最近の記事

2020年05月12日

奈良散歩20200419_宝山寺・文殊堂から観音堂を抜け遥拝所前へ

新型コロナの緊急事態宣言が延長されましたが、奈良県もまた継続となっています。
12連休となったGWには、ステレオ稼働率も向上して久しぶりに音楽記事が増えましたが、GWが明けました。 会社では原則在宅勤務の継続を言われていますが、事務所管理の仕事もしているため出勤となります。 ブログ記事も平日プログラムに戻っています。

GW前の4月19日、実家への移動中に生駒で途中下車、久しぶりに生駒の聖天さんこと宝山寺に行ってきました。

生駒市が宝山寺への参道(市道宝山寺参詣線)約830メートルの改修を終えて、5月24日には、宝山寺へ続く石段約1,000段を登るイベントを計画している記事があったので、行ってみたくなったのでした。

P4192699
P4192699 posted by (C)fronte360

文殊堂より境内を見下ろしました。
ここから弥勒菩薩様を見上げる方向となって石段を登ってゆくと観音堂。

P4192700
P4192700 posted by (C)fronte360

この観音堂の前身の建物は、天和4年(1684年)2月に建てられたそうです。
中興の祖・湛海律師が歓喜天を祀って再興されたのが、延宝6年(1678年)とされていて、最も早い時期に建立されていました。 天保15年(1844年)に瓦葺のお堂に建て替えられ、大阪堺の信者より観音像の寄進を受け、弘化2年(1845年)ここで開眼法要を営んだことより、観音堂と呼ばれているようなことがHPに書いてました。

P4192701
P4192701 posted by (C)fronte360

観音堂の左側をスリ抜けるようにしてまた石段を登ります。
登ったところには遥拝所(ここから般若窟を拝むところ)

P4192702
P4192702 posted by (C)fronte360

遥拝所前でまた方向転換、先に進みます。

posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 20-奈良散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。