最近の記事

2014年07月14日

待兼交響楽団 第27回定期演奏会

日時:2014年7月12日(土) 16:00開演(15:30開場)
場所:伊丹アイフォニックホール

曲目:ベートーヴェン/ヴァイオリン協奏曲 ニ長調
   チャイコフスキー/交響曲第5番 ホ短調
(アンコール)チャイコフスキー/バレエ「白鳥の湖」
               第13曲「白鳥たちの踊り」より第6曲ワルツ

指揮・独奏:ゲオルギ・バブアゼ

P7147537
P7147537 posted by (C)fronte360

ソリッドに響くエネルギッシュなベートーヴェンとチャイコフスキーに圧倒されました。

バブアゼさんの弾き振りによるベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲。
タイトな響きながら艶があって時に太く響くバブアゼさんのソロもさることながら、オケの響きが挑戦的。 時に叩きつけるような感じで力を増してパワフルな演奏でした。 第2楽章ではちょっと真面目になりすぎた感じも受けましたが、独特な個性を感じた演奏でした。

チャイコフスキーも同様な演奏でしたが、ソロから開放されたバブアゼさん、細かなニュアンスも付けながらも指揮台の上を素早く動き、機械仕掛けのようなキレの良い動きでオケをリード。 重量感とスピード感を併せもった熱い演奏としていました。

正直なところ、熱い熱い演奏が続いて少々(かなり)聴き疲れをしたのですけれど、とにかくピッチがよく揃った精度の高い弦楽アンサンブルに、バブアゼさんの薫陶が光っていました。 現にバブアゼさんの動きを見ていると、主に弦楽アンサンブルに細かなニュアンスをつけてつつ曲を推進しておられる様子。
しかし、終楽章では手綱もしっかりと取り、強奏としても決して響きを濁らせることのない安定した弦楽アンサンブルをベースに、熱い熱い管打楽器の音楽を載せてフィナーレまで見事に演奏しきって見事でした。

本当にお疲れさまでした。

posted by fronte360 at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 14-演奏会にて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック