最近の記事

2011年02月07日

プリズミー(PRISY)

1978年リリースの尾崎亜美さんの 4thアルバム「プリズミー」

個人的に、作詞・作曲・編曲もこなした彼女の最高傑作であると思います。
特にA面、1〜5曲目までがひとつの作品のように聴ける流れも見事です。
演奏では、ベースの後藤次利がいいですねぇ。 

IMGP3679
IMGP3679 posted by (C)fronte360

今でも黒い円盤のレコードを貸し出してくれる小石川図書館には無かったので
今回の帰省時、重い思いをしましたけれど、持ってきました。

もちろんこの他に10枚程持ってきたので重くなってたんですが・・・
その分、自宅に10枚程持って帰ったので、やはり重かった・・(>_<)・・
でも、音源の総量は増やさない努力をしないとね、すぐに増殖してしまいます。

とにかく1978年
帯広で過ごした学生時代のこと、今でも昨日のことのように思い出します。
TRIOのレコードプレーヤ(KP-7300)、テクニクスのスピーカ(SB-X1)も当時のまま。

.





posted by fronte360 at 21:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 11〜12-JPOP音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

木之内みどり/苦いルージュ(Rouge Amer)

木之内みどりさん、生年が自分と一緒なのですね。

帯広での学生時代、アイドル絶頂期に失踪事件を起こし、
突然引退してしまったこと・・・この前のことのように思い出してしまいます。

その彼女のラストアルバムがこの「苦いルージュ」

IMGP3522
IMGP3522 posted by (C)fronte360

なかでも、ヒデとロザンナの、ヒデこと出門英さん作曲がまた素晴らしくて
「漂いながら・・・」「海の百合」
ガンで早世されましたけれど、その才能を惜しみます。

アイドルで、声量のない、いわゆるカワイコちゃん歌手のイメージですけれど
落ち着いた抜いた声、それがアンニュイな感じを醸し出していますし、
ミュートトランペットが歌詞とユニゾンであしらったりと、
素晴らしく完成度の高いアルバムですね。

今日は昼から打合せ2本のあと、その後の調整と事務作業で疲れました。
木之内みどりさんで、癒されて一日を終わりましょう。

.

posted by fronte360 at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 11〜12-JPOP音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする