最近の記事

2014年07月06日

エッシェンバッハ / ピアノ・レッスン、ソナタ・アルバムT−@

曇天で気温28℃の奈良、昼すぎより出かけますが、それまでのひととき
ステレオ・メインシステムにてレコード鑑賞。

今朝はサブシステムにてCDでモーツァルトのピアノソナタでしたが、
敬愛するアンネローゼ・シュミットさまのピアノは硬質なタッチで
それはそれでよいのですが、チャーミングさはイマイチでしょうか。

メンシステムでは、クリストフ・エッシェンバッハによるソナタ・アルバム

P7067532
P7067532 posted by (C)fronte360

ピアノ教則本ペータース社のソナタ・アルバム、
この教則本の順番にしたがってエッシェンバッハが録音したものですが、
これが堅苦しい教則本の模範演奏にとどまらず、実に悦楽の演奏なのです。

Side A
 ハイドン/ピアノ・ソナタ ハ長調 Hob.]Y:35
 ハイドン/ピアノ・ソナタ ト長調 Hob.]Y:27

Side B
 ハイドン/ピアノ・ソナタ ニ長調 Hob.]Y:37
 ハイドン/ピアノ・ソナタ 嬰ハ短調 Hob.]Y:36

Side C
 ハイドン/ピアノ・ソナタ ホ短調 Hob.]Y:34
 モーツァルト/ピアノ・ソナタ ハ長調 K.545

Side D
 モーツァルト/ピアノ・ソナタ ヘ長調 K.547a
 モーツァルト/ピアノ・ソナタ ヘ長調 K.332

ハイドンの曲など、どちらかというと平易な感じですけれど、
かえってこんな平易な曲ほど教則本に従って弾くと杓子定規になって
堅苦しくて難しいと思いますが、エッシェンバッハはチャーミングに弾き、
曲そのものを楽しませてくれます。


posted by fronte360 at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 14-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック