最近の記事

2015年12月23日

シュッツ/クリスマス・ヒストーリエ

年末ラストスパート前の貴重な安息日
連日の疲れより毎夜コタツでうたた寝を繰り返してますが、
今朝は明け方5時から7時まで、布団で寝直したので復活しました。

久しぶりにステレオの前に陣取って、宗教曲を楽しんでいます。
イエス・キリストの喜びと恵みにみてる生誕の物語(ヒストリア)

PC232246
PC232246 posted by (C)fronte360

シュッツ/クリスマス・ヒストーリエ SWV435
  ハンス=ヨアヒム・ロッチュ(T、福音史家)
  ヘルタ・フレッベ(S、み使い)
  ハンス・オーラフ・フーデマン(B、ヘロデ)
    ヴィルヘルム・エーマン指揮 ヴェストファーレン聖歌隊・器楽奏者

シュッツの宗教曲、マタイ受難曲など受難曲はいっさい器楽合奏のない合唱曲で
ちょっととっつき難いのですが、このクリスマスのヒストーリエは器楽が付き
合唱の部分も親しみやすい感じになっています。

ヒストーリエ(Historia)は、ギリシア語で出来事ないしそれにもとづく史実
物語という意味だそうです。
これに対してラテン語のオラトリオ(Oratorium)は物語りという意味とのこと。

80歳に近い高齢で作曲したとは思えないほど瑞々しく感じるのは
器楽合奏がついているからでしょうね。 ジャケットにはメンバーも記載、
トランペット×2、トロンボーン×2、リコーダー×2、
ドゥルツィアーン・ファゴット、ヴァイオリン×2、アルト・ガンバ×2、
バス・ガンバ、ヴィオローネ、ポジティーフ・オルガン、チェンバロ

終曲(第19曲)は感謝の歌となって力強く壮麗に歌われてなかなかに感動的です。

posted by fronte360 at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 15-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック