最近の記事

2019年01月15日

今年初めてCDをいただきました

CDボックス3つも頂きました。 Nさん、今年も有難うございます。

昨年Nさんよりいただいたバーンスタイン/NYPのマーラー全集の影響で、
先だって手持ちのバーンスタイン/NYPのCDよりベートーヴェンや
チャイコフスキーの交響曲全集を愛用のメモリプレーヤーに入れたばかり。

これらも早々に録音しないと・・・いけないですが、
最近ステレオ装置にとんと火が入らず、休日の早朝ウォーキング中に
メモリプレーヤーで音楽を聴くのみの生活が続いています。

新しい小型アンプも買いたいと思いつつも・・・こんな生活だと勿体ないなぁ。

とにかく頂き物は有難く頂戴いたしました。

P1153531
P1153531 posted by (C)fronte360


■クアドロマニア ブラームス/交響曲全集 ハンス・スワロフスキー指揮南ドイツ・フィルハーモニー管弦楽団(222114-444:4CD)


■MEMORIES REVERENCE ベートーヴェン/交響曲全集 ピエール・モントゥ指揮
  第1番(ウィーンフィル、1960年4月スタジオ・ステレオ)
  第2番(ボストン響、1962年8月12日ライヴ・モノ)
  第3番「英雄」(ボストン響、1960年8月8日ライヴ・ステレオ)
  第4番(北ドイツ放送響、1959年スタジオ・ステレオ)
  第5番「運命」(ボストン響、1959年8月8日ライヴ・ステレオ)
  第6番「田園」(ボストン響、1959年8月8日ライヴ・ステレオ)
  第7番(NBC響、1953年11月15日ライヴ・モノ)
  第8番(ロスアンジェルス・フィル、1960年7月5日ライヴ・モノ)
  第9番「合唱」(ボストン響、1960年7月31日ライヴ・ステレオ)
(MR2231/2235:5CD)

巨匠モントゥーのベートーヴェン交響曲全集。 ボストン響とのステレオ・ライヴ録音を中心とした聴きごたえのあるもの。「英雄」は大得意のレパートリーですが、この演奏の迫力は凄まじく、彼もまたトスカニーニの影響を受けていることを証明するスッキリ爽快の名演奏。第7番の燃焼も同様の率直さで、脱帽。 元来評判の良かった偶数番号の曲では「田園」の瑞々しさ。 第8番はハリウッド・ボウル野外演奏会のライヴで元気いっぱい。ほとんどが80歳を超えての演奏。


■エラート La Folie Americaine! Various Artists(0825646344857:3CD)
 毎年フランスのナントで行われる音楽祭『ラ・フォル・ジュルネ(熱狂の日)』。そのテーマの合わせたコンピレーション盤。2013年のテーマは『アメリカ』。ドヴォルザークの「新世界」から、ガーシュウィン、バーバー、コープランド、バーンスタインやジョン・ケージ、ジョン・アダムズの代表作品まで網羅したもの。



posted by fronte360 at 19:29| Comment(0) | 18〜19-CD/LP/DVD音盤捕獲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。