最近の記事

2016年10月29日

Kind of Blue/MILES DAVIS

TVをあまり見ないけれど、CMをやっていたことを思い出させてくれたのは、
お邪魔させていただいているサイトの記事で、今日見つけて購入しました。

ディアゴスティーニ「隔週刊 ジャズ・LPレコード・コレクション」創刊号

PA295018
PA295018 posted by (C)fronte360

Kind of Blue/MILES DAVIS

Side A
 So What  9:22
 Freddie Freeloader  9:46
 Blue In Green  5:36

Side B
 All Blues  11:32
 Flamenco Sketches  9:25

参加アーティスト
  マイルス・デイヴィス/トランペット
  ジュリアン・“キャノンボール”・アダレイ/アルト・サックス
  ジョン・コルトレーン/テナー・サックス
  ポール・チェンバース/ベース
  ウィントン・ケリー/ピアノ
  ビル・エヴァンス/ピアノ
  ジミー・コブ/ドラム

ずっしりとくるレコード盤の重みに本格派を感じました。
スッキリとして抜けの良い音質、言われていたとおり現代風の音造りですね。

聴きやすいけれどちょっと疲れやすいかな、サブスピーカーに切り替えました。
全85巻を予定しているそうですが、これは9/27発売で隔週刊なのに・・・
次号以降は置いてなかったのは、人気なかったのでしょうか。
この創刊号はあと2つ売れ残ってましたけどね。

アナログ・レコードの復権が叫ばれていますが、市場規模は小さいですものね。
当方は時代に乗り遅れたままのアナログ人間でいまだレコードですけれど・・・
第6巻の「Ella and Louis/ELLA FITZGERALD & LOUIS ARMSTRONG」なんて
ちゃんと持ってますよ。
いっときLPレコードが投売りされていたときに捕獲したものですけどね。

クラシックはLPレコードで聴こうと、CDやデータ化してメモリ・プレーヤなど
あまりフォーマットは気になりませんけれど、ジャズは別みたいです。
くるくると回る円盤を横目で見ながら聴くのはまだ別世界ですよ。
クラシックでもウィンナ・ワルツもそんな感じですね。

とにかく新品のコードを捕獲しました。
まだの方はお早めに!! 990円で名盤レコードが買えますよ。


posted by fronte360 at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 16-CD/LP/DVD音源捕獲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック