最近の記事

2017年03月18日

フリッツ・ライナー、「ルスランとリュドミラ」序曲

しばらく占拠されていたステレオ部屋も開放されて、三連休です。
早朝より先日捕獲した宗教曲など聴き、まったりした一日の始まりを味わい、
ずぅ〜と気になっていた事もあったので、ご近所病院にも行ってきました。

さて、このところ懐古趣味というか原点回帰。
クラシック音楽を聴き始めた頃の懐かしいレコードを再聴しています。

当時の1,000円盤ブームに乗り、1972年9月5日に一挙40枚が発売された
RCAグランプリ1000クラシカル」シリーズで最初に買った1枚ですね。

P3186450
P3186450 posted by (C)fronte360

チャイコフスキー/大序曲「1812年」
リスト/メフィストワルツ
ムソルグスキー/交響詩「はげ山の一夜」
チャイコフスキー/スラヴ行進曲
グリンカ/歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲
  フリッツ・ライナー指揮 シカゴ交響楽団

このレコードのタイトルは、”大序曲「1812年」”ですけれど、
個人的に「ルスランとリュドミラ」序曲、この演奏の凄さにハマってました。

「1812年」は、期待していた大砲の音が入ってないじゃないか・・・
そんな単純な理由でがっかりした記憶もあったりします。

これより先、ロックなどの音楽も積極的に聴き始めることになりますけれど、
クラシック音楽のドライヴ感もロック以上じゃないか、なんて思えてたのも、
このレコードとの出会いがあったからでしょう。

当時の貧弱なステレオ環境、今でもそんなに良い環境ではありませんが、
一糸乱れない引き締まった演奏に興奮しながらスピーカーの前でエア指揮・・・
お恥ずかしながら、今でも腕が動いてしまいますけどね。

そしていま聴き返しても、通俗名曲ながら底光りする演奏に興奮します。
何より演奏に冷たさを感じさせないところが凄いですね!!
スラヴ行進曲など珠玉の名演奏ではないでしょうか。

あと今回、久しぶりにレコードをターンテーブルに載せましたけど、
レコード盤がずっしりと重く感じられました。
別に重量盤ではないのですけど、オイルショック前のレコード盤ですしね。



posted by fronte360 at 20:07| Comment(3) | TrackBack(0) | 17-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
当時、自分が購入したのは、同じライナー指揮で
ブラームスの交響曲第3番とツァラトゥストラでした。
RCAグランプリシリーズの、このジャケット写真。
とても懐かしいですね。
今は、そのLP盤は手元にないので残念です。
Posted by よしお at 2017年03月20日 23:05
よしおさん、コメントありがとうございます。
当方の以下のサイトに懐かしい1000円盤の記載もありますので、よろしければご覧ください。
http://fronte360.html.xdomain.jp/bqcla/menu_data_list.htm

今では安くプレーヤも買えますし、
このテのレコードは中古店で安く売られてもいますので、レコード復活もなかなか楽しいものですよ。
ではでは

Posted by 安田裕隆 at 2017年03月21日 04:36
返信ありがとうございます。
実は安田様のそのサイトから、こちらのブログ記事に
辿り着いた次第です。
書き忘れましたので、失礼しました。
安田様のサイトは、いつも楽しく拝見しております。


Posted by よしお at 2017年03月21日 10:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック