2010年05月09日

大塚界隈・天祖神社

単身赴任して2年経過、通勤定期の更新時に川崎〜大塚まで延長しましたので
小石川図書館に向うのに、JR大塚駅より歩いてみました。

駅前の商店街「さんもーる大塚」入口に鳥居

100509_01.jpg

天祖神社の鳥居ですが、この前を都電荒川線が走っております。

100509_02.jpg

ここを渡って商店街の中を歩くと、緑の多い天祖神社をすぐに発見。

100509_03.jpg

本殿に向う前に、境内を散策すると大きな夫婦公孫樹(イチョウ)

100509_04.jpg

御神木だそうですが、先の戦災で焼けて黒くなった跡も残ってます。

100509_05.jpg

それがかえって尊いように思えますね。

100509_06.jpg

さざれ石、国歌「君が代」にも謡われるものが置いてありました。

100509_07.jpg

本殿でお参りしましたら・・・

100509_08.jpg

奥に置かれた鏡が自分を映しているのに、少々ドキっとしました。
敬虔な気持ちになって拝まさせていただきました。

.
posted by fronte360 at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 09-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

世田谷美術館・向井昭蔵の思想と建築

年末挨拶にて、世田谷美術館の招待券を頂きましたので、行ってきました。

091223_01.jpg向井昭蔵の思想と建築
自然の秩序を建築に

建築家向井昭蔵さんの作品を中心に
祖父で函館のハリスト教会など正教会の建築を手がけられた河村伊蔵
やはり建築家であった父の内井進の業績も踏まえ、
設計図面、写真、模型、映像などを通した展覧会でした。

学生時代、製図の授業ではカラス口で図面を引いていたこともあり
設計図面なども興味深く、見たいのですけれど
何ぶん寄る年波で目が悪く(老眼ですわ)、緻密な図面に驚くばかり。
少々疲れました。

でも世田谷区にある砧公園、広々として気持ちよかったですね。
いい天気だったし、用賀の駅から歩いて行きましたよ。
「いらか道」を辿ってゆくと到着する仕掛けになっているようです。

091223_02.jpg

そして環八通りを渡って、砧公園ですね。 初めて訪れました。

091223_03.jpg

砧大塚というものもありました。 古墳ではなく宗教行事で使われたとか

091223_04.jpg

そして世田谷美術館に到着

091223_05.jpg

この美術館も向井昭蔵の設計によるものとか

091223_06.jpg

さすがに凝ってますよ

091223_07.jpg

そしてここを後に、広々とした公園を抜けて帰路としました。

091223_08.jpg

posted by fronte360 at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 09-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

東京大学総合研究博物館・小石川分館

いい天気ですね〜 お昼前に散歩に出発しました。
動坂下より白山、小石川植物園の脇を抜けて、播磨坂

091220_01.jpg

春、この坂の桜が綺麗だそうですが、今年の春はてんやわんや
来れなかったなぁ・・・などと思いつつ、小石川図書館へ。

091220_02.jpg

CD4枚を返却し、また新たに9枚借りてきてしまいました。
今回は、クラシック、ジャズ、ロック、JPOP、演歌、落語、浪曲
多彩なラインナップですよ。

091220_03.jpg

三善晃/ピアノ協奏曲、ヴァイオリン協奏曲 本荘玲子(p)、江藤俊哉(vn)他
シューマン/交響曲全集 D・ジンマン指揮チューリヒ・トーンハレ管
中本マリ/サマータイム
フォーカス/LIVE AT THE RAINBOW
フォーカス/THE BEST OF FOCUS HOCUS POCUS
aiko/桜の木の下
水森かおり/歌謡紀行X〜熊野古道〜
笑福亭仁鶴/初天神、向う付け、青菜、七度狐
京山幸枝若/浪曲江州音頭 任侠赤城山

頭の中は、ごちゃごちゃ!?・・ そう、こんなときは
東京大学総合研究博物館・小石川分館

091220_04.jpg

常設展示「驚異の部屋 -The Chambers of Curiosities」

091220_05.jpg

「驚異の部屋」の説明については、wiki に任せるとして
色々な古物が説明もなくただ並んでいて、想像せよ、考えよ、ということ。

091220_06.jpg


091220_07.jpg


091220_08.jpg

ここは無料なんですが、外に出ると小石川植物園の庭が拡がってます。

091220_09.jpg

もちろん植物園は有料なんで入ることは出来ませんが、借景ですかね。

091220_10.jpg

帰路はお隣の網干坂、青空に向って登りました。
どこへ行っても人が少なくて、気持ちよかったですねぇ。
posted by fronte360 at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 09-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

黒田記念室〜鶯谷、帰ってきて甘酒いただいてます

お昼すぎ、いい天気なので散歩ですよ。

東京大学の食堂で昼食をとるつもりでしたが・・・
団子坂あたりで方向転換、谷中を抜けて上野へと向かいました。

上野公園の東京国立博物館・黒田記念室

091219_01.jpg

日本近代洋画の父ともいわれる黒田清輝
遺言で、遺産を美術の奨励事業に役立てるように、とのこと
没後建てられのが黒田記念館。

091219_02.jpg

木曜日と土曜日の午後1時〜4時まで公開されていて、入館料は無料。

どなたもご存知と思う「湖畔」も展示されてますし、
大作の「智・感・情」などけっこうな数の絵画、写生帳などもあり、
また研究室には乾板式カメラなどもあって、興味深かったな。

ここを出てJR鶯谷駅へ

ちょっと前に見つけていたんです、この案内板

091219_03.jpg

山手線も京浜東北線も電車のイラストが古いのが味わいあります。

091219_04.jpg

そしてこの時期に掲げられる下谷七福神の垂れ幕のイラストは
赤塚不二夫さん。 ほのぼのしますね。
091219_05.jpg
山手線で御徒町に移動、
久しぶりの吉池を探検、
いろいろなお酒を見てました。

「榮川」の純米が 2,000円程だったかな
心揺れましたが・・・結局買ったのは
「雪中梅」の酒粕(500g、210円)

部屋に戻り、さっそく甘酒作り。
適当に作りましたけど、美味しい〜

身体が暖まると同時に、お腹も膨れますね。
一石二鳥、いや、でも太るかな・・ ま、いいでしょう、美味しければ。

ところで、今朝は午前3時前に目覚めました。

といっても、一人暮らしの気軽さ、
昨夜はなんと8時過ぎに床を敷いて電気を消してTVを見ていたら、
8時半には寝てしまってました。

睡眠時間6時間を確保できた格好ですけれど、
何度か目覚めてトイレにも立ったし、睡眠の質は良くはないのですが、
なんとか量でこなした感じかな、比較的調子のいい朝でした。 久しぶりかな。

なお早朝のゴミ出しついでの散歩は、ご近所を軽く回って富士見坂へ行き、
雪を頂いた綺麗な富士山を拝んで戻ってきました。
三脚を立てて写真を撮ってらっしゃる方もいましたよ。

毎日休みでもいいな・・・
posted by fronte360 at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 09-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

再会・羊蹄丸

今朝は仕事で都内への出張、で、初めてコレに乗りました。

091217_02.jpg

今日は都合4箇所廻りましたが、ここからスタート。

091217_01.jpg

所要を終え、ふっと見たら・・・ 羊蹄丸じゃないですか!!!
懐かしいなぁ〜

091217_03.jpg

後甲板デッキ、シンボルマークの所で撮った写真が自宅にありますよ。
まだ20歳台、帯広から大阪に帰省する途中ですね。
トンネルはなくて、青函連絡船の時代ですよ。

今度は仕事と離れ、また来たいな〜
posted by fronte360 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 09-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

駒込・田端界隈でお買い物

今朝は、なんとか踏ん張って午前5時に目覚めました。

その後もヘッドフォンをかけて、目を閉じ、昨日借りてきたCD
アラン・ホヴァネスと矢代秋雄を聴いて、寝ようと試みましたけれど
ダメですね。 観念して起きました。 でも少々調子は良いかな。

先週、かなり歩いたので、今週は抑え気味としています。
よって朝の散歩はなしとし、午後よりJRで巣鴨に行って食材の調達、
やはりJRで駒込駅まで戻り、ここから歩くことにしました。

商店街はやはり面白いですね。 いろいろと買ってしまいました。

駒込銀座の入口にあるレンタルショップ(週代わりで違う店が出店します)
今週はバッグ関連のお店です。
月末帰省時に使うDパッグ(大きなのが欲しかった) 900円
牛革のサイフ(今のは破れかけてますし) 900円

今度はアザレア通りのレンタルショップ、ここは靴を売ってましたんで
防水で散歩時にはきやすそうなのがあって 1,500円

田端銀座では、ファッション市場(すごいネーミングですね)

091213_01.jpg

ここでカジュアルシャツ 599円
ディスニー柄のフリースのベスト 399円
シャツのネームを見たら MICHIKO LONDON JEANS って書いてますよ。
ディズニーのはホログラムのシールも付いてます。 ほんまかいな〜?
店内も見ましたけど、お宝?? 満載・・・ 自転車の数で物語ってます。

091213_02.jpg

なお、一軒おいたお隣には食パンだけを焼いているお店があって
店頭には、40cmはある食パンがズラリと並べられていますよ。
店内はパン工場で、年配のご主人が一人で切り盛りされているみたい。
お婆さんがパンのミミを貰いに来てて、愛想よく出しておられました。

けっこうな荷物になってきたので、帰りを急ぎましたが
魚屋「魚壮」の店頭に、刺身にも使えるイカが1杯 130円
ちょっと逡巡しましたが、これも頂いて帰ることにしました。

巣鴨で、本日限り3パック 299円のイカの塩辛を 199円で買ったんですけど
先日来、イカの塩辛造りにチャレンジしたかったんですよね。

帰宅後、さっそく捌いて、塩辛造り。 皮剥きもなんとか成功。
見た目は、らしい・・んですけど、どうかな〜、2〜3日後が楽しみです。
ゲソとエンペラは冷凍にしておきました。

さて、まだ時間が間に合うのでCDを返却しに本駒込図書館へ行きましたが、
返り討ちで、またまたCD7点を借りてきちゃいました。

091213_03.jpg

モーツァルト/ホルン協奏曲集 シュテンファン・ドール(hr)、シュルツほか
ムソルグスキー/禿山の一夜、展覧会の絵 レイボヴィッツ/RPO

カーメン・マクレエ&ジュリー・ロンドン

aiko/彼女
憂歌団/知ってるかい!?
水森かおり/全曲集〜鳥取砂丘
ふるさと演歌全曲集

ということで、さっきから水森かおりさんを聴いてますが
イカの塩辛といい、部屋の中はまるで居酒屋の雰囲気を醸しています。

実は、みもりん=水森かおりさん、お気に入りなんですね。
地方を舞台にした曲ばかり歌ってますけど、東京都北区出身なんですよ。
ご近所です。 親近感沸いてます。
posted by fronte360 at 18:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 09-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

東京大学・本郷界隈

昨夜、電気の切れたコタツで不覚にもうたた寝してしまいました。
寒くて何度も寝返ってましたけど、ようやく起き上がったら・・・
ちょうど午前4時ですよ。

休日の4時起きが完全にパターン化されたみたいで、困ったものです。
なんとなく気だるいので、朝のゴミ出しだけやって部屋に戻ってきました。
早朝散歩はなし。

でも11時、天気も良いので、本郷郵便局を目掛けて歩き始めました。
ここは文京区の中心的な郵便局・本局で、東京大学の正門前にありますので
いつものコースで東大の中に入って安田講堂前

091212_01.jpg

昨日の雨で随分と散ってしまったようです。

091212_02.jpg

黄色い絨毯ですが、湿ってて、滑って転ばないかと注意を要します。

正門を出て、郵便局の2階で所要を済ませてから、また正門から入って
安田講堂の地下にある、中央食堂に降りてゆきました。

091212_03.jpg

この先にメニューの陳列があって、食券売場この後ろ側
そして、さらに階段を降りると食堂のフロアになります。

091212_04.jpg

480円の中央定食にしました。
今日は、イワシの竜田揚げ(2切れ)、鳥の照焼きに、小鉢は冷奴ですね。
なかなか美味しかったですよ。

食事を済ませたら、ちょうど12時ですね。

このまま部屋に戻っても面白くないし、
食事のカロリーを消費するため、真砂中央図書館に進路を定めました。

またもや正門を出て、郵便局の角を廻って本郷5丁目界隈に入り込みますと
懐かしい木造旅館・鳳明館があります。 こちらは別館の玄関ですね。

091212_05.jpg

写真ではよく分かりませんが、床板がピカピカですよ。
看板の出ているほうが本館。 こちらも玄関を覗くと同じ佇まいです。

091212_06.jpg

本館の前から、梨木坂を下って、菊坂をちょっと横切り、炭団坂を上ると
真砂中央図書館にたどりつけます。

坂ばかりですが、坂があるからこそ変化に富み、風情を醸して面白いんです。
坂の名前もまたそれぞれに面白いですよね。

図書館では、以下のCD7点を捕獲してきました。 またもや雑食です。

091212_07.jpg

シューマン/交響曲第1・2番、準・メルクル/NHK響
シューマン/交響曲第3・4番(1841年版)、準・メルクル/NHK響
矢代秋雄/ピアノ協奏曲・交響曲、岡田博美(p)、湯浅卓雄/アルスター管
A・ホヴァネス/交響曲第6番他、R・ヴェルテン/イ・フィアミンギ

ZARD/Cruising & Live Live at the PACIFIC VENUS
aiko/暁のラブレター

サム・テイラー全集 〜魅惑のテナー・サックス〜

シューマンの交響曲第4番は、通常のとは違って、1841年第1稿によるもの。
第4楽章、こっちのほうが、飛び跳ねるような感じもして、好きなんですよ。
オーケストラ・アンサンブル・フォルツァの第11回定期演奏会(2007/2/18)の
素晴らしい演奏も思い出しました。

そして今は、サム・テイラー(SAM "THE MAN" TAYLOR)

部屋の雰囲気がガラリを変わりました・・・ 懐かしいなぁ。
「夕日に赤い帆」がお気に入りです。 2枚組み全44曲を楽しみましょう。
しかし、これらの音楽、今宵も飲んだくれてしまいそうな音楽ですよ。

でもでも、今夜は布団で寝よう!!
posted by fronte360 at 15:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 09-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月06日

よく歩きました、荒川区→足立区→北区

今朝もまた4時3分に目覚めてしまい、なんとか寝ようと試みましたが・・・
5時40分に完全に目が開いてしまいました。

昨日は長時間に渡って、かなりの深酒でしたが・・・ 意外と快調!?
シャワーを浴び、髪の毛も洗ってサッパリして、朝バナナの朝食のあと
7時を廻ってから散歩に出発ですよ。

雨上がり、いい天気なので、西日暮里の富士見坂

091206_01.jpg

今度のデジカメは望遠でここまで撮れました。 よしよし。
近くの諏方神社も秋色が濃くなっておりますね。

091206_02.jpg

ガード下をくぐって、西日暮里駅から尾竹橋通りで荒川を目指します。
お目当ては、荒川の土手から眺める富士山。

荒川の土手、いつもながら広々としていますし
雨上がりで空気も澄んでいて、空は綺麗です。 お月さまもまだおります。

091206_03.jpg

しかし、雨上がりの水蒸気の影響で、富士山は霞んでいますよ。
写真も撮りましたけど、今日は省略しましょう。

091206_04.jpg

小台の七庚申さんもまたちょっと秋景色。 いつもながら質実としてます。
今日は昨日のアルコールを抜くために、さらに足を伸ばして

091206_05.jpg

宮城氷川神社を経由、この写真では分かりにくいですが、
このお隣には富士山の溶岩の上に祠を構えた浅間神社も鎮座しています。

ここから王子経由で帰りますが、
隅田川を渡るとき、よく見たら、川向こうに富士山がうっすらと見えます。
ここからも見えるんですね。

091206_06.jpg

でもこの写真では霞んで富士山は見えませんが・・・いい天気ですよね。

王子駅をくぐって、飛鳥山公園に入ります。
ここも秋の気配が深まっていますが、個人的にはD51ですね。
運転席にも入れるのが嬉しいな。

091206_07.jpg

ゲーテの小径を通って、西ヶ原銀座→染井銀座→霜降銀座→駒込銀座
商店街はまだ朝の準備中でしたね。

このまま部屋に帰るつもりでしたが、駒込駅から電車で巣鴨のマーケットへ、
帰りも巣鴨から電車に乗りましたがが、駒込駅で下車、また歩きます。

アザレア通り→田端銀座
田端銀座の八百屋さんでまた食材を追加購入しました。
大根1本68円、築地のバナナ4本89円、サツマイモ(紅東)2本100円
安くて助かりますよ。

091206_08.jpg

ということで11時に帰宅。 4時間よく歩きました。
posted by fronte360 at 18:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 09-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

ご近所、一富士、ニ鷹、三茄子

先週、自宅ではよく眠れましたけれど・・・
こちらではまたもや午前4時、正確には3時52分に目覚めましたよ。

疲れが抜けてないせいでしょね・・・
7時前には何だか寒気もし、身体の動きが鈍くなってましたが、
ゴミ出しついでに、ご近所を軽く周ってきました。

まずは動坂を登ったところ、並木が色づいていますよ。

091205_01.jpg

もともと、ここに目赤不動尊(その昔は赤目不動だった)があったので
お不動さんの坂動坂 って言うんですね。

写真に写ってる交番の手前を右折、都立駒込病院にそって歩いて
駒込天祖神社の裏門を入ると、黄色の絨毯のようですよ。

091205_02.jpg

今来たところを振り返って写真を撮りました。
そして本殿にお参りして、振り返るとまた、黄色の絨毯。

091205_03.jpg

自転車は、銀杏を拾いに来ていらっしゃる方のですね。

しっかし、部屋の中では寒気もしてぐったりとしていたんですけど、
歩いているうちにエンジンがかかってきたみたい。
神社にもお参りして、気分も軽くなりました。

鳥居を出てちょいと歩くと、駒込富士神社

091205_04.jpg

富士山、富士塚ですね。

091205_05.jpg

写真に写る案内板は「駒込ナス」のことが書かれてまして、
かつてこのあたりでは、江戸の食料としてナスが生産されておりました。

天祖神社のあたりは、江戸時代には鷹匠屋敷、訓練所があったそうで、
一富士、ニ鷹、三茄子・・・ 縁起がよろしいところで帰宅としました。
posted by fronte360 at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 09-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

市谷亀岡八幡宮

今日は市ヶ谷でのフォーラムに参加
いつもよりのんびりとしてからの出勤でした(都内在住の特権ですね)。

目的地の手前に神社が見えたので、ちょいと寄り道。
市谷亀岡八幡宮だそうです。

091124_01.jpg

急な石段があって、まずはその途中に稲荷神社がありました。
茶ノ木稲荷神社というのだそうです。

091124_02.jpg

まずはここにお参り。
何でも、ここは亀岡八幡宮よりも古いみたいですね。
弘法大師にまつわるもので、この山の地主の神さまであるとのこと。
古来この地を稲荷山と呼んでいたそうです。
とりあえず朝はここまで、会場へと向かいまいした。

昼休み、たらふく食ったので、運動も兼ね、この石段を登りきると
銅の鳥居があります。

091124_03.jpg

文化元年(1804年)の建立だそうですよ。
本殿はこんな感じ・・・先の大戦で焼けてしまってまったそうです。

091124_04.jpg

でもこの左側には「力石

091124_05.jpg

江戸時代から大正のころにかけて行われた「力くらべ」の遺物。
この卵型した石を持って「力くらべ」をしたそうですが、
石の重さ、奉納した者あるいは持ち上げた者の名、奉納した年が刻印されて
最古は、寛政六年(1794年)のものがあるそうです。

なおこの市谷亀岡八幡宮
太田道灌公御勧請 江戸城西之鎮護」とあるように
太田道灌が江戸城を築いたとき、西方の守護神として
鶴岡八幡宮の分霊を勧請したことに始まるとのこと。

」に対して「」、だから亀岡八幡宮というのだそうです。
昨年は「」に行きましたし、今年は「」、なかなか縁起がよろしいかな。
posted by fronte360 at 20:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 09-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする