最近の記事

2020年01月28日

奈良散歩20200119_酒蔵みてある記・御代菊:おふさ観音

近鉄ハイキングの大人気企画「酒蔵みてある記」、本年第1回目は1月19日
橿原神宮前駅よりスタート、畝傍御陵前駅近くの喜多酒造を目指しました。
なんと、この日は 2,000名を超える参加があったそうで、ぞろぞろ歩いて、
まずは橿原神宮より神武天皇陵・綏靖天皇陵を経て今井町、次に向かいます。

P1191796
P1191796 posted by (C)fronte360

マップのコースは幹線道路を歩きますが、勝手知ったるコース。

P1191797
P1191797 posted by (C)fronte360

飛鳥川沿いを歩きます。 同様な考えで歩く人もいますね。

P1191798
P1191798 posted by (C)fronte360

橋にかかる道で土手を下りて、向かうはおふさ観音。

P1191799
P1191799 posted by (C)fronte360

おふさ観音、この日は「初ゑびす」とあって、縁日も出て、すごい人です。

P1191800
P1191800 posted by (C)fronte360

P1191804
P1191804 posted by (C)fronte360

おふさ観音(おふさかんのん)
寺のある地名と合わせて「小房(おふさ)観音」と呼ばれていて、正式名は高野山真言宗別格本山観音寺といいます。
本尊である十一面観音は、もともと身体に健康を授けると言われていましたが、近年ではそれ以外に厄除け、子授け、長寿と老人病封じを願う人々が多く訪れるようになり、大和ぼけ封じ霊場会の札所にもなっています。
江戸時代にこの辺りは大きな池でがあり、ある日、土地の娘「おふさ」さんが池のほとりを歩いていると、観音様が現れたというのです。この「おふさ」さんが、観音様を奉られたのが、お寺の起源だとも言われています。
春と秋には、「バラまつり」が開催されイングリッシュローズを中心に約2,300種類のバラが可憐に、優雅に咲き競い、夏には、風鈴の涼しい音色が厄を払うという仏教伝来の思想から、「風鈴まつり」が開催され、2,000個を超える日本各地の風鈴が展示されます。毎年7月17日には「おふさ観音祭」が開かれ、大勢の人が訪れます。
(橿原市HP、かしはら探訪ナビ「おふさ観音」より)

P1191805
P1191805 posted by (C)fronte360

P1191806
P1191806 posted by (C)fronte360

P1191807
P1191807 posted by (C)fronte360



posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 20-奈良散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。