2012年06月11日

坐摩神社(いかすりじんじゃ)

9日朝、思い立って大阪市中央区本町にある坐摩神社に行ってきました。
通称「ざまじんじゃ」と呼ばれますが、「いかすりじんじゃ」と読みます。
鳥居は、大小三つの鳥居が組み合わさった「三鳥居」ですね。

P6090524
P6090524 posted by (C)fronte360

摂津国一宮、創建は古く神功皇后が三韓征伐を終えて戻ってきたとき・・・
って、調べてみるとこの神功皇后ってのは実在するのか ??
生年は170年で、201年から269年まで政事を執っていたようです ??
神功皇后については、→ ココ で確認ください。

P6090527
P6090527 posted by (C)fronte360

境内の紫陽花が綺麗だとのことで(ココ)やってきたのでした。
ここに来たのは始めてような気がします。 地元だったのに・・・

P6090551
P6090551 posted by (C)fronte360

いつ雨が降ってきても不思議じゃない天気
朝10時すぎということで少々光量不足ですが、なかなか面白い神社ですね。

P6090530
P6090530 posted by (C)fronte360

おっと時間切れ・・・ 月曜朝は忙しくていけません。 では・・・

.

posted by fronte360 at 05:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 12-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月08日

久しぶりの大阪城公園

3日の日曜、いずみホールでの演奏会のあと大阪城公園を抜けて帰りました。

水上バスがちょうど出るところでしたね。
右側の桟橋から180度方向転換して下ってゆきます。

P6030487
P6030487 posted by (C)fronte360

P6030488
P6030488 posted by (C)fronte360

この大阪城のある地区は、自分の小学校時代の校区にあたるのですけれど、
今は奈良県民、向こうに見える生駒山を越えて帰らねばなりません。

それはさておき、バンドのコンサートで賑わう大阪城ホールの前を抜け、
天守閣へと歩きます。

P6030493
P6030493 posted by (C)fronte360

これを渡って、刻印石広場とは反対側に「秀頼・淀殿ら自刃の地」
こんなのあったのですね。

P6030495
P6030495 posted by (C)fronte360

案内板を読んでみると、平成9年(1997年)に建てられた記念碑だそうです。
徳川軍の追い詰められた豊臣秀頼とその母淀殿が、山里丸にあった櫓にひそみ、自害したと多くの記録が伝えている。
と書かれてました。

P6030504
P6030504 posted by (C)fronte360

刻印石広場では、大道芸の方が数名、技を競っておられましたね。
赤い大きな風船が分かるかな、子供相手に大阪弁で熱演されたましたよ。

P6030501
P6030501 posted by (C)fronte360

P6030499
P6030499 posted by (C)fronte360

これは何処のかと、個人的には、刻印の方に興味ありましたけど・・・

.

posted by fronte360 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 12-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月07日

彌榮神社(いやさかじんじゃ)

司馬遼太郎記念館の近くまで来て、神社を発見、彌榮神社でした。
新字では、弥栄神社(やさかじんじゃ)やな、と思って案内板を読んでみたら、
彌榮神社(いやさかじんじゃ)なんだそうです。

P6020479
P6020479 posted by (C)fronte360

熱心に拝んでおられる方がいらしたので、そっと離れて写真を撮りました。

P6020483
P6020483 posted by (C)fronte360

なお案内板には以下のように書かれてました。

神社は旧大和川支流の東岸近くに位置し、もとは牛頭天王(ごずてんのう)と称されていました。創建年代は不明ですが、祭神は須佐之男命(すさのおのみこと)です。伝えによれば、天正の頃、石山合戦により村落とともに消失したと伝えられています。その後、慶長5年に片桐且元(かたぎりかつもと)より社地を拝領し社殿を再建したと宮の記録に記されています。明治5年に現在の社名に変わりました。境内には文化二年(1805)の手水鉢、旧社名の牛頭天皇宮と刻む享保十三年(1728)の燈籠、文政十一年(1828)の狛犬等があります。また、境内には旧大和川支流の堤防上に生えていた樹木が数本残り、いずれも堤防の土が取り去られたため、土中にあった根が浮き上がっています。
彌榮神社(いやさかじんじゃ)北側の一段高いところは、中小坂の村落を洪水から守るために築かれた堤の跡です。大坂夏の陣のとき、若江で陣を張っていた豊臣方の武将木村重成が大坂城の救援に向かいここまで来たとき、大坂城が炎に包まれていたため、馬の上に立って大坂城に別れを告げ、再び若江に戻って戦死しました。このことからここを馬立(うまんたて)と呼ぶようになったと言われています。


P6020482
P6020482 posted by (C)fronte360

ここで、携帯電話が鳴って、奥さんの仕事が終わったそうです。
家を出た時間が遅かったので仕方ないですね。

P6020485
P6020485 posted by (C)fronte360

足早に司馬遼太郎記念館の前を通りすぎて、帰路としました。
また探検しに来ようと思います。

.

posted by fronte360 at 05:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 12-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月06日

河内小阪駅前

2日の土曜日、ふっと思い立って近鉄奈良線・河内小阪駅に降り立ちました。
通勤では毎日通っていますけれど、降りたのは初めてかなぁ・・・
河内の下町らしい雰囲気のある町ですね〜

P6020476
P6020476 posted by (C)fronte360

駅前の見守地蔵さん
昭和27年12月31日、当時の警察署長さんら2名の方が踏切事故で亡くなられ、
その慰霊と交通安全を祈って建立されたとのことです。

駅前に地図があったので確認すると歴史マップで、
散策にはいい所みたいですが、とりあえず今回はコレ↓を目指して歩きます。

P6020477
P6020477 posted by (C)fronte360

小阪本通り商店街の大きなアーケード、スカイドームと呼ぶんですか、
なかなかこれも風情ありますな。

これを抜けてちょっと歩いた中小阪公園で
司馬遼太郎さんの「21世紀に生きる君たちへ」という碑がありました。

P6020478
P6020478 posted by (C)fronte360

21世紀に生きる君たちへ  司馬遼太郎

 君たちは、いつの時代でもそうであったように、
自己を確立せねばならない。
 −自分に厳しく、相手にはやさしく。
 という自己を。
 そして、すなおでかしこい自己を。
 21世紀においては、特にそのことが重要である。
 21世紀にあっては、科学と技術がもっと発達するだろう。 科学・技術が、こう水のように人間をのみこんでしまってはならない。 川の水を正しく流すように、君たちのしっかりした自己が、 科学と技術を支配し、よい方向へ持っていってほしいのである。

大阪書籍「小学国語」より抜粋

.

posted by fronte360 at 05:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 12-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月16日

天満天神繁昌亭へ行ってきました

昨日は、大阪天満宮の裏手にある天満天神繁昌亭へ行ってきました。

IMGP8041
IMGP8041 posted by (C)fronte360

生憎の天気で、プログラムもパッと見たところ若手・中堅どころばかり
テレビでお目にかかれる人はいませんでしたけれどもなかなかに好演ばかり、
昼席の3時間があっという間に過ぎてしまった印象です。

IMGP8045
IMGP8045 posted by (C)fronte360

お噺の内容を語ることはできませんが、繁昌亭の内部をば・・・

IMGP8046
IMGP8046 posted by (C)fronte360

天井のちょうちんがいいですね。

IMGP8049
IMGP8049 posted by (C)fronte360

.

posted by fronte360 at 05:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 12-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月29日

早朝散歩・石切さん

GW2日目、休みというのにいつもどおりの早朝覚醒、5時起き。
家人が寝ているのを良いことに7時前より散歩に出発。

ご近所散歩、いつもの秋篠寺・西大寺くらいしかコースがなくて・・・
単身赴任・文京区在住時代のような面白みが少ないのが残念なので、
電車に乗り、生駒トンネルを抜けた石切へと行ってきました。

P4290241
P4290241 posted by (C)fronte360

石切さん、大阪人からは親しみを込め、そう呼ばれている石切神社
正確には「石切劔箭神社(いしきりつるぎやじんじゃ)」ですね。

神社への参道、普通は下から登ってゆくものですが、
石切さんは近鉄奈良線石切駅より山を下ってゆくので楽チンですし、
また、突っ込み所満載の参道の出店がまた面白いのですが、それは後日。

P4290255
P4290255 posted by (C)fronte360

石切さん、今朝も早くから多くの方がお百度を踏んでおられました。
この写真で、ひとまずネットから離脱・・・家人が起きてきました・・・

.



posted by fronte360 at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 12-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月26日

天神さん・登龍門

本殿脇に「登龍門」というのを発見しました。

IMGP8014
IMGP8014 posted by (C)fronte360

龍の図柄の灯篭があったそうですが、戦前の金属供出でなくなったのを
菅原道真公千百年大祭記念として再現されたのだそうです。

IMGP8016
IMGP8016 posted by (C)fronte360

上野東照宮や護国寺などでよく見た銅灯篭ですが、
それらは江戸時代のものなので、金属供出されなかったようですね、
なんでやろ、というのは置いといて・・・

IMGP8017
IMGP8017 posted by (C)fronte360

この灯篭、屋根の部分が威勢よく跳ね上がる鯉で、
胴体には龍が巻き上がって逆巻く水面から天空目指して舞い上がらんと。
これが登龍門、鯉が登って龍になる、中国の故事によるものだそうですよ。

.

posted by fronte360 at 05:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 12-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

天神さん・大阪天満宮

大阪では「天神さん」と呼ばれる天満宮
正式名称は・・・ちょっと戸惑ってしまうほどで「大阪天満宮」かしら
ホームページを検索すると「天満宮 大阪天満宮 天満天神」で出てきます。
それほど「大阪天満宮」という呼び方がされていないことの証みたいですね。

IMGP8018
IMGP8018 posted by (C)fronte360

この本殿は、天保14年(1843年)に建てられたものだそうですが、
平安中期、菅原道真の死後50年、村上天皇の勅命による創建とのことです。

IMGP8020
IMGP8020 posted by (C)fronte360

天神さんというと、梅と牛がつきものですが、こちらの牛さん
スエヒロと書かれてあったような・・・ステーキのスエヒロの奉納みたい。

おっと、今日もここで時間切れ・・・毎朝忙しい・・・

.

posted by fronte360 at 05:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 12-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月24日

天満天神繁昌亭

昨日16時に退社し、天神さんへ行ってきました。
2006年に開席された、大阪では唯一の落語の定席・天満天神繁昌亭

IMGP8012
IMGP8012 posted by (C)fronte360

なかなか天神さんに来ることもなくて、ここに来たのは始めてですよ。
天神さんの裏手にあります。 

IMGP8013
IMGP8013 posted by (C)fronte360

まだ中には入ってませんけどね・・・

おっと、今朝はここで時間切れ。

.


posted by fronte360 at 05:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 12-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月20日

造幣局の通り抜け

こちらに帰任して、新しい職場の仲間と行ってきました。
造幣局の通り抜け。 これは帰りのショット。

IMGP8004
IMGP8004 posted by (C)fronte360

結婚した当初に来て以来なんで、20年ぶりかしら。
仕事を終え、天満橋からゾロゾロと歩いて、多数の桜を愛でました。

IMGP7996
IMGP7996 posted by (C)fronte360

あいにくカメラの調子が悪く、電源がいきなり落ちてしまうので、
かえってゆっくりと桜を見ていたかもしれませんね。
週末は天気も良くないようで、名残の桜かしら。

観桜のあとは、花より焼き鳥とビール、そして日本酒で・・・23時帰宅。
散財してしまいましたけれども、それもお花見シーズンということですね。

.

posted by fronte360 at 05:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 12-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする