2015年01月21日

年末年始の高知旅_30日の旭町・秋葉神社

今度はちょっと戻って12月30日、買物に出たときのショットより。

イオンのある旭町3丁目電停より北側路地に入って見つけた八頭神社、
もう少し北に歩いてゆくと、大きな木があって、その下にも祠がありました。

PC309357
PC309357 posted by (C)fronte360

秋葉神社、だそうです。 高知ではよく見かける神社の名前ですね。

PC309360
PC309360 posted by (C)fronte360

土佐鶴が1本奉納されているのが、土佐らしくてちょっと嬉しい。

PC309361
PC309361 posted by (C)fronte360

「秋葉神社のお祭のことについて」の説明板、これによると(以下、要約)・・・

毎年8月1日に秋葉祭を元町子供会で行っているので、調べた。
秋葉様は火事を防ぐ神様として日本国中、高知県内にもお祭されているけれど、
元町の秋葉様はいつだれがはじめたのかは分からなかった。
唯一この下の手水舎の石に「元治」(1864年)の年号が掘り込まれており、
またそばに立つ銀杏の木の樹齢もそれに匹敵すると考えれる。
この頃は今のような瓦屋根ではなくわらぶきの家だったので火事になると大変、
秋葉様を大切にお祭しはじめたと思う。
今でも町内の氏子さんが本殿や境内を掃除しておまいりしている。
みなさんの家の台所にも「秋葉神社火鎮守護」と書いたお札が貼られている。
昔の人々は秋葉様を通じて元町を守りこれからもいい町として残し伝えたい、
と考えたにちがいないと思う。  1990.8.1 元町PTA、子供会

PC309362
PC309362 posted by (C)fronte360

ここでも信仰がしっかりと根付いているようです。



posted by fronte360 at 05:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 15-高知散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック