最近の記事

2019年12月08日

ポピュラー黄金シリーズ、ピーター・ポール&マリー

慌ただしく土日休みが飛んでゆきました。

メインは土曜日の大佛鐡道ハイキング、今日は枚方フィル演奏会ですが、
自宅の掃除・洗濯に、実家詣(今日は寝屋川に行く前と帰ってからの2回!)
などなど結構忙しいんですよね。 いつになったら暇になる・・・??

暇になったらボケるかも、と神さまの思し召し??
寝る前にステレオ装置に火を入れ、懐メロのレコード鑑賞です。 PP&M

PC081221
PC081221 posted by (C)fronte360

ピーター・ポール&マリー、通称PPM(表記はPP&M)ですね。

Side A
 ロック天国
 風に吹かれて
 悲惨な戦争
 ハンマーを持ったら
 ハリー・サンダウン
 500マイルも離れて
 パフ

Side B
 虹と共に消えた恋
 レモン・トリー
 サンフランシスコ・ベイ・ブルース
 花はどこに行った
 悲しみをわが手に
 素敵なロックン・ロール
 わが祖国

PC081222
PC081222 posted by (C)fronte360

単身赴任時代、レコファン渋谷BEAM店で買ったものでしょう。
ジャケットはヨレヨレ、捨てられた感はありありなのですけれども、
流れてくる音楽は懐かしく、そして元気を与えてくれます。

小学校高学年からラジオを聴くようになり、洋楽にも目覚めました。
中学2年頃、ラジオで聴いた「パフ」をシングル盤で購入しました。
http://fronte360.seesaa.net/article/387788628.html

以来、PP&Mは若き青春の1ページなのです。

ところで今日聴いた枚方フィルの伊福部昭「SF交響ファンタジー第1番」
こちらは青春になる前、小学生だから幼児体験でしょうか。、
刷り込みに近いものがありますが、渋い枚フィル・サウンドに、
指揮者の生島さんも同年代、想いが詰まった音楽を存分に楽しみました。

ドラなどを叩いていた団員(エキストラ)さんも同年代みたいで
気合い入るとともに、出番がない時も手でさりげなく拍子を打つなど、
楽しんでおられた様子。 楽しんで演奏される曲、聴いていても楽しいな。

posted by fronte360 at 22:48| Comment(0) | 17〜20-POPs全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。