立てお参りしてスタート。

ここから富士見坂を登ると富士山は見えるものの、やや霞んでますね。
やはり早朝でないとスッキリ見えないのかな。
そして進路を谷中銀座通りを渡って、観音寺築地塀
坂を下って岡倉天心記念公園。 金色の岡倉天心像を見て、また南進すると
ばいきんまんの像・・立善寺・・幼稚園を併設されているからですかね。

081228_01.jpg

目的地は、夏に見つけたギャラリー猫町 猫町・猫的生活美術
だったのですが、なんと23日で年内の営業は終わっているとか。
猫好きの方の長女が喜ぶと思ったのに、残念です。

ここから根津神社にお参りしてから東京大学
農学部のキャンパスより工学部キャンパスへと構内の陸橋を渡って移動。
そして安田講堂ですね。

081228_02.jpg

ここから、夏には長女を連れて行かなかった三四郎池

081228_03.jpg

夏目漱石三四郎に出てくるので三四郎池ですが、半周ほど回って離れると
巻藁がズラリと並んでいる。。 おっ、弓道場じゃないですか。

081228_04.jpg

じつは高校時代、弓道部でして(初段持ってますよ)、懐かしいんです。
どなたか一人が練習されてましたね。
そして、お腹空いたという長女を連れて赤門を出て東京大学を離れます。

どこか食事できるところを探しながら南下、菊坂方面を見ると・・・
インド料理店でしょうか。
サモサ本郷三丁目駅店、ランチタイムはナンが食べ放題なんだとか。

長女が小学校の時、給食にもカレーとナンが出て、人気メニューだったとか。
脱脂粉乳の私の時代からは想像できませんが、ともにナンは好物です。
二人で看板を見入っていると、インド人(?) の店員が招き入れてくれて、
店内に入ると、踊るマハラジャのVTRかな、なかなかいい良い雰囲気。
招き入れてくれた店員さんもニコニコして愛想良くてイイ感じ。

ふたりでランチを注文して、ナンも1つおかわりしちゃいました。

081228_05.jpg

食べる前に写真撮る余裕なく食べちらかしてお腹いっぱい。 ご馳走さま。
いい昼食になりました。 今度、春には長男も連れて来たいですね。

ここを出て、宮澤賢治の旧居跡樋口一葉が使ったと思われる井戸を紹介、
炭団坂を登り、坪内逍遥の旧居跡からの景色も見せて、
真砂中央図書館に立ち寄って借りていたCDを返却。

文京ふるさと歴史館、目的はここを見せたかったのだけれど・・・お休み。
仕方ないのでそのまま春日通りを西進してちょっと入って、薬師堂

081228_06.jpg

ここにもお参りしておきましょう。
そして、本郷三丁目の交差点を、かねやす、の前に移動

081228_07.jpg

ここからまた西進し、湯島天神へ。
長男の高校受験の成功をお参りすると、長女が絵馬を書くというので

081228_08.jpg

これも吊るしておきましたが・・・いやはや親ばかですな。

そして夏休みは平日で入れなかった湯島聖堂に移動
しかし、お休みのよう・・・今日は日曜とはいえ、年末ですもんね。

聖橋を渡って坂を下って秋葉原
ラジオ会館5階の清進商会には、欲しいアンプがあるんですよ。
じっくり眺めましたが、ガマンしてここを離れ、JRで戻ってきました。

約4時間、まぁ長女もよく歩いたと思います。
でもまぁ疲れたとみえて、帰宅後に風呂に入ったあと、
コタツでいまもすやすやと寝ております。
父親はというと、ひとりでチビチビと飲酒運転中。 おだやかな年末ですね。

posted by fronte360 at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 08-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

富士山

いい天気ですね。
今朝も早朝覚醒で4時に目覚めてしまいましたよ。
音楽を聴きながら「ゆらこめ」を読んだりしてましたが
一向に眠くならず、起きることに・・・朝バナナの朝食としました。

しかしまだ布団を敷いたままゴロゴロとしていたわけで・・・
暖房費の節約なのですね。

それでも8時が近くなってきたので、布団を片付け、年内最後のゴミ出し。
そして恒例の散歩に出発。

天気が良いのでいつもの西日暮里
まずは諏訪神社にお参りしてから富士見坂

081227_01.jpg

綺麗に見えてますね。
でもいつもながら稜線が欠けるのが惜しいなぁ。
もしや荒川の土手まで行くと富士山が見えるのでは・・・
との推測のもとに、諏訪神社の境内よりJR線路下をくぐり、

081227_02.jpg

地図を持ってきてないので、カンを頼りに適当に北東に進路をとって
京成本線沿いに進みます。

すると尾竹橋通りとのいうに遭遇
橋なので、隅田川に出るだろうとこんどはこの通りをずんずん進んでいくと
ありました。 尾竹橋。 ちゃんと隅田川ですよ。

081227_03.jpg

これを渡ると、次は荒川でしょう
そのまま直進すると、やはり西新井橋があって荒川に到着。
始めての道なのでドキドキ感はありましたけど、我ながら良い判断でしたね。

081227_04.jpg

ここから土手の下に下りず、土の土手の上を進みますが・・・
なんか気が遠くなるほど向こうまで続いていますよ。

081227_05.jpg

そしてしばらく歩いてゆくと・・・
左手前方に富士山が見えるじゃないですか! やったね!!

081227_06.jpg

最初はクレーン、続いてビルや送電線や鉄塔などが邪魔してましたが
ようやくうまく見えるポジションを確保したのがコレなんですね。
そしてアップにすると、こんな感じ。

081227_07.jpg

雪をいただいた富士山には心を洗われるような気がして
富士山信仰というのも分かるような気がしますね。

さて日暮里舎人ライナーの下を潜り尾久橋通り隅田川を渡ってから
適当に裏道に入って南進。

熊の渡り商店街でしたっけ、熊野ナントカ商店街、あと忘れましたが
色々な商店街を抜けて歩いていったらちゃんと田端駅まで戻ってきました。

2時間ちょっと、久々によく歩きました。
posted by fronte360 at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 08-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

久しぶりの秋葉原・上野

朝の散歩より帰ったらやはり少々疲れも出たようで
10時過ぎより小一時間うたた寝をしたのが、いい睡眠補給になりました。

そこで12時より午後の散歩に出かけることに・・
この前の日曜日に行ってみようと考えていた秋葉原に向けて田端駅。
快速運転の京浜東北が出たあと、次の電車を待てば早く到着するのですが、
思い立って、山手線の乗車。

鶯谷(うぐいすだに)駅で下車、その目的は2つ
ホーム上屋を繋ぐ鉄骨がレールで出来ていて、そこに○○○の意匠
これは田端駅のと同じですねぇ(よく見ると細部は違いますけども)

081223_05.jpg

あと下谷七福神めぐりの垂れ幕。

081223_06.jpg

逆光でレンズが反射してやや赤くなってしまいましたけど、
今年惜しくも鬼籍に入られた赤塚不二男さんの絵がいい味出してますよね。

さて次の電車に乗ってようやく秋葉原。
目指すはラジオ会館5階清進商会、ちょっと迷ったけどなんとか到着。

懐かしのオーディオ機器が綺麗に整備されて沢山積み上げられてました。
オーナーさんでしょうか、回路図見ながら半田ごてで修理してらして
自宅のアンプもここで調整して欲しいな、なんて思ってみたり・・・

とにかく今日は見るだけ(いつも??)
それでもたっぷりと2周ほど回って眺めてきましたよ。

次の目的地は、上野方面に進路をとってハイファイ堂
秋葉原店といえどもけっこう秋葉原から離れるんですね。
地下フロアも見ましたけど、こちらはヴィンテージものが中心ですね。
ちょっと手が出ませんわな・・

ここを出て中央通りを突っ切って、三組坂を登って湯島天神へ。
冬休みになったせいでしょうか、けっこうな人出で、
お参りも、お守りなどの売り場も長蛇の列ですよ・・・
お参りをあきらめて春日通り、切通坂を下ります。

この坂道、朝日新聞の校正係の職をようやく得たけれど貧しい石川啄木
夜勤のときにとぼとぼと登って家に帰った道だそうです。
これも「ぶんきょうの史跡めぐり」からの受け売りですね。

不忍の池を回り、池の中央にある谷中七福神の一つ弁財天にお参り。

081223_07.jpg

ここを辞して上野の山に登って、そうそう・・・と思って南進。
とってもベタですけど、上野の西郷さんです。

081223_08.jpg081223_09.jpg

通勤のとき、山手線の中から毎日にように見てますが、
ここまで来て見るのって、これが初めてかしら??

このあと京浜東北の快速に乗って田端は1駅、
ここで山手線に乗り換えて巣鴨で買い物をして田端に戻ってきました。
所要時間約3時間。 なかなかいい運動になりました。

posted by fronte360 at 16:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 08-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久しぶりのご近所散歩

昨夜は23時に寝たのに、午前3時に目覚めましたよ。
義太夫を聴いたり、本を読み、ようやく眠くなりかけましたけれど・・
結局うつらうつらしただけで、眠ることは出来ずに5時過ぎに起床です。
早朝覚醒も困ったものですな。

さてこの前の土日はちょっとサボってしまった感のあった散歩、
今朝は7時半より小一時間、ご近所をゆるゆると歩いてきました。

寒いでしょ、汗をかかないから、逆にけっこう頑張って歩きまわるので
できるだけセーブして歩く感じで動坂を登って直進、本郷通りへ。

ここを南進して、向丘2丁目交差点を越えてから左折して、海蔵寺
身禄行者のお墓が、富士山を模した溶岩の上に立っています。

081223_01.jpg

身禄行者というのは、江戸時代の富士山信仰・富士講中興の祖で
奉公人より油屋を開き、のち修行の道に入り、富士山で入定
つまり断食により生き仏になったということでしょうか。
享保の飢饉で世の中が不安定な時代、浅間大菩薩に誠の心を持って祈れば
安定した生活が得られるという教えが庶民に広まったそうですね。

ここを離れて団子坂方面に向かいますと、坂の手前にあるNTTのビル

081223_02.jpg

電話ボックスの左側に銀色のプレートが貼ってありますが
ここが平塚らいてう(雷鳥)が主催した青鞜社発祥の地だそうです。
雑誌「青鞜」発刊時の辞「元始女性は太陽だった」は有名ですが
表紙デザインは長沼智恵子、のちの高村智恵子だったそうですね。

そして団子坂

081223_03.jpg

団子屋があったからこの名称? 坂で転んで団子になるので団子坂?
後者なら、炭団坂も急坂で雨の日に転んで炭団のようになるからですね。

なお団子坂は菊人形の発祥の地でもあるようで、
明治時代にはここで4軒の植木屋が腕を競っていたらしいです。

坂を下って不忍通りを越え、よみせ通りに続く道へと左折します。

081223_04.jpg

ゆるくカーブしている道、ここが今はなき藍染川があったところ。
染井を水源に、上流より、境川→谷田川→藍染川と呼ばれていたようですが
大正年間より暗渠工事が始まって、今は道路の下を流れているとのこと。

いつもの道を通り、またいつもの帰路での買い物もして戻るいつもの散歩。
でも「ぶんきょうの史跡めぐり」の本を読んでいるので
新たな発見もありました。

posted by fronte360 at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 08-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

向陵坂、富士見坂、与楽寺

昨日の早朝散歩はスピードは遅かったものの
けっこう体力を使っていたようで、部屋に戻ってからぐったりとしてて
コタツで昼寝をし、夜もまたコタツでうたた寝をしてしまいました。
気だるかったなぁ・・

夜中に目覚めてトイレに行ったものの、布団を敷く元気はなく
またそのままコタツに潜り込んで5時半に起床。
ちょっと楽になったかな・・・

今朝もいい天気なので、朝7時過ぎ、散歩で富士山を見に出かけました。
西日暮里駅を目指し、向陵坂を登って、まず向陵稲荷社にお参り。

081207_01.jpg

線路沿いの高台に出て、日暮坂を下って陸橋で道路を渡り
西日暮里公園を抜けて富士見坂へ。

081207_02.jpg

ちゃんと今日も見えました。 やはり雄大ですね。

さて、ここからちょいと思案し、電車で巣鴨に移動
24時間営業のスーパー西友でバナナなど食材を色々と買い込みましたが
4枚切りの食パンがあったのが嬉しかったですね。

関東の食パンは薄切りで、8枚切、6枚切が主なんですよね・・
関西では普通に見かける5枚切は見たことがありません。
表面がカリっと焼けて、ボリュームを感じるのは厚切りなのにねぇ。

帰り道、歩いて帰るつもりでしたが、やはり大事をとって電車で移動
田端駅南口よりいつもの帰宅道。

なんだか物足りない気持ちもし・・・
毎朝の通勤で前を通っているのに、中に入ったことない与楽寺
境内に入ってみました。

081207_03.jpg

賊除地蔵というのが本尊だそうですが、秘仏なんだとか・・・
ところで境内の横の広場(児童公園)の銅像、いったい誰なんでしょうね。

081207_04.jpg

真言宗なんで空海でしょうかね、
誰かよく分かりませんが、お祈りして9時前に戻ってきました。

今日は図書館にCDを返しに行かなくては・・・

 ●

ご近所の本駒込図書館に行って借りていたCDを返却し、
新たにCDを借りてきましたが・・・

ニールセン/交響曲全集、ネーメ・ヤルヴィ指揮エーテボリ管弦楽団
ザ・バンド/ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク
てるてる家族の昭和歌謡アルバム
邦楽決定盤2000シリーズ・義太夫

と、クラシック、ロック、歌謡曲、邦楽・・と、見事にバラバラですねぇ。

でも義太夫、文楽が好きで、あまり観てませんが数回は実演を観てまして、
太棹の三味線を伴奏に太夫さんが語る義太夫にとても興味あったりします。

文楽は上方・大坂(大阪)の発祥でしょ。
その昔、漫才の三人奴さん、リーダーの塚本奴さんが太棹を持って
義太夫を高座でやってまして、これが好きでした。
こおいうのを耳にしているせいでしょう、今風のラップはダメなんですね。

壺坂霊験記(沢市内の段)、この義太夫節が面白いですねぇ・・
有名な「三つ違いの兄さんと…」お里の口説きが入ったところですよ。
三人奴さんの漫才のネタでもありました。

あぁ、また文楽を観たくなりました。
posted by fronte360 at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 08-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

動坂、春日、炭団坂、菊坂、東大

昨夜は日帰り温泉施設での忘年会
例年、温泉に泊まりがけだったんですけれど・・・
昨今の状況でこうなりましたが、意外と盛り上がって良かったですね。

でも沢山食って、ビールをしこたま飲んだので
今朝計ったら体重1キロ増ですね。 また頑張らないと・・

そんなこんなで、寝たのは1時過ぎだったのですが、
早朝覚醒なので、5時前に目覚めてしまいましたよ。 いやはや・・・

で、今朝のゴミ出しついでの早朝散歩は身体がだるくて(睡眠不足)、
胸も少々重い感じもし(要注意、睡眠不足は心臓によくないんですよ)
歩くスピードを落とし、ゆっくりと動坂を登り始めました。

でも・・・結局は2時間半ほど、けっこう広範囲に歩き回ってました。
このまま昼寝するかな〜

とにかく今朝の記録は以下のとおり。

まずは動坂貝塚の石碑

081208_01.jpg

正面部分がガラス張りで、土に埋もれた貝を見ることができるんですね。
そのまましばらく歩くと、徳源院日切地蔵

081208_02.jpg

願い事を日を限って祈念すれば、満願の日に先立て適うのだとか・・・
昭和60年に動坂からこのお寺に移されたそうです。

本郷通りを越え、白山通りの手前の白山商店街を南下
商店街も途切れたので、白山通りを渡って、柳町小学校脇を通り
文京シビックセンターを目指して更に南下すると春日通り。

081208_03.jpg

春日局の像、春日通りの名の由来は春日局なんですね。
礫川公園に入ると・・

081208_04.jpg

サトウハチローの童謡「ちいさい秋みつけた」の3番の歌詞にある
ハゼの実はこの木の実とのこと。 樹齢70年で今も実をつけるそうです。

081208_05.jpg

その隣には、幸田文が小石川植物園の山中寅文から譲りうけた
ハンカチの木」だそうです。 珍しい木だそうですね。

ここから春日通り東進、先日行った文京ふるさと歴史館前を過ぎて
炭団坂、この坂上の右側が坪内逍遥旧居跡

081208_06.jpg

坂を下ってから炭団坂の写真も撮りました。

081208_07.jpg

細い路地を通り、菊坂下道を西方向に歩いて探しますが、見つかりません。
行き過ぎて菊坂上道に出たら、伊勢屋質店を発見。

081208_08.jpg

樋口一葉がよく通ったという質店で、
一葉の葬儀のときには、伊勢屋から金壱円の香典が贈られたそうですね。

上道を引き返して、再度下道に戻ってみたら・・・
今度は宮沢賢治の旧居跡を見つけてしまいました。
平成2年に取り壊されて今は瀟洒な住宅になっていますが、
ここの2階に住んでいたようです。

081208_09.jpg

下道を少しあるいて左側の路地を抜けたところで見つけました。
樋口一葉の菊坂旧居跡

081208_10.jpg

一葉が使ったであろう井戸が明治の面影を残しています。

081208_11.jpg081208_12.jpg

階段を登ったところから下も写しておきました。
今でも人が住んでおられるので、そっと静かにここを辞し、帰路とします。

本郷通りに出て北上、赤門前にも樋口一葉にゆかりの場所があります。

081208_13.jpg

桜木の宿」と呼び懐かしんだといわれる幼少時に住んだ場所が
11月23日の一葉忌が執り行われる法真寺の東側(この写真では左側)に
あったようです。
また「腰ごろもの観音さま、濡れ仏にておわします」と書かれたのが
法真寺腰布観世音菩薩。 屋外に置かれてあります。

081208_14.jpg

ちょっと退いたところからの写真も撮っておきました。

081208_15.jpg

本郷通りを北上、
東大の正門より中を見ると、見事な銀杏の黄葉じゃないですか。

081208_16.jpg

思わず構内に入って散歩を続け、西片門よりまた本郷通り。
農学部の角を曲がって、いつものS坂を下って、根津神社へお参りし、
不忍通りを少し北上してから、谷中よみせ通り経由で戻ってきました。

今日は買い物はなし。 ダイエットしなくてはね。
posted by fronte360 at 11:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 08-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

富士山、東京タワー、愛宕神社

昨夜も強烈な睡魔が襲ってきて22時に床につきましたが
2時頃でしょうか、目覚めました・・・
けど、浅い眠りながらなんとか5時過ぎまで布団にいて、起床。

ホームページに演奏会感想文の抄録をアップしていたら6時半
外は良い天気ですね。 今日こそは・・・と早朝散歩に出発。

谷田川通りから、谷中よみせ通り延命地蔵尊にお参りしてから
道灌山方向へと路地を進むと・・・

081130_01.jpg

布袋のタイルをたくさん貼っているお寺を発見。
修性院というのだそうです。

081130_02.jpg

谷中七福神の一つ「ひぐらしの布袋」とよばれているのだとか
この塀を見ながら進んでゆくと、富士見坂

081130_03.jpg

ここをネコとともに登ってゆきますと・・・

081130_04.jpg

見えましたよ、富士山!!
左側の稜線がビルに隠れていますが、意外と大きくみえますね。 感激。

さて、ここから西日暮里の駅に移動して電車の人になり、
降りたのは新橋駅。 烏森口より散歩を再開します。

目指すは愛宕山、なんとなくの方向を頼りに歩き出しましたが
御成門まで行ってしまいましたよ。
ついでなんで、東京タワーの写真を撮っておきます。

081130_05.jpg

まだ特別展望台の上にある丸い部分にはどうにも違和感を覚えてしまいます。
関西にいて、当初の姿がまだ焼きついているからでしょうね。

とにかくここから愛宕警察前に戻り、赤レンガ通りでぐるりと引き返し
慈恵会医大病院前へと進み、愛宕神社前交差点を越えて、
トンネル脇のエレベータを利用しての愛宕山登山!! 朝日がまぶしい!!

081130_06.jpg

まだ8時前、山頂は静かです。
ネコが2匹のそのそ歩いてゆくのを横目に愛宕神社にお参りです。
都会の喧騒を忘れさせるところですね。

081130_07.jpg

エレベータで来て、出世の石段を降りるのはちょっと気がひけましたが、
エレベータで降りてまた登る元気もなく、落ち葉を踏みながら、下山。

081130_08.jpg

この石段ですれ違った方は、インドの女性の方でしょうか、
数段登っては休みながら、ゆっくりと登ってゆかれました。
今度来たときにはこの石段を登ることにしましょう。

これから帰路、新橋駅まで歩いてもどってまた電車の人になります。
田端駅、愛用の南口より出て、8時半に戻ってまいりました。

さてこれから千石図書館に向うとします。 例のCDを探しに・・・
もちろん歩いて、ですね。 とにかく朝から元気です。

 ●

千石図書館に行ってきました。

081130_09.jpg

天祖神社にお参りし、駒込富士神社前を通り、
文京グリーンコートの裏道、アジア文化会館の前を通って・・・
これもよく通る散歩道ですが、千石図書館は始めての訪問となります。

ネット検索のとおり(予約してませんでしたが)ちゃんとありました。

千石図書館にはビデオやDVDの貸し出しもあるんですね。
ちょっと眺めていましたけど、それはまた今度にして戻ってきましたよ。

まだ正午になる前、一日がたっぷりとしていますし、いい天気ですね。
posted by fronte360 at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 08-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

文京ふるさと歴史館

良い天気でした。
文京区に半年以上住んでいるので、一度行っておきたかった
文京ふるさと歴史館」を訪れることにしました。

まず、行きがけに本郷図書館でCDを物色しましたが、収穫なし。
藪下の道を通り、根津神社に寄ってお参してからS坂を登って東大前・・
いつもの散歩コースですが、本郷3丁目を右折するのは始めてですね。

右に折れる道を探しながら歩いて、発見!!
でも「文京ふるさと歴史館」の前は行き過ぎ・・・まずは真砂中央図書館
ここも始めてなんです。

081129_05.jpg

CDを物色、ちょっと数は少ないようですけれど、
欲しかったのがあって、5セットを借りることにしました。
でもまだお目当ての1アイテムが見つかりませんけれどね。

ここを辞し、来た道を引き返してようやく「文京ふるさと歴史館」

081129_06.jpgbunkyo_hurusato_rekishi.jpg


bunkyo_syokubunnka.jpg特別展「ぶんきょう食の文化展」を開催中。

300円を払って入場しましたが、
これが展示数はそんなに多くないものの、
なかなか考えられた構成で、かつパネルも要点を突いて簡潔かつ分かりやすく
あれこれ考えながら観ていました。

文京区で明治期に酪農をやっていたなんて、面白かったですね。

そんな文京区の歴史は、縄文・弥生時代の遺跡や貝塚から
一気に江戸時代以降になってしまうのは関東一円では普通のことでしょう。
(この時代の文化の中心は関西ですものね)。

でも江戸期は将軍のお膝元、戦災はあったとはいえ、
たかだか200年程前のものなので、数多くの史跡がありますよね。

受付横に置いてある刊行物、
文京の坂道」とどっちにするか迷いましたけど
散歩の手引きとして「ぶんきょうの史跡めぐり」を購入しました。
B6サイズで200ページ弱、160の史跡が紹介されています。

bunkyo_shisekimeguri.jpg

とにかくたっぷりとここを1時間以上鑑賞したあと、
春日通りに出て、湯島天神を目指します。 これもよく通るコース。

天神さんにお参りし、長男のために学業成就の鉛筆を購入。
合格祈願のお守りは、すでに鶴岡八幡宮で買ったのを渡しています。
いろいろと大変ざんす。

さてここを出て、ちょいと思案。
御徒町や上野にはいつも歩いているので、
上野広小路の松坂屋前より、今日は秋葉原へと進んで電車で田端に。

田端駅のみどりの窓口で12月2日の出張の切符を確保しました。
この時点で16時40分でしたが、大慌てで本駒込図書館に向かいました・・
が、本日3件目の図書館でしたけど探していたアイテムはありません。 残念。

買い物をし、17時過ぎに部屋に戻ってきました。
なんだかんだと、今日もけっこう歩きましたね。

次回からは「ぶんきょうの史跡めぐり」を参考にして、
また精力的に歩きたいと思います。

posted by fronte360 at 20:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 08-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

谷中の築地塀、観音寺、朝倉彫塑館

1日余分にお休みをいただいたこともあって慌しい週でした。
とくに昨日は、昼食も採れず・・・慌ててパシフィコ横浜に移動
第10回図書館総合展のフォーラム受講になんとか間に合いました。
(冬だというのに汗だらだら)

フォーラムを主催した会社の方とビジネスの話もできましたし
だんだんと営業職も身についてきたでしょうか。

当初はそのまま直帰する予定でしたが、仕事が残っていたので、帰社。
これでなんとか週末を迎えることができました。

昨夜も疲れ果てて22時過ぎに床につきましたけど、
夜中2時に目覚めて眠れなくなりました。
TVを見たり、「ゆらこめ」を読んでみたり・・・
ようやく2時間ほどして眠りにつけましたが、早朝覚醒で6時起床ですわ。
困ったものです。

さて、今日のゴミ出しついての早朝散歩
電車移動し、遠征するつもりで田端駅南口に向かいましたけれど、
あまりにいい天気なので、計画変更!

西日暮里駅、道灌山へと歩き、富士見坂に向いましたが・・・
すっかり快晴と思いきや、富士山のあるあたりだけ雲海があり
見えませんでした。 残念。

そのまま坂を下って谷中銀座を通り越し
岡倉天心記念公園」も過ぎてコミュニティセンターの角を曲がり
築地塀を目指します。

081129_01.jpg

築地塀、平成4年まちかど賞とありました。
けど意外と小さな感じでしたね。

角を曲がったら観音寺、ここの塀が築地塀だったのですね。

081129_02.jpg

案内板を読んでみると、赤穂浪士ゆかりのお寺だそうです。
四十七士の近松勘六行重(享年34)と奥田貞右衛門行高(享年26)は、
ここで修行していた第六世朝山大和尚の兄と弟だそうです。

081129_03.jpg

境内にも入ってみると本堂は風格があって
この右手には大師堂や石碑、石仏もあり、落ち着いた感じですね。

さてここを出てしばらく歩くと朝倉彫塑館

081129_04.jpg

彫塑家朝倉文夫(1883〜1964) の住居兼アトリエだったところで
自ら設計・監督をし、8回におよぶ増改築の後、
昭和3年から7年の歳月をかけて新築、昭和10年に現在の形
になったそうです。

西洋建築と和風建築を融合したのだそうですが、
朝まだ8時前なので玄関の洋風のアトリエ棟を見上げて、帰路とします。

谷中銀座を抜け、よみせ通り、いったん不忍通りに出て買い物・・
いつものパターンで部屋に戻って、ちょうど1時間の散歩。

今朝は軽め、ちょいと疲れているのでこのくらいで充分でしょう。
posted by fronte360 at 13:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 08-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

延命地蔵尊

今朝も早朝覚醒で3時半には目覚めて・・・
うつらうつら寝なおしながらも、5時を回って起床ですわ。
困ったものですね、まっ、休みなので昼寝で睡眠補給しますかね。

さて6時半を回って外も明るくなってきたので、早朝散歩

パラパラと雨が降ってきましたよ・・・
予定を変更して、谷田川通りから、谷中よみせ通りに進んで
延命地蔵尊にお参り。

081116_01.jpg

いつもこの前は通っていますが、初めてのお参りになります。
今朝も7時前なのにちゃんと開いてて、お供えや灯明なども供えられ、
地元より愛されているのがよく分かりますね。

081116_02.jpg

お参りしているうちに本格的な雨になってきましたよ。
慌ててここからちょいと先まで進んでお買い物
明日の朝バナナと日用品などを捕獲して戻ってきました。

わずか30分ほどの早朝散歩でした。
posted by fronte360 at 08:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 08-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする