最近の記事

2020年05月04日

渡辺貞夫/California Shower, using SL-6 & AU-D707X DECADE

今朝、ゴミ出しに出たら霧雨のような雨が降ってましたけれど、
10時前に買物に出たとき、曇天ながらも時に晴れ間も見え、かえって蒸し暑く感じました。
ああっいつのまにかに梅雨もやってくるんやなぁ、と。 
梅雨のこと考えるとまた暗くなってしまいます。

さて、昼食を採ってお腹が膨れるといつも眠くなります。
会社なら眠気と戦いますけれど、休暇中なので躊躇せず軽く午睡をとっています。
休暇中とはいえ眠りは浅くしかも早朝覚醒するので、睡眠負債をちょっと返さないと。

パワーナップ(Power Nap=積極的仮眠・昼寝)という考えがあって、
仕事のパフォーマンスを上げるためにも、昼寝を活用しよう、という理論なのです ⇒ ココ

コロナ禍で、気分はちょっとどんよりしてしまいがちですけれど、
爽やかな音楽で気分を上向けましょう。

今朝の買物で捕獲したアール・グレイの紅茶を飲み、取り出したのは、今日も渡辺貞夫。
1978年に100万枚以上を売り上げたジャズ=フュージョンの名作アルバム。
資生堂の男性化粧品「ブラバス」、草刈正雄の出ていたCMでお馴染みの方も多いのではないでしょうか。

ピン、ポンとはじける軽やかなデイブ・グルーシンのイントロ、よく歌うナベサダのアルト・サックスがカッコ良いですね。 爽やかな風が吹くような感じ。 和気あいあいとメンバー全員が楽しんで演奏している幸福感が味わえるアルバムですね。

P5042763
P5042763 posted by (C)fronte360

Side A
 カリフォルニア・シャワー
 デュオ・クリエイティクス
 ダザート・ライド

Side B
 セブンス・ハイ
 風の想い出
 ヌゥゴマ・パーティ
 マイ・カントリー

 渡辺貞夫(as,sopranino,fl),Dave Grusin(p,elp),
 Lee Ritenour(elg,g),Chuck Rainy(elb),Harver Mason(ds),
 Paulinho Da Costa(congas,perc),Oscar Brashear(tp),George Bohanon(tb),
 Ernie Watts(ts), with Full String section, Erno Neufeld(Concert Master)
  1978年3月 Record Plant and Westlake Audio, Los Angeles, California

posted by fronte360 at 15:05| Comment(2) | 17〜20-POPs全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2001年発売の『ザ・ベスト』の解説文によると、ナベサダがもっとも人気があったのは『カリフォルニア・シャワー』を発売した頃だそうです。
人気があったのは、CM出演の影響もあったでしょうね。

もう80代半ばなのに、まだ現役なのは凄いと思います。
一度生演奏も聴きに行きたいですね。
Posted by てつ at 2020年05月05日 23:53
てつさん、コメント有難うございます。 ご返事遅くなり申し訳ありません。

コロナ騒ぎで、先月から今月に予定されていたブルーノート東京での公演は中止になったようです。

ナベサダさん、我が母親と同じ年齢みたいで、正直まだ現役でライブしているとは思ってもいなかったので、ほんと凄いです。

コロナ騒ぎが収まったら梅田のブルーノート大阪にも来て欲しいですよね。

Posted by 安田裕隆 at 2020年05月09日 10:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。