最近の記事

2019年02月26日

奈良散歩20190203_酒蔵みてある記・初霞:うだアニマルパーク

近鉄主催のハイキング倶楽部「あみま倶楽部」への参加記録。

2019年の6回目は、「酒蔵みてある記」で初めて行く酒蔵・久保本家酒造。
榛原駅より宇陀川沿いのサイクリングコースを歩くこと約6Km

P2030142
P2030142 posted by (C)fronte360

前方の土手に「うだアニマルパーク」の文字が見えてきました・

P2030143
P2030143 posted by (C)fronte360

サイクリングコースから離れて「うだアニマルパーク」に向かいます。

P2030145
P2030145 posted by (C)fronte360

P2030147
P2030147 posted by (C)fronte360

アニマルパークへ上る道にも雪が残ってますね。
ちょっと踏んで上りました(子供か)。

P2030150
P2030150 posted by (C)fronte360

P2030151
P2030151 posted by (C)fronte360

頂上へと向かいます。

P2030153
P2030153 posted by (C)fronte360

当然のことながら登ってみます。

P2030155
P2030155 posted by (C)fronte360

P2030158
P2030158 posted by (C)fronte360

うだ・アニマルパーク
前身は奈良県畜産技術センターで牛・豚・鶏などの試験研究を行っていたが、2001年4月に宇陀郡御杖村に「みつえ高原牧場」がオープンし大家畜(牛)部門が移転したことにより、空いた敷地を活用して、動物との触れ合いを通じて命の大切さを啓発することなどを目的に、2008年4月に「うだ・アニマルパーク」が開園した。2011年10月に畜産技術センターと分離し、地域振興部うだ・アニマルパーク振興室となった。
施設では、遠足や校外学習の児童生徒たちにペットや家畜、野生動物それぞれの立場になって物事を考える教育プログラムや出前授業も実施している。また動物愛護センターを併設し、捨てられた野犬や野良猫を収容、その譲渡も行っている。評判で来園者も増え、2016年度は22万8170人でオープン初年度の3倍以上となった。
(Wikipedia「うだ・アニマルパーク」より)

P2030157
P2030157 posted by (C)fronte360

P2030160
P2030160 posted by (C)fronte360

P2030159
P2030159 posted by (C)fronte360

なかなか面白そうな施設ですけど、先を急ぐことにします・・・
が、広大に施設なので、どっちに行けばいいか、ちょっと迷ってしまいました。



posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 19-奈良散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。