最近の記事

2014年10月23日

萩原健一 / ドンファン(DONJUAN)

今日の午後は事務所移転でお世話になった会社のセミナーが梅田であり、
それを受講して、そのまま帰ってきました。

21日より就業時間が15分短くなったものの・・・こんところヤボ用多く、
その恩恵をこうむることはなかったけれど、今日はそれ以上に取り返しました。

実はこのところ身体が熱っぽくもあって、疲労が蓄積している感満載なので、
たまにはこんなこともないとアカン・・・そんな気分でもあります。

お米で作ったジュース(日本酒ですが)をチビチビやりながら、
ステレオ・メインシステムの前に陣取って、今宵はこれを楽しんでいます。
1980年7月発売、萩原健一 / ドンファン(DONJUAN)

IMGP0002
IMGP0002 posted by (C)fronte360

Side A
 テンダー・ナイト
 お元気ですか
 今夜きりさ
 流れるままに
 ルーシー

Side B
 ぐでんぐでん
 ローリング・オン・ザ・ロード
 砂時計
 ララバイ
 ムーン・シャイン

 萩原健一 (vo)  Donjuan R&R Band
   速水清司(井上堯之バンド) (g)
   石間秀機(フラワー・トラベリン・バンド) (g)
   篠原信彦(ハプニングス・フォー) (key)
   田中清 (dr)
   原田裕臣(ミッキーカーチスとサムライ) (ds)
   ケンタッキー林(b) ほか

「テンダーナイト」から重いベースラインが躍動していて
ツイン・ギター、ツイン・ドラムスの重厚なサウンドがカッコ良いアルバム。
もちろんショーケンの歌もブルース色が濃く、心に響きます。

帯広での学生時代「ドンファン LIVE」を弟が持っていて、ハマりました。
LIVEには、当時の奥さんだったいしだあゆみさんも出ていたはずです。
LIVEはカセットテープで何度も聴いてましたけれど、結局麻薬事件で発売中止、
レコードを買えなくなった、そんなことを思い出します。

いしだあゆみさんとはこの事件でたしか離婚されたました、
そんなことも懐かしい学生時代、別名・入院時代。
音楽の力で疲れていた気分も晴れてきました。


posted by fronte360 at 18:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 14-JPOP音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これはDonjuan R&R Bandを率いての最初のアルバムでしたね。
「テンダー・ナイト」が大好きでよく聴いてました。
ライブアルバムも持ってますよー。
Posted by てつ at 2014年10月25日 12:53
てつさん、コメント有難うございます。

ライブアルバムもお持ちとは・・・羨ましい。
とにかくカッコ良いアルバムですよね。
Donjuan R&R Band がほんといいんですよね〜

Posted by 安田裕隆 at 2014年10月26日 19:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック