最近の記事

2019年04月22日

奈良散歩20190407_宇陀松山地区へ:猟路の桜

2019年の15回目、榛原駅長お薦めフリーハイキング
「街並みを眺め時代を感じよう。宇陀松山地区へ」に参加するため榛原駅へ。
2月3日「酒蔵みてある記」で宇陀松山の久保本家酒造を訪れてからの再訪、
今回は後藤又兵衛が由来といわれる又兵衛桜を見に行きます。

P4071222
P4071222 posted by (C)fronte360

P4071223
P4071223 posted by (C)fronte360

榛原駅をスタートし、宇陀市役所の前を左に折れて宇陀川沿いへ。

P4071224
P4071224 posted by (C)fronte360

宇陀川に沿って桜並木が続いています。

P4071226
P4071226 posted by (C)fronte360

P4071228
P4071228 posted by (C)fronte360

P4071230
P4071230 posted by (C)fronte360

桜が満開、川に沿って桜並木が続いています。

P4071231
P4071231 posted by (C)fronte360

P4071232
P4071232 posted by (C)fronte360

前回、2月ここに来たときには、山影には雪が残ってましたけどね。

P4071237
P4071237 posted by (C)fronte360

猟路(かりじ)の桜
明日香藤原京の古(いにしえ)、宮廷遊猟の地は主に宇陀の山野であった。殊(こと)に宇陀川 芳野川合流点一帯の湿原は猟路の池(つづみ)と呼ばれ格好の狩場であった。 今に浦の付く小字七箇所、水に関わる地名を多数伝えているのはその証左である。
猟路の池の所在については諸説あるが、柿本人麻呂や詠み人知らずの歌の景況はこの地が最も相応(ふさわ)しいと近時万葉学説の定説となって来ている。
この、古典的に由緒のある地を後世に伝えんと区民相諮(はか)り記念の桜を植樹、猟路の桜と名付ける所以(ゆえん)である。
篠楽区
(現地案内板より)

P4071236
P4071236 posted by (C)fronte360

P4071238
P4071238 posted by (C)fronte360

posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 19-奈良散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。