2015年07月25日

ヒューズ、ディーリアス/管弦楽曲集「A SONG of SUMMER」

高知より戻ってきても雨・雨・・・でしたが、
ここに来てようやく綺麗に晴れ上がり、早朝より盛んにセミが啼く蝉時雨な朝、
今日はとても暑くなりそうなので、初夏にふさわしい清涼な音楽で休日の幕開け。

P7251224
P7251224 posted by (C)fronte360

ディーリアス/管弦楽曲集「A SONG of SUMMER」

 Side A
   ブリッグの定期市
   夜明け前の歌
   楽園への道
 Side B
   夏の歌
   夏の庭園にて
   河の上の夏の夜

    オウェイン・アーウェル・ヒューズ指揮 フィルハーモニア管弦楽団

2000年頃、CDなどをバークシャ・アウトレットで個人輸入していた時期があり、
なかにはLPやLDもほんの少しだけあって、それで個人輸入したLPの1枚。
英国盤のデジタル録音のDMM、1.99ドルだったと記憶しています。

「A SONG of SUMMER」が示すように、この時期に聴くには最高の1枚。
ビーチャムやバルビローリも良いけれど、若手のヒューズの清新さが出ていて、
美しい音楽に心が洗われるようです。

オウェイン・アーウェル・ヒューズは、1942年ウェールズ生まれの英国人。
1988年4月録音なので、40歳を少し過ぎた頃の録音ですね。
自国の音楽ですから、ちょっと思い入れが強い面もあるかもしれません、
ブリッグの定期市などぐいぐいと盛り上げていたりもします。

とにかく夏にこだわった選曲が見事なうえに、常に美しさを前面に出して、
爽やかな夏を彩ってくれる演奏がお気に入り。


posted by fronte360 at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 15-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック