2015年08月21日

ブルーノ・ワルター、シューベルト/交響曲第5番(旧録音)

高知より戻ってからも左足の痺れ(坐骨神経痛?)が続いていることもあり
自宅でPCに向かって座るのも苦痛だったりしますが、ようやっとの休日前夜。

このところやっているレコード棚の発掘、こんなのを掘り起こしてきました。

P8211404
P8211404 posted by (C)fronte360

シューベルト/交響曲第5番変ロ長調     (1955/10/5,6,8 録音)
シューベルト/劇音楽「ロザムンデ」より   (1955/10/6,7,8 録音)
          序曲、舞踏音楽第2番、第3幕の間奏曲
J.シュトラウス/皇帝円舞曲 -*       (1942/4/18 録音)

  ブルーノ・ワルター指揮 コロムビア交響楽団、ニューヨーク・フィル(-*)

シューベルトの交響曲第5番は、1960年のステレオ録音がありますが、
こちらは1955年のモノラル録音。 とても遅い出だしに驚きますね。
耽美的なシューベルト、綿々と歌わせつつ、気品を持って進めるワルター流。

ワルターって、個人的にあまり思い入れの無かった指揮者なのですけれど、
こうやってちょっと弱った身体になってみると、沁みるものを感じるようです。

ところでカートリッジは、Pickering V-15 micro IV に換装しています。

高知で捕獲したフリッチャイのレコードを Audio-technica TT30E で聴くと
スカスカの音で、録音が古いから仕方ない、って思ってましたけど、
こちらに交換すると、ちょっと大づかみながら、中低音が前に出て聴きやすい。

アナログの醍醐味に触れ、古い録音もまた楽しんでいるわけです。


posted by fronte360 at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 15-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック