最近の記事

2014年06月12日

ハービー・ハンコック / テイキン・オフ

今朝の出勤時、奈良の自宅を出ると雨・・・新大阪に着くと晴れてました。
会社からの退勤前、新大阪はにわか雨(豪雨)・・・奈良に着くと晴れでした。
しかも今奈良は気温下がってきて20℃を切って、まだ下降中です。

さて今宵もまたメンテしたCDプレーヤ(Sony CDP-203)の動作確認を兼ね、
エコー・インダストリー社による合法海賊盤、デザインが違いますけど
JASRACシール付きであります。

P6127263
P6127263 posted by (C)fronte360

HERBIE HANCOCK / TAKIN' OFF

1. ウォーターメロン・マン(Watermelon Man)
2. スリー・バッグス・フル(Three Bags Full)
3. エンプティ・ポケッツ(Empty Pockets)
4. ザ・メイズ(The Maze)
5. ドリフティン(Driftin')
6. アローン・アンド・アイ(Alone And I)

  フレディ・ハバード(tp)
  デクスター・ゴードン(ts)
  ハービー・ハンコック(p)
  ブッチ・ウォーレン(b)
  ビリー・ヒギンズ(ds)

1962年5月28日録音。 ハービー・ハンコックの初リーダー作だそうですが、
大物デクスター・ゴードンが参加しています。
後年、映画「ラウンド・ミッドナイト」でもタッグを組んでいますけれど、
当時ハービーは20歳代前半の若者、しかも初リーダー作でしょ、
でもどうしてどうして、見事に互角に渡り合ってますね。

クラシックでデビューして、ジャズも前衛など多彩な才能を発揮してますが、
そのハービーの原点とも言えるアルバムでしょうか。

個人的にはデクスター・ゴードンが目立っている4曲目以降が好きですが、
ウォーターメロン・マンのファンキーさ、ハービーはやっぱ凄いなぁ、
そんな風に感じたアルバムです。

posted by fronte360 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 14-POPs(洋楽)全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック