最近の記事

2019年11月14日

Jeff Beck(ジェフ・ベック)、BOLW BY BLOW (ギター殺人者の凱旋) using SL-6 & AU-D707X DECADE

疲れて帰った夜、言葉の入っていない音楽が聴きたくて、
されとてクラシック音楽という雰囲気でもなく、アグレッシブな夜には・・・
ジェフ・ベックのこのアルバムでしょうか。

PB140573
PB140573 posted by (C)fronte360

Jeff Beck/BOLW BY BLOW

Side A
 分かってくれない(You Know What I Mean)
 シーズ・ア・ウーマン(She's a Woman)
 コンスティペテッド・ダック(Constipated Duck)
 エアー・ブロワー(Air Blower)
 スキャッター・ブレイン(Scatterbrain)

Side B
 哀しみの恋人達(Caude We've Endedas Lovers)
 セロニアス(Thelonius)
 フリーウェイ・ジャム(Freeway Jam)
 ダイヤモンド・ダスト(Diamond Dust)

 Jeff Beck(g)、Max Middleton(key)、phil Chenn(b)、Richard Baily(ds)

邦題が「ギター殺人者の凱旋」なのか何故か分かりませんが
ベックのギターをフューチャーし、全編インストゥルメンタル、
そして何よりファンキーな音楽が心地よいですね。

この前、BB&A 時代、トリオ演奏でのハード・ロック!
こちらが大好きですが、全編インストゥルメンタルなので疲れた夜にはGood!

レコード・ジャケットもまた裏面のほうが好きです。

PB140574
PB140574 posted by (C)fronte360

そして、インレート・カードはピン・ナップになってますよ!

PB140575
PB140575 posted by (C)fronte360

今のロックとは違う次元のロック!!
こんなのをリアルタイムに聴いていたのだなと、感慨もひとしおです。

posted by fronte360 at 22:37| Comment(0) | 17〜20-POPs全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。