2014年05月13日

巌本真理弦楽四重奏団、アイネ・クライネ・ナハトムジーク 室内楽名曲集

今日は用事があって会社を休んでいて、昼過ぎより外出します。

それまでステレオ・メインシステムで何をかけようか、と・・・
レコード棚を漁っていて、取り出したのがコレです。

P5136960
P5136960 posted by (C)fronte360

アイネ・クライネ・ナハトムジーク 室内楽名曲集
  モーツァルト/アイネ・クライネ・ナハトムジーク
  J.S.バッハ/G線上のアリア
  ハイドン/弦楽四重奏曲第17番
  チャイコフスキー/アンダンテ・カンタービレ
  ハイドン/弦楽四重奏曲「ひばり」第1楽章
  シューベルト/弦楽四重奏曲「死と乙女」第2楽章
  ベートーヴェン/弦楽四重奏曲「ラズモフスキー」第3番、第4楽章
    巌本真理弦楽四重奏団

テイチクの1,000円盤レコード「クラシック・ベスト・コレクション」の1枚、
ユニオンレコードのレーベルとして出て、CJP-3006の番号が振られてます。
この番号体系は国内録音のものを集めているようです。

この種のデータを多数集めた自分のサイトにも載っていないことより、
2004年以降に捕獲したレコードでしょう、よく覚えていませんが・・・

巌本真理弦楽四重奏団は1966年結成、
弦楽四重奏団として定期演奏会を催していた当時唯一の団体で、
録音年月日は不明ですが1970年以前であることは間違いないので、
初期の録音になるでしょう。

直接音が多くややデットな録音なせいもあって、律儀な演奏にも思えて、
少々堅苦しくも感じたり、ベートーヴェンでは少々線が細くも感じますが、
シューベルトの「死と乙女」、これはいいですね。 渾身の演奏でしょう。

もっとも名曲集ですから、気軽なホーム・ミュージックとして聴くのが正解、
なのでしょう。 そういった意味では選曲も含めて、良いのではないかな。



posted by fronte360 at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 14-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック