2014年04月29日

造幣局の通り抜け・笹部桜、枝垂桜

4月12日、午前中は休日出勤となって事務作業をこなしたあと、
思い立って造幣局の通り抜けに行ってきました。

白にピンク、色々なサクラがあって見飽きることがありませんね。

「笹部桜(ささべざくら)」
水上勉氏の小説「桜守」のモデルとなった笹部新太郎氏が、実生の中から選出育成した桜。直立高木で成長が速く、花は淡紅色で、花弁数は14枚程度の中輪である。

P4126671
P4126671 posted by (C)fronte360

P4126670
P4126670 posted by (C)fronte360

「旧正門」
ウォートルスが設計・監督して、明治4年(1871年)に建てられました。「菊花」と「大」の字を交互に配置した門柱で、正門に付随する八角形の建物は、衛兵の詰所として使用されました。昭和42年(1967年)に大阪市顕彰史跡に指定されました。

P4126672
P4126672 posted by (C)fronte360

この先の公園口から出て、天満橋まで川沿いの露店をひやかして帰る・・・
いつもそうしてましたが、今回は北門まで歩いてゆくことにしました。

「枝垂桜(しだれざくら)」
彼岸桜の突然変異品で、幹の高い所から枝が横にひろがりそれより細い枝が長く垂れ下がって誠に優美である。花は一重の淡桃色である。

P4126674
P4126674 posted by (C)fronte360

「長谷川為治」
山口県(長州)出身者で、明治3年(1870年)入局以来、大正2年(1913年)に造幣局長(明治26年から20年間在任)を最後に退官するまで、実に43年間の勤続年数を誇った生粋の”造幣マン”でした。
局長在任中は、明治30年(1897年)の「貨幣法の制定」、明治41年から45年(1908年から1912年)にかけての「動力電化・貨幣製造能力倍増の設備拡張工事」などに尽力されました。


P4126675
P4126675 posted by (C)fronte360

枝垂桜が降り注いでおります。


posted by fronte360 at 05:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 14-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック