2014年02月20日

デクスター・ゴードン / デクスター・コーリング(Dexter Calling)

今週は私用も忙しくて・・・ 帰宅後もノートPCは開いているものの、
ここへの書き込みは出来ずにおりましたが、週末が近づいて一段落しました。
ようやく音楽を聴きながらノートPCに向かって打ち込んでいます。

復活させたfuze ポータブルCDラジオ CDRX-1S は今だ健在で、
このところジャズのCDをかけていますが、このところはこればかり・・・

IMGP8566
IMGP8566 posted by (C)fronte360

デクスター・コーリング(Dexter Calling)

1. ソウル・シスター(Soul Sister)
2. モーダル・ムード(Modal Mood)
3. アイ・ウォント・モア(I Want More)
4. 情事の終わり(End Of A Love Affair)
5. クリア・ザ・デックス(Clear The Dex)
6. アーニーズ・チューン(Ernie's Tune)
7. スマイル(Smile)
8. ランドサイド(Landslide)

  デクスター・ゴードン(ts)
  ケニー・ドリュー(p)
  ポール・チェンバース(b)
  フィリー・ジョー・ジョーンズ(ds)

映画「ラウンド・ミッドナイト」でデクスター・ゴードンが気になって、
堂島ワルツ堂がまだ健在の頃(といっても末期ですが)買った輸入CDです。
電話ボックスのデクスター・ゴードン、アメリカらしいジャケットと思います。

音楽はワン・ホーン、よく歌うサックスにくつろいだ雰囲気で進み、
ケニー・ドリュー、ポール・チェンバース、フィリー・ジョー・ジョーンズ
彼らトリオもまた微笑みながらリラックスしているように思えます。

7曲目、スマイル(Smile)のタイトルどおりのプレイが心地良いなぁ。
惜しむらくは黒い円盤のレコードで聴けないこと(持っていないこと)かしら。

1961年5月録音、ドラッグから立ち直って頑張り始めた頃でしょうね。
とにかく、このアルバムは歌心あふれて気持ちよくなりますわ。

posted by fronte360 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 14-POPs(洋楽)全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月30日

イエス / リレイヤー (Relayer)

今週も半分を過ぎて、あと1日・・・疲れがかなり溜まってきました。

いつもはアイドル曲を聴いて元気を貰うのですけれども、
日本語の歌を聴きたくない、そんな気分なので・・・
今宵はプログレ=プログレッシブ・ロック

IMGP8528
IMGP8528 posted by (C)fronte360

1974年にリリースされたイエス(Yes)の7枚目のアルバム
「リレイヤー(Relayer)」

メンバーは・・・
 ジョン・アンダーソン(vo)
 スティーヴ・ハウ(g)
 クリス・スクワイア(b)
 パトリック・モラーツ(key)
 アラン・ホワイ(ds)

リック・ウェイクマンが脱退、パトリック・モラーツの趣味でしょうか、
クラシックの要素が少なく、ジャズやラテンの要素が色濃くなっているようで、
正直あまり聴かなかったのだけれど、今こうやって聴き返してみると・・・
これはこれで完成度の高いアルバムですね。

Side A
 錯乱の扉 The Gates of Delirium

Side B
 サウンド・チェイサー Sound Chaser
 トゥ・ビー・オーヴァー To Be Over


posted by fronte360 at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 14-POPs(洋楽)全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする