最近の記事

2019年03月04日

奈良散歩20190203_酒蔵みてある記・初霞:松山西口関門(黒門)

近鉄主催のハイキング倶楽部「あみま倶楽部」への参加記録。

2019年の6回目は、「酒蔵みてある記」で初めて行った酒蔵・久保本家酒造。
「道の駅 宇陀路大宇陀」より奈良交通バスで榛原駅まで430円で戻るのですが
まだ陽もあるし、晴れてきたし、430円ケチって歩いて戻ります。

P2030214
P2030214 posted by (C)fronte360

町中を散策しながら、まだ見ていない松山西口関門(黒門)を探しますが、
この奈良漬の樽の看板、迫力ありますね。

P2030215
P2030215 posted by (C)fronte360

裏側は「こうじみそ」の文字がありました。

P2030218
P2030218 posted by (C)fronte360

街道筋、今は静かですが往時の反映を偲ばせるのに十分ですね。

P2030219
P2030219 posted by (C)fronte360

文化財に指定されている住宅がいくつもありました。

P2030220
P2030220 posted by (C)fronte360

地図をよく見て、松山西口関門(黒門)は恵比須神社の後方みたい・・・

P2030221
P2030221 posted by (C)fronte360

P2030222
P2030222 posted by (C)fronte360

ありました・ありました!

P2030223
P2030223 posted by (C)fronte360

表に回ってみます。

P2030224
P2030224 posted by (C)fronte360

松山西口関門は、宇陀松山城の城下町の要をなす出入口であり、ここから春日門へと至る街路は、城下町の大手筋にあたります。門口の橋詰めで道路を直角に曲げ、西口開門を通ってからも道路が直角に右折れします。門が黒塗りであることから「黒門」とも呼ばれています。
門の造営は、門周辺部の発掘調査の結果から16世紀末〜17世紀初頭と推定されています。関ヶ原の戦い後、福島高晴が当地に封じられ、宇陀松山城の改修と城下町の整備も進んだと考えられており、門はこの頃の造営と思われます。
門の構造等は、角柱を2本を立て、その止に冠木、腕木、桁をおいて本瓦葺の切妻屋根をのせます。また、後方に控柱を立て、同様に切妻屋根をのせます。扉は石の軸受けによって両開きとし、鉄金具を打った格子戸につくります。正面の柱間は4.1m、軒高3.7mを測ります。
当門は、当時のまま原位置にある城下町の門としては希少であり、往時の数少ない建造物でもあることから、道路敷地を含む224uが昭和6年に国の史跡に指定されています。
(奈良県公式HP「いかすなら」より)

P2030231
P2030231 posted by (C)fronte360

黒門の脇に、琴平神社と愛宕神社が鎮座しておりました。

P2030228
P2030228 posted by (C)fronte360

常夜灯には宝暦7年と刻まれておりました。
このあとまた黒門をくぐって街道に戻って、来た道を引き返しました。

P2030235
P2030235 posted by (C)fronte360

おまけ・大宇陀町のマンホールです。

P2030234
P2030234 posted by (C)fronte360

おしまい


posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 19-奈良散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。