最近の記事

2015年08月02日

小椋佳 / 彷徨

今日も暑いなか1万1千歩ほど歩き、14時前に帰宅しました。
汗をかいた衣服やらシーツなどを洗濯しながら、昨日買った小鯵を油で揚げて、
16時前より武蔵男山を頂きながら昼食も兼ねた早々の夕食。

酔ってそのまま眠って朝まで寝るつもりでしたが、電話で起こされて・・・
目が冴えたのでウィスキーをチビチビやり、レコードをとっかえひっかえして、
気がつくと・・・ 日をまたいでしまいました。

こんな時はクラシックは聴かなくて、懐かしい曲のオンパレード。
小椋佳の3枚目のアルバム「彷徨」

P8011249
P8011249 posted by (C)fronte360

Side A
 しおさいの詩
 春の風はやさしいはずなのに
 雨が降り時が流れて
 木戸をあけて-家出する少年がその母親に捧げる歌-
 小さな街のプラタナス
 六月の雨
 この汽車は

Side B
 白い浜辺に
 あの人がいってしまう
 少しは私に愛を下さい
 あいつが死んだ
 屋根のない車
 この空の青さは
 さらば青春

1972年3月1日発売、後年中古で買ったアルバムですけれど「さらば青春」
この曲は中学生の頃、ラジオで聴いていっぺんで好きになった曲。
「少しは私に愛を下さい」も同じですね、多感な時代でした。

小椋佳がNHKのTVに出たのが1976年10月、リアルに見ていました。
高校を既に卒業して天王寺にある予備校に通っていた時代でもあり・・・
小椋佳にはちょっと違和感を感じた頃でもありましたが、
馬齢を重ねた今となっては青臭く瑞々しい青春時代。

僕は呼びかけはしない 遠く過ぎ去るものに
  :
みんな みんな うつろな輝きだ




 
posted by fronte360 at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 15-JPOP音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック