最近の記事

2014年03月22日

SONY CDプレーヤー CDP-203 再開腹 → ちょっと失敗

SONY CDプレーヤー CDP-203 を久しぶりに開腹しました。
輸入CDの一部で、かからないCDがあり、トレーが吐き出されてしまうので、
レンズの清掃をしてみましょう。 手術台に乗せて、まずは記念写真。

P3226400
P3226400 posted by (C)fronte360

このプレーヤ、送料手数料込みでも 2,500円で捕獲した 1986年製。
けっこう気に入っていて、音楽的ないい感じで鳴っていると思ってます。
オーバーサンプリングされてノイズが除去される前の古い機種ですが、
こちらの方を好まれている方もいるようです。

P3226403
P3226403 posted by (C)fronte360

とにかく手際よく分解。
メカ部を外したあと、電源を入れてトレーを出し、ひっくり返した図。
中央の青いダイヤル状のものがレーザー光を調整する半固定抵抗でしょう。

P3226402
P3226402 posted by (C)fronte360

今回はコレはいじらず、レンズ清掃で様子見とします。
不用意にいじると壊れる可能性があるのと、古い機種なので、
出力を上げることはレーザー光の寿命を縮めることでもあるので・・・

P3226405
P3226405 posted by (C)fronte360

CDを抑えるアームの支点
手前側のをよく見ると、ノッチになっていて、こからアームを外しますと
レンズが見えます。 曇っているようには見えないのですけどね・・・

P3226407
P3226407 posted by (C)fronte360

安いカメラのクリーニングキットのレンズクリーナーを使ってみました。
ついでに撮影中のカメラのレンズも拭いておきました。

P3226406
P3226406 posted by (C)fronte360

このあと開腹したまま試運転をしてみましたが、ちょっと良くなったみたい。
かからなかったCDも一部かかるようになりましたけど、
でも頑固にかからないCDもまだあります。
ローディングしたあと、曲数とトータル時間はちゃんと表示されるので、
TOCは読めているように思うですけど・・・ レーザー光量不足かしら。

とにかく大半のCDは、かかっているのでこれはここまでとして、
次なる問題点、ヘッドフォン用ヴォリュームのガリ取り、
左側のガリが酷くてこれを改善しようとしたのが、なんと失敗しました。

P3226408
P3226408 posted by (C)fronte360

前回は、フロントグリルまでしか外せなかったので、
ボリュームの裏側より軽く接点復活剤をかけましたけど、効果なし。
今回は、フロントグリルより基盤を外してみました。

P3226410
P3226410 posted by (C)fronte360

ヴォリュームは2箇所、小さなネジで組み付けられているように見えるのですが、
あまりに小さいネジで手持ちの精密ドライバーで分解することは無理・・・
本来は分解掃除するのですが、左右の小さな隙間より接点復活剤を少し流し込み、
ボリュームを左右に何度も動かしておいたのですが・・・これが見事に失敗!!

これまで時計の針で9時頃の位置でうまく合わせると左も聞こえてましたけど、
12時までの位置では完全に左が聴こえなくなりました。 壊したようです。
13時以降ではちゃんと左右が聴こえますけどね、音が大きくで実用範囲外・・・

P3226411
P3226411 posted by (C)fronte360

最後に出力部分、左チャンネルの半田割れがきちんと治ってなかったので
再度半田しなおしておきました。
と書くと簡単そうですが、実は苦手なんですよね、半田付け・・・

老眼でパターンがよく見えてなくて、前回の半田付けはちょっと控えめでした。
今回は事前に写真で撮っておいた基盤のパターンを拡大して確認していたので
余裕あったはずなんですけどね、これも途中で左の音が完全に出なくなって・・・
かなり焦りましたけど、イモ半田と言われようとも、なんとか復活させました。


posted by fronte360 at 11:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 貧者のオーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
驚きました。別世界にいらっしゃるようです。CDプレーヤー
などのメカは故障が多く、読み取りエラーなどで音質も悪く、
赤点の50点です。PCでCDをリッピングしてFLACにすれば音質
も良く70点になります。1回リッピングすれば読み取る必要も
なく、リッピング時には時間をかけて正確にデジタルデータを
読み込むので、程度の悪いCDでも問題が少なくなります。いわ
ゆるPCオーディオです。私の場合は、すべてのCDをFLACにして
しまったので、CDプレーヤーは必要なくなりました。
私もLPを1000枚ほど、CDを200枚ほど所有しており、カートリッジ
はオルトフォン、エラック、シュアーを持っています。全て40年前
のもので、針もオリジナルのままです。プレーヤーやスピーカーも
40年前のもので、カセットデッキとアンプだけが少し新しいものに
なっています。PCオーディオ以外は話が合いそうですので、該当記事
に今後コメントしていきたいと思います。


Posted by st at 2015年07月13日 18:09
stさん、コメント有難うございます。

当方デジタルオーディオには不案内で、iRiverのFLACも聴けるポータブルプレーヤを愛用していますが、いつもWMA形式ファイルで通勤時などの聴いています。

自宅ではほぼアナログでして・・・
CDプレーヤーもほとんど稼動せず、というかこの中古の CDP-203 が始めて買ったCDプレーヤなんですね。 これまではレーザーディスクプレーヤ pioneer CLD-770 でCDも聴いていました。

ということで、完全に別世界におりますね〜
LPは数えたことありませんが2000枚にはなっているはずで、CDも3000枚はあると思いますが、聴く人間は一人なので・・・できるだけナマの演奏会にも行くようにしていましたが、最近はそれも疲れてしまって、ヘロヘロ状態ですね。

とにかく老い先短いので、ぼちぼちやってゆこうと思っております。 今後ともよろしくお願いします。



Posted by 安田裕隆 at 2015年07月14日 21:56
CD3000枚とは驚きました。試に下記フリーソフトでリッピング
してみたらどうでしょうか。3000枚のCDがケタ違いのよい音に
なるはずです。それでもLPの100点には及ばない、70点ですが。
FLACにした後は、お持ちのiRiverのプレーヤーに転送し、これを
アンプに接続してみて下さい。プレーヤーによりますが、オーディオ
回路が優秀なら、素晴らしい音がでるはずです。また、LPはZOOMのH1
等のFLACに録音でき、7000円程度で買えるハイレゾ録音機があります。
実際に聞くよりは落ちますが90点というところでしょうか。FLACにす
ると非常に便利になり、私はLPをこのようにしてFLACで聞いています。

フリーのリッピングソフトMediaMonkey

http://donkichirou.web.fc2.com/MediaMonkey/MediaMonkey.html
Posted by st at 2015年07月15日 07:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック