2020年02月21日

大阪散歩20200209_石切散策巡り:大龍寺

2月9日(日)は、近電電車の東花園駅長お薦めフリーハイキング
「こんなところに歴史発見!石切散策巡り」に行ってきました。
旧生駒トンネル、思ってもみなかったフェンスの中に入ったあと、
少々まだ興奮を引きづったまま次を目指して歩きます。

P2092082
P2092082 posted by (C)fronte360

大龍寺へと向かいます。

P2092083
P2092083 posted by (C)fronte360

「瑞雲山大龍禅寺」と石柱に書かれてます。

P2092087
P2092087 posted by (C)fronte360

大龍寺
大龍寺は元禄四年(一六九二)大阪の豪商天王寺屋吉兵衛の寄進により建立され、泰宗元雄禅師がその師である慧極道明禅師を開祖に招き、開山しました。開山堂には、泰宗、慧極と檀越の天王寺屋浄悦居士の像が祀られています。
生駒山系の中腹に位置し、黄檗山万福寺末寺としての伽藍配置と様式をよくとどめていることから、仏殿、斎堂、総門、開山堂は東大阪市の文化財に指定されています。
季節の花々が美しく、深い緑を背景にした唐様建築、黄檗様式の風格ある建物が印象的。そして禅寺ならではの鳴り物―諸事の合図に鳴らされる「魚邦」と、雲の形をしていることから「雲版」と呼ばれるものが目を惹きます。魚邦は主に食事の合図に鳴らされ、斎堂に掛かっているもの。雲版は儀式、法要に用いられ、本来本堂にあるものだそうです。俗に「日下のかんのん」として崇拝されてきた十一面観音は、仏殿の本尊脇に安置されています。
(河内西国霊場会ホームページ「第二十八番 大龍寺」より)

P2092088
P2092088 posted by (C)fronte360

P2092093
P2092093 posted by (C)fronte360

本堂は改修工事中でした。

P2092089
P2092089 posted by (C)fronte360

雲板

P2092090
P2092090 posted by (C)fronte360

魚邦

P2092096
P2092096 posted by (C)fronte360

開山堂

P2092099
P2092099 posted by (C)fronte360

祠の中には、役行者がいらっしゃいました。

P2092100
P2092100 posted by (C)fronte360

脇には、如意輪観音さん

P2092101
P2092101 posted by (C)fronte360

こちらも観音さんですね

P2092102
P2092102 posted by (C)fronte360

落ち着いた境内にハイカーがうろうろ・・・次を目指しましょう。

P2092097
P2092097 posted by (C)fronte360




posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 20-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。