2019年08月07日

高知散歩20190721_土佐赤岡絵金祭り:菅原伝授手習鑑・寺子屋の段(2)

今年も「土佐赤岡絵金祭り」に行ってきました! 5年連続6回目!!
例年7月第3土日が「土佐赤岡絵金祭り」ですが、天候不順のため
20日(土)は中止となって、21日(日)に行ってきました。

絵金蔵を鑑賞したあと、高木酒造の「ふるまい酒」を今年も升で頂き、
お向かいの弁天座に入って町民歌舞伎の鑑賞。 菅原伝授手習鑑です。

P7212377
P7212377 posted by (C)fronte360

寺子屋の段(つづき)
「ムウコリャ菅秀才の首討ったわ。紛いなし相違なし。」
松王丸は玄蕃にそう告げた。玄蕃はそれに満足して首を収め、時平公のところへ届けようと手下ともども立ち去る。松王丸は病を理由に、玄蕃とは別れて帰ってゆく。あとに残った源蔵と戸浪はひとまず安堵した。だが今度は小太郎の母親が、小太郎を迎えにやってきたのである。
(Wikipedhia「菅原伝授手習鑑」より)

P7212378
P7212378 posted by (C)fronte360

P7212379
P7212379 posted by (C)fronte360

P7212380
P7212380 posted by (C)fronte360

安堵していると・・・

P7212382
P7212382 posted by (C)fronte360

小太郎の母親が戻ってきました。

P7212383
P7212383 posted by (C)fronte360

寺子屋の段(つづき)
致し方ないと源蔵は、隙を見て母親に斬りかかった。しかし源蔵は思いもよらぬ言葉を聞く。源蔵の刀をかわした母親は涙ながらに言った、「菅秀才のお身代り、お役に立ってくださったか」と。
(Wikipedhia「菅原伝授手習鑑」より)



posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 19-高知散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。