2015年02月01日

ジョン・ホーバン、モンテヴェルディ/教会音楽名曲集

今日から2月、1月は行ってしまいました、2月は逃げるのでしょうね。

日曜日は魂の安息日ながら、最近は落ち着いて音楽を聴く時間もないみたい・・
先日、手持ちレコードを眺めていて、ふっと思い立ってこれをかけたら、
なかなか良かったので、今朝こそはゆっくりと聴きなおしています。

モンテヴェルディ/教会音楽名曲集

P2019717
P2019717 posted by (C)fronte360

Side A
 主が家を建て給わずば
 おお善きイエズスよ
 おおめでたき道

Side B
 主に向いてうたえ
 われは眠りたれども
 聖母マリアよ
 主よ、われらを懲しめ給うなかれ
 来たれ、汝ら渇ける者よ
 キリストよ、われらは主をあがめ

  メイヴィス・ベアッティ(S)、ボーリン・スティーヴンス(MS)
  ヤン・パートリッジ(T)、ジョフリー・ショウ(Br)
   ジェーン・ライアン(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
   フランシス・ベインズ(cb)、ラルフ・ダウンズ(org)
   ロンドン・トロンボーン四重奏団
   ジョン・ホーバン合唱団
    指揮:ジョン・ホーバン

高知で捕獲した「レスポンソリウム(応唱)集」や「エレミヤの哀歌」で
指揮者ジョン・ホーバンがスクオラ・ディ・キエザ合唱団を指揮してますが、
これらの解説によるとジョン・ホーバンが結成した合唱団とのこと、
この盤でジョン・ホーバン合唱団とされているのも同じでしょう。

女声のヴィブラートが抑えられていてボーイソプラノみたく敬虔であって
各声部ともしっかりと纏まって劇的でもあって、いい演奏です。

A面1曲目、6声の「主が家を建て給わずば」より引き締まった見事な合唱、
トロンボーン四重奏、オルガンが控えめに鳴っていて惹き込まれます。
猫に小判・豚に真珠ですが、解説には譜例が5つもある渾身の内容です。
(Geoffrey B.Sharp 平尾行蔵 訳)

ちなみにこのレコード、大阪の DISC J.J. の 300円のシールが貼ってあり
いつ捕獲したのかな、2006年の手持ちリストには載ってますが・・・
あまり記憶になく、ほとんど再発見のようなレコード。

しっかりと手持ちのレコードも聴いてあげないと勿体ないですね。



posted by fronte360 at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 15-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック