最近の記事

2016年10月11日

高知での収穫物・ベートーヴェン・モーツァルト&ヒッチコック

高知に到着した7日早朝、路面電車の1日乗車券を購入したので、
一段落ついた午後より市街に出て中古レコードの探索をしてきました。
久しぶりの高須店は空振りでしたが、高知駅北側にあるお店で以下を捕獲。

PA084883
PA084883 posted by (C)fronte360

写真の左上より

■ART STATION INC. 世界名作映画全集 白い恐怖 アルフレッド・ヒッチコック監督作品 イングリッド・バーグマン、グレゴリー・ペック(WMP1052:216円)

学校を卒業して就職したての2年間、東京にいましたが(正確には横浜市緑区いまは青葉区の寮に住み、町田市のオフィスに通っていました)休日になると都内に出て名画座巡りをしていて、そのときこれも観ています。 懐かしいので捕獲。 幻想シーンの美術にはダリが起用されているのですね。

■日本コロムビア ベートーヴェン/交響曲第3番「英雄」、エグモント序曲 ヨーゼフ・クリップス指揮ロンドン交響楽団(MS-1202-EV:108円)

ダイヤモンド1000シリーズ・ベスト・カップリング20 シリーズ、クリップスのベートーヴェン交響曲全集はレコードで集めたいものです。 最初に買ったクラシックのレコードはクリップスによる運命交響曲でしたしね。

■日本ポリドール モーツァルト/ピアノ協奏曲第20番、第21番、第25番、第27番 フリードリッヒ・グルダ(p)、アバド指揮ウィーンフィル(30MG0165/6:108円)

2枚組で108円、奇才グルダのモーツァルトがこうして一挙に手に入るとはね。 次なるゲザ・アンダとの聴き比べも面白そうですよ。

■日本キング モーツァルト/ピアノ協奏曲第20番、第21番 ゲザ・アンダ(p)指揮ウィーン交響楽団(K17C9310:108円)

ゲザ・アンダのモーツァルトは、次なるモーツァルテウムとの弾き振りの演奏がお馴染みですが、ウィーン交響楽団との演奏もあったのですね。 録音年を見るとこちらが新しいようです。

■日本グラモフォン モーツァルト/ピアノ協奏曲第1番、第27番 ゲザ・アンダ(p),指揮ザルツブルグ・モーツァルテウム管弦楽団(MGW5120:108円)

グラモフォン・スペシャルの1,300円盤でお馴染みのゲザ・アンダの弾き振りによるモーツァルトの協奏曲。 散発的に持っているはずですが、この組み合わせはなかったかな、と。



posted by fronte360 at 05:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 16-CD/LP/DVD音源捕獲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック