2018年04月24日

奈良散歩20180401_岡寺と春爛漫の飛鳥を散策!・高松塚古墳

近鉄主催のハイキング倶楽部「あみま倶楽部」、参加第12回目は4月1日、
橿原神宮前駅長お薦め「西国三十三所」草始1300年記念
西国7番札所岡寺と春爛漫の飛鳥を散策! に参加しました。
飛鳥駅よりスタートして高松塚壁画館へ、ここには入らず裏手に回ります。

P4010586
P4010586 posted by (C)fronte360

高松塚古墳(たかまつづかこふん)
藤原京期(694年〜710年)に築造された終末期古墳
直径23m(下段)及び18m(上段)、高さ5mの二段式の円墳です。

P4010587
P4010587 posted by (C)fronte360

1972年に極彩色の壁画いわゆる飛鳥美人が発見されたことで一躍注目され、
2009年に本来の形状に復元されたそうです。

P4010588
P4010588 posted by (C)fronte360

以前ここに来たのは35年くらい前かしら、道理で見覚えのないようにまで
変貌しているのですね。 隣の小高い丘より高松塚や周辺を見下ろしました。

P4010589
P4010589 posted by (C)fronte360

P4010590
P4010590 posted by (C)fronte360

それではハイキングコースに戻りましょう。
高松塚古墳を回り込むように進みます。

P4010591
P4010591 posted by (C)fronte360

P4010592
P4010592 posted by (C)fronte360

P4010593
P4010593 posted by (C)fronte360

長閑な春爛漫なハイキングを満喫します。

posted by fronte360 at 01:00| Comment(0) | 18-奈良散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。