最近の記事

2020年05月10日

ニコレ&リヒター、J.S.バッハ/フルート・ソナタ集

新型コロナで緊急事態宣言が出ていますので、せめてお家で良い音楽を♪

圧倒的な演奏を追いかけて「春の祭典」や「ペトルーシュカ」を何度も聴いていたら、次はバルトークかなぁ、と聴き始めましたけれど頭がくちゃぐちゃになりそうに。

方向性を180度変えて、これなどいかがでしょうか。 オーレル・ニコレとカール・リヒターによるJ.S.バッハのフルート・ソナタ集。 ニコレは後年ジャコッテとDENONにPCMデジタル録音でも作品を残していて円熟の味を聴かせてくれますが、この演奏のほうが尖っていて好きですね。

同時代のランパルは絢爛たる音色がウリでしたが、ニコレは禁欲的とも言える作品そのものに語りかけるような姿勢の演奏ですね。 そのニコレが、バッハ演奏の権威リヒターとタッグを組んだフルート・ソナタ集は、謹厳実直? いえいえそんな堅苦しさなどなく、自然とバッハの世界に没入させてくれます。

BWV1032 での両者の丁々発止のやりとりなど高い精神性を感じながらも、エモーショナルな演奏に興奮してしまいそうです。 そして偽作(このCDでは、? C.Ph.E.Bach)とされる BWV1020 が圧巻。 攻守逆転したかのように、煽るリヒターにニコレが対抗してるかのよう。 ジャズ・セッションでも聴いているかのよう。 ジャコッテとの演奏ではこのような精神性の高さはちょっと味わえないでしょう。
また無伴奏の精神性の深さは次元を超えているようです。

この演奏は NAXOS MUSIC LIBRALY でも聴けます。

P5052765
P5052765 posted by (C)fronte360

 J.S.バッハ/フルートとオブリガート・チェンバロのためのソナタ第1番 ロ短調 BWV1030
 J.S.バッハ/フルートとオブリガート・チェンバロのためのソナタ第2番 変ホ長調 BWV1031
 J.S.バッハ/フルートとオブリガート・チェンバロのためのソナタ第3番 イ長調 BWV1032
 J.S.バッハ(? C.Ph.E.Bach)/フルートとオブリガート・チェンバロのためのソナタ ト短調 BWV1020
 J.S.バッハ/無伴奏フルートのためのパルティータ イ短調 BWV1013
  オーレル・ニコレ(fl)
  カール・リヒター(hpsi)
   録音:1975年4月(BWV1020,1030-32) ミュンヘン,1969年11月 ベルリン

posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 20-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。