2014年01月25日

スメタナ弦楽四重奏団、スメタナ/弦楽四重奏曲第1番

この年末年始に高知で捕獲した弦楽四重奏曲に感化されて、
休日の朝はもっぱらこれらのレコードを聴いていますけれど、
手持ちの数少ない室内楽のレコードより発見したのがこのレコード。

IMGP8487
IMGP8487 posted by (C)fronte360

スメタナ/弦楽四重奏曲第1番「わが生涯より」
  スメタナ弦楽四重奏団
   イルジー・ノヴァーク(vn)、リュボミール・コステツキ(vn)
   ミラン・シュカンパ(va)、アントニーン・コホート(vc)

頂きもののレコードだったので、ほとんど聴いていなかったはず・・・
まさしく発見というのにふさわしいレコードですが、さすがに名盤ですね、
ぐいぐいと聴き手を惹きつけてゆくから不思議です。 醍醐味、かな。

聴力を失ったスメタナが連作交響詩「わが祖国」の作曲の合間に書き進めた
ものとのこと、これまで興味を持っていなかったので、一つ一つが勉強です。

しかしこれは楽しい勉強ですね。
これまで知らなかったこと、感じなかったものが感化され活性化されます。
特にこの曲は、人生の折り返しをとおに過ぎて目も老眼が進んでジジィ化・・・
老いを感じる身としての共鳴する部分があるようです。

なおこの録音は1962年とのこと、
スメタナSQはこの曲を3度録音しているようですが、何度目の録音かな。
手元に資料がないのでよく分かりません。 ぼちぼち調べましょう。


posted by fronte360 at 10:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 14-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月11日

ウェラー弦楽四重奏団、ハイドン/弦楽四重奏曲第40,41,42番

長かった年末年始の9連休は遠い昔話のような気分となってますが、
疲れだけはしっかりと残っていて、ようやくのお休みとなりました。

世間は三連休ですが、当方は明日午前中は出勤・・・
システムリプレースの立会いですので、今日はゆるりと休むつもりです。

とはいうものの、いつもの早朝覚醒で5時半より起きてしまいました。
暖房器具のあるステレオ・メインシステムの部屋にて、
先日の高知での収穫物を確認しています。

P1116058
P1116058 posted by (C)fronte360

ハイドン/弦楽四重奏曲第40番 変ロ長調 Op.33-4
ハイドン/弦楽四重奏曲第41番 ト長調 「御機嫌いかが」 Op.33-5
ハイドン/弦楽四重奏曲第42番 ニ長調 Op.33-6
  ウェラー弦楽四重奏団
    ワルター・ウェラー(vn)、アルフレード・シュタール(vn)
    ヘルムート・ヴァイス(va)、ルートヴィヒ・バインル(va)

ロシアのペトロヴィッチ大公に献呈したことより「ロシア四重奏曲」
そう呼ばれる作品33の6曲のうちの後半3曲です。
先ほどまで前半3曲も聴いていて、全曲を通して聴いています。

いずれもハイドンらしい軽妙かつ洒脱な音楽には違いありませんが、
この後半になると味わい深さも増してくるように感じますね。
とくに暖徐楽章、第41番の第2楽章など悲しげな表情ながらも、
とても美しい深さが湛えられてます。

しかしながらサロン音楽としての需要で書かれている作品であるので、
休日の早朝、ぼっ〜と聴いているのにはとてもいいですね。
昨年までは宗教音楽でぼっ〜として、そのままあの世に行きそうでしたが、
これらの作品は気持ちがちょっと活性化するみたいです。

朝日も昇ってきました。


posted by fronte360 at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 14-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする