2016年03月07日

京都散歩20160228_飛行神社(その2)

暖かな朝です、奈良の最低気温は現在のところ13.1度
先週は氷点下でしたけれど、体温調節が大変なブルーマンデーの始まりです。
では先週の続き・・・

この前の日曜、2月28日に演奏会のために京都の八幡市に行ったので、
演奏会のあと、飛行神社に行ってきました
日本で初めて動力つき模型飛行実験に成功した二宮忠八の自宅敷地内に
私財を投じて創設された神社です。

P2282901
P2282901 posted by (C)fronte360

中央に、饒速日命(ニギハヤヒノミコト)、神武東征に先立ってアマテラスより
十種の神宝を授かって天磐船(アメノイワフネ)に乗って河内国に降臨した、
この神話に由来して天磐船を飛行機と結びつけ、交野市の磐船神社より勧請。

右側には、航空殉難者の霊・航空業功績者の霊が合祀されています。
戦争で亡くなった人の霊を祀るのは靖国神社と同じ形式ですね。

そして左側には、薬祖神・金毘羅・白龍神が祀られており、これらは
二宮忠八が陸軍退役後に製薬会社に勤めていたことより薬祖神、
また讃岐の金刀比羅宮を信仰していたことと、境内に出現した白蛇を地主神とし
白龍神を祀っているそうです。

P2282899
P2282899 posted by (C)fronte360

拝殿の左右にはステンドグラスが嵌め込まれて綺麗でした。
下の写真は向かって右側ので、何でしょうね、玉虫かしら・・・

P2282900
P2282900 posted by (C)fronte360

お参りを済ませ、改めて神社の略記を拝読。

P2282903
P2282903 posted by (C)fronte360

航空安全と航空事業の発展を祈願した神社なのでした。
おしまい。
 
posted by fronte360 at 05:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 16-散歩(全般) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック