2014年11月02日

東大阪市立郷土博物館20141025_瓢箪山稲荷へ

10月25日(土)、前週行きそびれた東大阪市立郷土博物館へ行った帰り道、
市杵嶋姫神社にも立ち寄って、瓢箪山まで下山します。

下山途中で見つけた祠、愛宕地蔵尊と書かれていました。

PA258650
PA258650 posted by (C)fronte360

更に下りてゆくと、郷土博物館へ行った道にぶちあたりました。
柿の実の写真を撮った所、ここから坂を登れば市杵嶋姫神社なのですね。

そこからまた郷土博物館に折れる道までけっこう歩いて戻り、
今度は瓢箪山を目指して坂を下ってゆくと、瓢箪山稲荷の裏山。

PA258652
PA258652 posted by (C)fronte360

山畑古墳群の中で一番標高の低い位置にある古墳・双円墳で約50mあります。
この双円墳が瓢箪の形をしていることより「瓢箪山」、地名の由来です。

PA258653
PA258653 posted by (C)fronte360

琴平稲荷大明神とかいろいろな神様がここに祀られています。
前回は辻占をする東参道より入りましたが、南側参道より入ります。

PA258654
PA258654 posted by (C)fronte360

社殿、今回は舞台の上より撮影しました。

PA258658
PA258658 posted by (C)fronte360

その舞台ですが、床には瓢箪マークがあしらわれているのですね。
なかなか面白いんじゃないでしょうか。

PA258659
PA258659 posted by (C)fronte360

社殿の奥に立つ石柱の上に、飛狐

PA258660
PA258660 posted by (C)fronte360

神様のお使いの神狐、御神意を奉じて飛ぶ姿を表しているそうです。

PA258661
PA258661 posted by (C)fronte360

かつてこの北側の墳丘は「大塚」と呼ばれていたそうで(北側は「鬼塚」)
この石室で狐を飼っていたそうです。

PA258656
PA258656 posted by (C)fronte360

キツネさんワールドを堪能しました。


posted by fronte360 at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 14-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月31日

東大阪市立郷土博物館20141025_市杵嶋姫神社

10月25日(土)、先週行きそびれた東大阪市立郷土博物館へ行ってきました。
普通は瓢箪山駅から行くのですが、枚岡駅で下車して歩きました。

郷土博物館を堪能し、古墳群も見て回ったので下山するのですが、
実はここに来るまでに行きたかった所を探しに行くことにしました。

道を覚えていなくて・・・いきなり郷土博物館に着いてしまいました。
それまでのどこか、そこで折れて山を登る道が分からなかったのです。
郷土博物館裏側の道をちょっとだけ下って、谷を越えて戻ります。

PA258624
PA258624 posted by (C)fronte360

急な斜面の小川、このような所に水車を置いて動力とし、江戸時代は製薬、
明治時代には軽工業がこの近辺で発達したことは郷土博物館で学びました。

PA258625
PA258625 posted by (C)fronte360

なんとなく見覚えのある道に出たので、そこから登ると、ありましたよ。

PA258628
PA258628 posted by (C)fronte360

市杵嶋姫神社(いちきしまひめじんじゃ)
wiki には以下のように書かれています。

宗像三女神の市杵島姫神を主祭神とする神社。市杵島姫神は仏教の弁才天と習合したことから、通称で弁才天(弁財天、弁天)と呼ばれている神社が多く、また社寺の境内に末社として祀られる場合も多い。

PA258632
PA258632 posted by (C)fronte360

安芸の宮島などにある厳島神社(いつくしまじんじゃ)も市杵島姫神が祭神で、
「いきちしま」が「いつくしま」になったようです。

PA258633
PA258633 posted by (C)fronte360

社殿に近づくと、盗難防止のためかライトが点灯してちょっと驚きますが、
綺麗に清掃もされていて、静かな良いところです。

PA258635
PA258635 posted by (C)fronte360

高台にあるので、ここまで登ってきて清掃されるのも大変かと思いますが、
それが信仰の力なのでしょうね。

PA258637
PA258637 posted by (C)fronte360

見晴らしも良く、遠に望むハルカス、手前に瓢箪山駅が写っています。

PA258647
PA258647 posted by (C)fronte360

ふもとの瓢箪山駅に向かう近鉄電車の音もここまで届きますが、
喧噪を越えた下界の響き、そんな趣き。

PA258639
PA258639 posted by (C)fronte360

静かな時間が流れていました。

PA258640
PA258640 posted by (C)fronte360

PA258641
PA258641 posted by (C)fronte360


posted by fronte360 at 05:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 14-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月30日

東大阪市立郷土博物館20141025_山畑古墳群ほか

10月25日(土)、先週行きそびれた東大阪市立郷土博物館へ行ってきました。
普通は瓢箪山駅から行くのですが、枚岡駅で下車して歩きました。

郷土博物館に入ると、案の定、お客さんは当方一人のみ。
解りやすい展示と説明をもとに、たっぷりと貸切で堪能して出てきました。

PA258611
PA258611 posted by (C)fronte360

22号墳は入る前に見ましたので、別のも見て回ります。
39号墳。

PA258612
PA258612 posted by (C)fronte360

そして、38号墳は、ほとんど窪地のようになってますね。

PA258613
PA258613 posted by (C)fronte360

この斜面の先には、こんなものもあります。
朱色の鳥居に注連縄が張ってあって・・・滝に打たれる修行場。

PA258614
PA258614 posted by (C)fronte360

やぶ蚊に注意しながら下ってゆきます。

PA258615
PA258615 posted by (C)fronte360

この向こうに滝があります。

PA258617
PA258617 posted by (C)fronte360

おっと、蚊が押し寄せてきました。
心頭滅却すれば・・・蚊も怖くないのでしょうけれど、一目散で退散します。

PA258619
PA258619 posted by (C)fronte360

なんだか不思議なところです。

PA258622
PA258622 posted by (C)fronte360


posted by fronte360 at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 14-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月29日

東大阪市立郷土博物館20141025_山畑古墳・22号墳

10月25日(土)、先週行きそびれた東大阪市立郷土博物館へ行ってきました。
普通は瓢箪山駅から行くのですが、枚岡駅で下車して歩きました。

ようやっと坂の上にある郷土博物館へとやってきました。

PA258609
PA258609 posted by (C)fronte360

この中に入る前に、振り返ると・・・古墳があるのですね。
山畑古墳群の22号墳だそうです。

PA258602
PA258602 posted by (C)fronte360

東西に円丘をもつ双円墳ですが、東側は壊れていて西側の石室入口
いかにも入ってください、という感じであります。

PA258603
PA258603 posted by (C)fronte360

現在の直径15m、墳丘高約4.5m、横穴石室に入ってみましょう。

PA258604
PA258604 posted by (C)fronte360

発掘調査で石室から土器・装身具・馬具等などが発掘されていて、
それらは博物館で保管されています。
石室もきちんと保存されていて、天井の写真も撮りました。
これらの石は生駒山の石だそうです。


PA258607
PA258607 posted by (C)fronte360

副葬品として馬具類が多く出土してことより、
ここは渡来系の氏族が騎馬を飼育していた里であったらしいです。

PA258608
PA258608 posted by (C)fronte360

さあて石室を出て、いよいよ郷土博物館に入ることに。

PA258610
PA258610 posted by (C)fronte360

案の定、お客さんは当方一人のみ。 予想通り、貸切です。


posted by fronte360 at 05:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 14-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月28日

東大阪市立郷土博物館20141025_博物館に向かって歩く(2)

10月25日(土)、先週行きそびれた東大阪市立郷土博物館へ行ってきました。
普通は瓢箪山駅から行くのですが、枚岡駅で下車して歩きました。

小春日和、のどかな散歩。
前回見つけた柿の実も少なくなりました、季節は確実に進んでいます。

PA258592
PA258592 posted by (C)fronte360

PA258593
PA258593 posted by (C)fronte360

しばらく歩いてゆくと、電話ボックスがありました。
ここまで 1,300m で、ここより 500m の上り坂となります。

PA258594
PA258594 posted by (C)fronte360

電話ボックスの脇にある看板にも郷土博物館への通路が書かれています。
だから迷うことはありませんが、住宅地を離れると結構キツイ坂になります。

PA258595
PA258595 posted by (C)fronte360

途中で見つけました。

PA258596
PA258596 posted by (C)fronte360

大きなジャガイモが一袋、でっかいサツマイモが1本、100円
いかにも重そうなので、先に進みます。

PA258597
PA258597 posted by (C)fronte360

ようやっと坂の上に郷土博物館の建物が見えました。 あと一息。
なお手前の農地の看板には、無農薬栽培をしていることと、
ここの野菜は東大阪のどこそこの料理店に出している、なんて書かれてます。

PA258598
PA258598 posted by (C)fronte360

ようやく到着。
けっこうな斜面に建っていますよね。

PA258599
PA258599 posted by (C)fronte360

入口に向かう前にもうちょっと登って振り返ります。

PA258601
PA258601 posted by (C)fronte360

そして入口

PA258609
PA258609 posted by (C)fronte360

ですが、ここに入る前に先にここを見ておかなくては・・・



posted by fronte360 at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 14-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月27日

東大阪市立郷土博物館20141025_博物館に向かって歩く

10月25日(土)、先週行きそびれた東大阪市立郷土博物館へ行ってきました。
普通は瓢箪山駅から行くのですが、枚岡駅で下車して歩きました。

枚岡神社前の子供たちの団体から離れてこの道を歩きます。
ゆるい下り坂、右手には大阪平野も垣間見える、お気に入りの散歩コース。

PA258580
PA258580 posted by (C)fronte360

さっそくあるのが、出雲井地蔵尊の祠です。
写真に写っている方がいつも綺麗にしてくださっているようです。
前回もお見かけしました。

PA258581
PA258581 posted by (C)fronte360

お掃除の邪魔をしては悪いので、ちょっと遠めより写真撮りました。
合掌。

PA258582
PA258582 posted by (C)fronte360

また少し先に進むと、いつも写しているレトロな火の見櫓。

PA258583
PA258583 posted by (C)fronte360

今回は、半鐘をアップにしてみました。
本格的なものなのですね。

PA258585
PA258585 posted by (C)fronte360

そして更に歩いてゆくと、ため池があって、その土手に置かれた。
ニコニコマークが錆びてちょっと不気味な感じになってます。

PA258588
PA258588 posted by (C)fronte360

逆光になってますけど、池はけっこう大きいのが判るでしょうか。

PA258586
PA258586 posted by (C)fronte360

さてさっきの看板のところに戻って土手にそって先にすすみましょう・・・
と、その土手には花が咲いてますね。

PA258590
PA258590 posted by (C)fronte360

なにの花でしょうね・・・ クローバーの花のようです。

PA258591
PA258591 posted by (C)fronte360

小春日和、のどかな散歩が続きます。


posted by fronte360 at 05:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 14-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月26日

東大阪市立郷土博物館20141025_枚岡神社より歩く

10月25日(土)、先週行きそびれた東大阪市立郷土博物館へ行ってきました。
普通は瓢箪山駅から行くのですが、枚岡駅で下車して歩きました。

PA258573
PA258573 posted by (C)fronte360

プラットホームより参道の写真を撮っていると、やけに話し声が・・・
振り返ると、反対側のホームは改札が混雑して人だかり。

PA258574
PA258574 posted by (C)fronte360

中高年のハイカーばかり写ってますが、地下道より声が響いていて、
これは先に通っている子供の団体みたい。

PA258575
PA258575 posted by (C)fronte360

遠足でしょうね、がんばろうね、なんて親たちが声をかけているので
この子供たちも生駒山に登るのでしょうか。

PA258576
PA258576 posted by (C)fronte360

梅林あたりで遊ぶのでしょうか。
とにかくこんな調子で続々と神社の中に吸い込まれてゆきます。

PA258577
PA258577 posted by (C)fronte360

今回は神社の中に入るのは止めることにし、目的地を目指して歩くことに。

PA258578
PA258578 posted by (C)fronte360

右側に写っている標識「郷土博物館」が目的地。
「ここから一,三00米、公衆電話ボックスを山手へ五00メートル」
と標識には書かれています。

PA258580
PA258580 posted by (C)fronte360

郷土博物館のアクセス案内では瓢箪山駅からのコースですが、
「公衆電話ボックスを山手へ五00メートル」がけっこう急な坂道で、
瓢箪山駅から当然そこまでも緩いながらも坂道で上りどおしなのですね。
枚岡からだと公衆電話ボックスまで緩い下り坂で景色も良いのです。 では!




posted by fronte360 at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 14-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月25日

東大阪市立郷土博物館へ行ってきました

今週末も良い天気、先週行きそびれた東大阪市立郷土博物館へ行ってきました。
普通は瓢箪山駅から行くのですが、枚岡神社前より歩きました。

実は先週、石切で誤って準急に乗ってしまって・・・東花園まで行ったので、
ここを断念、河内花園駅周辺を散策したのでした。 今週はリベンジです。

先週より企画展「東大阪のしきたりと年中行事」が始まっています。
吃驚するような文化財はありませんが、身近なものを判りやすい展示と解説、
とても興味深く見せてもらいました。

PA258610
PA258610 posted by (C)fronte360

通常は入館料50円ですが、企画展なので100円・・・
これだけでもカワイイ金額のなのですが、手作りグッズのお土産付きです。
3個も貰ってませんよ、今回ここに来たのが3回目なので3個あるわけです。

PA258673
PA258673 posted by (C)fronte360

今回は左側の「かがみ」を貰いました。 前回は「勾玉」を貰っていて、
最初貰ったのが「杏葉」(ぎょうよう)という馬を飾る装飾品ですね。
いずれも博物館より少し登った所でとれる粘土を焼いた手造りグッズです。

常設展示「かわちのくに」も旧石器時代より明治時代までまんべんない展示、
歴史を追いかけて展示物を確認するのにとても判り易い解説もあいまって
3度目ですが、とても楽しく見ることができました。

PA258674
PA258674 posted by (C)fronte360

今回「常設展示シート(1)〜(8)」と古墳群の資料も3種類貰ってきました。
こちらも各時代の生活様式について、まんべんなく書かれています。
東京ならば、古墳時代はなく、縄文弥生があって、いきなり鎌倉時代、
つぎは江戸幕府、そして幕末〜明治維新がどっさり・・・ですものね。

しかもこの博物館や資料も、偉人の歴史中心ではなく、生活視点なのです。
戦国時代にあった若江城のことも誰が作ったとか、書いてませんし、
大坂夏の陣・冬の陣では主戦場だったこともスルーしてます。

それがこの博物館を気に入っている点かもしれません。
1年に1度しか行けてませんけれど・・・


posted by fronte360 at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 14-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月24日

新大阪から大阪まで20141012_中津から梅田へ

10月12日(日)、新大阪オフィスに休日出勤、帰りは大阪駅まで歩きました。

このところ歩いても汗をあまりかかなくなったので、会社帰りには一駅、
西中島南方までよく歩いていますが、この日は通り過ぎて淀川を渡りました。
梅田を目指して歩きますが、道がよく分かってません。

PA128462
PA128462 posted by (C)fronte360

だいたいこっち・・・と、地下鉄のガード下をくぐって進みましょう。

PA128463
PA128463 posted by (C)fronte360

進んでゆくと、向こうにJRの線路があります。
今はグランフロントになってしまった梅田操車場を抜けて福島に向かう貨物線、
大阪駅に向かう東海道本線とは違う線路です。

PA128465
PA128465 posted by (C)fronte360

電車来ないかな、とちょっと待ってみましたが、こないですね。
桁下1.4メートル、腰をかがめてくぐりました。

PA128466
PA128466 posted by (C)fronte360

この先を進むと、地下鉄の中津駅が見え、梅田まであと1駅。
道路標示板にも大阪駅が見えましたよ。 向こうの線路は阪急電車です。

PA128467
PA128467 posted by (C)fronte360

阪急電車の下をくぐって、この先はJR大阪駅。
ここに紀州鉄道のホテル。

PA128468
PA128468 posted by (C)fronte360

和歌山の御坊市で紀州鉄道線を運営してますが、本質は不動産屋さん。

PA128469
PA128469 posted by (C)fronte360

ショウウィンドーには色あせた鉄道グッズが・・・
「鉄道会社の不動産部門」という信用を得るための数々ですね。

PA128470
PA128470 posted by (C)fronte360

そのまま真っ直ぐ歩いて梅田に到着。
昨日もセミナーに行ったグランフロントを見上げておしまい。

PA128471
PA128471 posted by (C)fronte360

本当はこのあと地下に潜って駅前ビル4→3→2→1
この日は西梅田まで歩きましたけどね。

posted by fronte360 at 05:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 14-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月23日

新大阪から大阪まで20141012_淀川を渡る(その2)

10月12日(日)、新大阪オフィスに休日出勤、帰りは大阪駅まで歩きました。

このところ歩いても汗をあまりかかなくなったので、会社帰りには一駅、
西中島南方までよく歩いていますが、この日は通り過ぎて淀川を渡りました。
橋の中央付近、ようやく向こうに川面が見えるようになりました。

PA128448
PA128448 posted by (C)fronte360

歩いていると、水上スキーを楽しむ人もいますね。
ボートを航跡を何度かジャンプしてましたが、コケたみたい・・・

PA128449
PA128449 posted by (C)fronte360

このあと引き返していったので、わざとコケたのかもしれませんが・・・

PA128451
PA128451 posted by (C)fronte360

なんか優雅ですな、人にひっぱらせて・・・とやっかむ気分半分。

PA128452
PA128452 posted by (C)fronte360

振り返ってみましょう。
台風が接近しているからか、スカっとは晴れていませんが、いい天気ですね。

PA128453
PA128453 posted by (C)fronte360

ずいぶんと進んであと少しの付近より、振り返ってみました。
背の高いビルが、東中島に本社・研究所を構えているキーエンスのビル。
自動制御機器や計測機器などのトップメーカーですね。

PA128455
PA128455 posted by (C)fronte360

ようやく渡り終えました。 ここの左側にある螺旋階段で下ります。

PA128460
PA128460 posted by (C)fronte360

いまいちど振り返るとこんな感じ。
鉄橋の向こうにあるのが橋のたもとにある日清食品のビル、
その右側は西中島駅の新大阪プライムタワー、並んでいるように写ってますね。

PA128459
PA128459 posted by (C)fronte360

さて下りて歩きましょう。

PA128461
PA128461 posted by (C)fronte360


posted by fronte360 at 05:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 14-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする