最近の記事

2011年05月12日

大塚〜田端、護国寺

大塚から田端まで歩いた記録、音羽富士登山を終えて護国寺境内へ

護国寺は、第5代将軍徳川綱吉の母桂昌院の発願によって創建された寺院。
広い境内は、江戸時代の雰囲気を残したものが多く存在しています。

しかしいつもの早朝散歩と違い、昼間は自動車が多くて落ち着きませんね。

IMGP4603
IMGP4603 posted by (C)fronte360

できるだけ自動車を避けた感じのでの写真撮影を・・・

IMGP4601
IMGP4601 posted by (C)fronte360

ここの銅の灯篭、上野東照宮のに近い形でしょうかね。
上野のは、よく見るとけっこう壊れかかっているのがあるのですけれど、
ここの灯篭は状態良く残っています。

IMGP4605
IMGP4605 posted by (C)fronte360

そしてこれが大師堂、もとは薬師堂だったそうですが、
大正年間の火災で修理、現在地に移築して大師堂としたもののようです。

人が参拝していたので、ここで失礼しましたが、このお堂の脇には
高さ2メートルもある庚申塔があったことを後で気づきました。 残念。

IMGP4606
IMGP4606 posted by (C)fronte360

やはり人が多いと落ち着きません。不老門をくぐって先を急ぎましょう。

IMGP4609
IMGP4609 posted by (C)fronte360

仁王門より不老門を眺めるとこんな感じ。
ここはやはり朝早く訪れるのが正解なようです。 

.
posted by fronte360 at 05:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 12-奈良散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

窪町東公園にて

占春園を抜け出ると、湯立坂(湯坂)の下り坂の中腹より公園になっています。

IMGP4091
IMGP4091 posted by (C)fronte360

この坂、下から上ってゆくと程よいカーブであって良い景観なんですけど、
くだってゆくと、そこが窪町東公園。

IMGP4093
IMGP4093 posted by (C)fronte360

タンポポが咲いているのを見つけました。 今年初かな〜

IMGP4094
IMGP4094 posted by (C)fronte360

ハトがエサをついばんでいるのを見ていたら・・・

IMGP4096
IMGP4096 posted by (C)fronte360

桜の花が、ボト・・・ボト・・・と、落ちてきますので、見上げると・・・

IMGP4095
IMGP4095 posted by (C)fronte360

スズメですね。 桜の花をついばんで、蜜を吸っているようです。
最近、よく見られる光景ですね。
 ↓
http://www.asahi.com/eco/OSK201004100114.html

天気はイマイチで残念でしたけれど、
暖かくて、春がもうやってきているのを実感しました。

.

posted by fronte360 at 05:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 12-奈良散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月27日

上野まで・大黒屋

金曜夜に長男がやってきましたので、生活が乱れてます(苦笑)

さて、第4土曜日になったので、上野の西洋美術館の常設展示が無料観覧日
これに行くため、一緒に部屋を出たものの、お腹痛いというので部屋に戻り、
ちょいと休憩してから、長男を残し、一人で行くことにしました。

よみせ通りを南下、へび道も南下してゆくと上野まで徒歩30分で着きます。
その途中、言問い通りの角にある大黒屋さん

IMGP3883
IMGP3883 posted by (C)fronte360

風情のある、昔ながらの手焼き煎餅店です。
屋号のとおり、ガラスケースの上には大黒様が鎮座していますよ。

そして店内を見ると、恵比寿さまでしょうか

IMGP3884
IMGP3884 posted by (C)fronte360

進物用の紙箱に包装用の紐が下がっていて、時間が止まっているようです。

.


posted by fronte360 at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 12-奈良散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

池上本門寺、力道山に会う

五重塔に向うとき、後ろで「力道山のお墓はどこですか」という声が聞こえ
「五重塔の向こうに案内が出ていますよ」という会話をキャッチしました。
力道山のお墓がここにあったのですね。

IMGP2829
IMGP2829 posted by (C)fronte360

ということで、これもお導き、と思ってお参りいたしました。
右側にあるのが胸像です。 力強い、まさに力道山。

IMGP2831
IMGP2831 posted by (C)fronte360

左側の石碑には、一周忌に献納するとの文字、と1964年12月15日とあります。

IMGP2830
IMGP2830 posted by (C)fronte360

力道山が亡くなったとき、当方は幼稚園児だったわけで、
白黒テレビで一家で見ていたことを思い出します。

力道山が死ぬなんて、子供心に不思議に思ったものです。

.

posted by fronte360 at 05:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 12-奈良散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

品川界隈、天王洲橋

上村松園展、往きも帰りも東御所を通りましたが、
ここはいいですね、皇居ランナーもいませんし、ゆっくり歩けます。
このことはまた後ほどとして・・・

このまま東京駅から帰るのも勿体無い天気なので、品川に進出しました。

目的は品川神社あたり、第一京浜沿い、高輪出口から道路にそって歩く・・・
それでは、面白くないので、反対側の港南口から、旧海岸通りを南下します。

IMGP2689
IMGP2689 posted by (C)fronte360

天王洲橋、品川というと都会の雰囲気ですが、こんな光景も残っています。
海の方をみると、こんな感じですから、そっくり取り残された感じ。

IMGP2690
IMGP2690 posted by (C)fronte360

なお、この写真の左側に国立東京海洋大学の寮が写ってますが
東京海洋大学は、東京商船大学と、東京水産大学が統合されたものですね。
実はちょっと憧れていました(畜産大学に入ってしまいましたけどもね)。

このまま南下して、山手通りを右折すれば良いものを、直進・・・
地図を持たない散歩です。 でも、さすがに昭和橋を渡って ???
右折して品川警察も過ぎたあと、趣のある道を選んでまた右折して戻ると
そこは、旧東海道でした。

IMGP2691
IMGP2691 posted by (C)fronte360

このまま山手通りまで引き返し、一つ先に進んでサクセス品川という商店街、
ここで第1京浜を目指すと、この先にこんもりした茂みを発見。

IMGP2692
IMGP2692 posted by (C)fronte360

ここですね。 品川神社、ようやくたどり着けました。

.

posted by fronte360 at 05:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 12-奈良散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月03日

巣鴨・庚申塚の猿田彦大神

巣鴨といえば、とげぬき地蔵さまですが、
その前を通りすぎて、地蔵通り商店街を抜けると、庚申塚ですね。
その名のとおり、かつて江戸で一番大きな庚申塚があったところ。
庚申の申は猿のことで、今は同じ猿の字を持つ猿田彦大神も合祀されてます。

IMGP2075
IMGP2075 posted by (C)fronte360

天孫降臨の際に道案内をしたということから、道の神、旅人の神とされ、
中仙道、板橋宿の近く、旅の安全を守る道祖神であったようですね。

IMGP2076
IMGP2076 posted by (C)fronte360

中に入ると、左右に配された庚申さんが迎えてくれます。 いい笑顔です。

IMGP2078
IMGP2078 posted by (C)fronte360

この奥のお堂の中に、江戸時代の庚申さんが奉られているそうです。
あとは、スライドショウでどうぞ。



閑静で、ちょっと異空間的な雰囲気が漂って、好きなところです。

さて、昨夜の待機勤務は、思いもかけず18時半で解除。
事前のメンバーからの報告で、21時半までを覚悟してましたけどね。
それでも日報などを提出していたら帰宅は20時を回ってしまいましたが
久々にゆるりとした夜でした。

今日も決算処理はありますが、速報版なのでお昼前で終わるのが常です・・・
今日もそうあって欲しいですね。

お地蔵さま、庚申さま、猿田彦さま、よろしくお願いしまっせ。

.

posted by fronte360 at 05:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 12-奈良散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

大塚界隈・大塚公園

天祖神社を後に、新大塚へと向って歩きます。 人通りが少ないですね。

100509_09.jpg

新大塚より春日通り、茗荷谷へと歩く途中、大塚公園がありました。

100509_10.jpg

昭和3(1928)年に開園した由緒ある公園だそうで、入口に立つ銅像造やら

100509_11.jpg

マンホールの蓋にもモダンな雰囲気が漂っていますね。

100509_12.jpg

露檀(ろだん)いわゆるテラスもあったり、噴水もあるのですが・・

100509_13.jpg

庚申塔や地蔵尊が集められていることのほうが、個人的には興味ありました。

100509_14.jpg

庚申塔は先の戦災で被災したものがこの公園に移されたものだそうですが、
お顔がコンクリートかなにかで安易に修復されているのがちょっと残念かも。

100509_15.jpg

あと、この公園内には住好稲荷社がありました。
もとは松平家下屋敷内にあった稲荷社だったようです。
とにかくここもゆっくりとした時間が流れていて、良い所でしたよ。


.
posted by fronte360 at 14:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 12-奈良散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

サンライズ、多摩川より富士山の望む

今日は担当システムが経理処理で使われるための待機勤務で休日出勤。

と言うものの自分で何が出来るわけはなく、新大阪のメンバーが出勤するため
お付き合いみたいなものです、良くいえば川崎での連絡係ですね。

いつもの185系電車(特急「踊り子」号の車両)での出勤もガラガラ
隣のホームに到着したサンライズ瀬戸・出雲の285系が停まっていますね。

100508_01.jpg

この電車、先に車庫に引き上げるので品川の手前でも見ることが出来ます。
ミサワホームだったかな、車内のインテリアを設計しているそうで
一度乗ってみたいなぁ、などと思いながらいつも見ています。

多摩川を渡ると川崎ですが、この写真では分かりませんけれど
今朝は、ちょっと霞んでいましたが富士山を望むことができましたよ。

100508_02.jpg

冬の寒い朝など、富士山がくっきりと浮かび上がるように見えることがあり、
多摩川を渡るときに富士山が見えるのを会社でも知らない人が多いようですが、
富士山に馴染みのない関西人としては、良い事があると思えるのであります。

そして今日はその予感どおり、待機勤務は午前中でお終い、となりました。
前回は夕方までかかり、遊びに来ていた長男に可哀相な思いをさせましたが、
今日は脱兎のごとく部屋に駆け戻ってきて、一息も二息もついています。

なんせ一昨夜は午前3時までの勤務で、1時間の仮眠だけだったので
昨夜の待機勤務は勘弁させてもらって帰宅したものの、まだ疲れは抜てません。
昼間よりすでに日本酒「蔵だより」を飲みつつ
図書館で借りてきたレコードを聴きながらリラックス・モードですわ。

今日の帰宅途中、御徒町で仕入れたお酒のことについてはまた後ほどにでも・・

.
posted by fronte360 at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 12-奈良散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする