最近の記事

2021年02月23日

エンリケ・ホルダ、ファリャ/三角帽子

新型コロナウィルス感染、第3波の非常事態宣言下、お家で良い音楽を♪

コロムビアのダイヤモンド1000シリーズの廉価盤より、エンリケ・ホルダ指揮によるファリャの「三角帽子」。 オーケストラは、ロンドン交響楽団。 このロンドン交響楽団がとっても巧い。 ホルダの緩急自在なテンポ、カロリーの高い指揮ぶりを見事に再現し、エキゾティックかつダイナミックな曲としています。 これが2管編成の曲とは思えないほどの迫力もあります。 うきうきわくわくします。

実は昨夜より聴いていて、昨夜はいつもの赤い Techinics SL-6 で聴いてました。 が、前々よりちょっと気になっていた、回転がちょっと遅いのでは? との疑問をただすべく、今朝ほど底蓋を開け、速度調整用のネジをいじっていたら・・・ 45回転の半固定抵抗が崩壊・・・ 慌てて組み直しましたが、33回転も含めてターンテーブルが回転しなくなりました(壊れた!)。

ということで、久しぶりに TRIO KP-7300 が復活。 カートリッジはとりあえず以前より装着したままになっていた STANTON 500-II。 圧しの強いサウンドが一層ハッキリと届くようになりました。 意外と録音が良いと思ったら、原盤は35mmマグネチックテープによる録音だそうですね。

なおこの演奏も、NAXOS MUSIC LIBRARY でも聴くことができます。 バーバラ・ヒューイット(バルバラ・ホヴィット)のヴォーカルが野趣に富んで洗練とは程遠いものがありますけど、ま、これはこれで土俗っぽいスパイスとなってていいかもしれません。 

P2233061
P2233061 posted by (C)fronte360

ファリャ/バレエ音楽「三角帽子」
  バーバラ・ヒューイット(S)
  エンリケ・ホルダ指揮 ロンドン交響楽団
    録音:1959年11月 Walthamstow Assembly Hall, London

posted by fronte360 at 10:45| Comment(0) | 21-LP/CD音楽(Clasical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。