2019年10月23日

デオダート/PRELUDE、ツァラトゥストラはかく語りき

「即位礼正殿の儀」の祝日を明けての出勤。
朝イチより懸案のExcel表と格闘、紆余曲折がありましたが昼前には一応の決着。
これで疲れました。 午後の打ち合わせなど終えて16時に早退。

実家に寄って帰宅したのは19時。
テレビも面白くないので、ステレオが聴けるようにしたので、レコード鑑賞。

PA230297
PA230297 posted by (C)fronte360

デオダート/PRELUDE、ツァラトゥストラはかく語りき
 Side.A
  ツァラトゥストラはかく語りき
  スピリット・オブ・ファイヤー
  カーリーとキャロル
 Side.B
  輝やく腕輪とビーズ玉
  牧神の午後への前奏曲
  セプテンバー13

デオダート、クロスオーバーの旗手として1970年代には脚光を浴びてました。
しかしクロスオーバー、フュージョンがすっかり根付いてしまった昨今
デオダートも過去の人でしょうか。

でもその音楽は今聴いてもワクワク感がありますね。
「牧神の午後への前奏曲」でのヒューバート・ロウズのフルートによる開始、
マーヴィン・スタンによるトランペットの終結部など、カッコ良い♪

商業主義とくくられて批判されるフュージョンではなく
まさしくクロスオーバー(ジャンルの垣根を超える)だと思いました。


posted by fronte360 at 21:34| Comment(0) | 19-全般(その他諸々) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。